顎と関節痛

口を開閉する時に関節痛がある、動かすと顎が鳴る、痛みで口を大きく開けられないなどの症状が見られる場合、顎関節症が疑われます。
音がする程度で痛みがない時には、自然に治ってしまう場合もあります。

しかし、重症化すると口を開けることが困難になるだけでなく、頭痛や肩・首の痛みを伴い、手術が必要になるケースも見られます。
こちらでは、顎関節症の特徴的な症状や原因、治療法、セルフケアや予防の仕方についてお話したいと思います。

顎関節痛とは?どんな病気なの?

顎関節症とは、なんらかの理由によって、顎の関節痛や機能低下・障害が生じる慢性疾患です。
患者は10代後半から30代までの若い女性に多くなっています。

「朝起きたら突然口が開かなくなってしまった!」あるいは、「食べ物を噛む時に顎に痛みがあって辛い」などの症状は、歯の噛み合わせだけでなく、顎に負担を掛ける生活習慣など様々な原因で起こると言われています。

軽傷の場合を含めると、二人に一人が生涯に一度は経験すると言われている顎関節痛。
一体どのような病気なのでしょうか?

女性に多い?顎関節痛(障害)の症状とは

女性に多い顎関節痛(障害)の症状

顎関節症の主な症状には、次のようなものがあります。

顎の関節痛

口の開閉や食べ物を噛むなど、顎を動かす時に痛みがあります。
顎の周囲の筋肉痛を伴う場合もあります。

開口障害

顎関節の痛みなどによって、口を大きく開けることが困難になります。
突然口が開かなくなる場合もあれば、徐々に症状が進行していくケースもあります。

関節雑音

口を開ける動作に伴って、「かくん」あるいは「じゃりっ」というような音がする場合、顎関節症の症状の可能性があります。

噛み合わせの違和感

顎関節や周辺の筋肉の異常は、顎の動きにも影響を与えます。
これによって、噛み合わせに違和感を感じることがあります。

口を閉じることができない

ごく稀なケースですが、顎関節の構造上の異常によって、口を完全に閉じることが出来なくなることがあります。

この他にも、首・肩・背中・腰痛などの関節痛や、頭痛、耳周辺の痛みや違和感、めまいや味覚障害など様々な症状が起こる場合があるとされています。

こんな症状は要注意!顎関節痛チェックリスト

顎関節痛チェックリスト

顎に痛みや違和感があり、もしかして顎関節痛?と不安に思われている方は、以下のチェックリストを参考になさって下さい。
ご自身で行える簡単な顎関節症のセルチェックです。

1.大きく口を開けることができますか?

目安は、縦にした指三本(人差し指から薬指まで)と言われています。
無理なく口に入る場合は問題ありませんが、それ以下しか開かない方は要注意です。

2.口の開閉時に痛みがありますか?

口を大きく開け閉めした時に顎が痛みませんか?
痛みの強弱や、頻度(いつもでなくても時々痛むなど)に関わらず、痛みがある場合は顎関節症が疑われます。

3.口を縦に真っ直ぐ開けることができますか?

鏡の前で口を大きく開閉してみましょう。
その時、口や顎は真っ直ぐに開閉していますか?
左右にずれていたり、時々曲がるという方は顎関節の動きが悪くなっていたり、歪みが生じている可能性があります。

4.かたい物を食べる時に顎に痛みがありますか?

スルメなどの乾物や煎餅といった、かたい物をしっかり噛むことができますか?
また、その際に顎やその周辺に痛みがありませんか?

上記の項目にて思い当たる症状のある方は、顎関節症やその予備軍かもしれません。

顎の痛みを伴うその他の疾患

とはいえ、顎に痛みが現れる病気は、顎関節症だけではありません。
時に深刻な病気の場合もありますので、注意が必要でしょう。

顎付近に痛みが生じるよく似た疾患には、次のようなものがあります。

  • 三叉神経痛などの発作神経痛(顔面に痛みが出る)
  • 歯とその周辺、舌など口腔内の疾患やトラブル
  • 耳や鼻、喉、唾液腺など顎付近の病気
  • 頭痛(片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛などの慢性頭痛や、脳腫瘍・脳内出血などの症候性頭痛)
  • その他(シェーグレン症候群、関節リウマチ、心因性疼痛など)

ストレス?顎関節痛の原因とは

顎関節痛の原因はストレスか

顎関節痛は、次のような要因が重なることで発症するのではないかと言われています。

ブラキシズム

歯ぎしりや食いしばりなど、無意識に歯をこすり合わせたり、噛みしめることをブラキシズムと言います。
こうした動作によって、周囲の筋肉が緊張し顎関節に大きな負担が掛かります。

ストレス

対人関係・精神的なストレスは、筋肉の緊張を招きます。
これにより、食いしばりや歯ぎしり(ブラキシズム)を起こしやすくなるため、発症リスクが高まります。

編咀嚼(噛み癖)

食事の際に右のみ、あるいは左のみというように、片寄った噛み方をすることは、噛む側の顎の負担が大きくなるため望ましくありません。

顎関節の負担が大きい生活習慣や癖

頬杖をついたり、うつぶせ寝、高すぎる・硬すぎる枕の使用などは、顎関節に負荷を掛けやすい生活習慣です。
また、猫背や顎を下につきだす姿勢は顎周辺の負担が大きくなります。

噛み合わせの異常

歯並びの悪さや噛み合わせに異常によって、片側の顎にのみ負担が生じたり、顎の歪みが起こるため、顎関節症を発症しやすくなります。

その他

顎の怪我(強打や骨折・脱臼など)、周辺の筋肉の委縮や炎症、関連する神経の腫瘍や感染症など。

歯科治療が有効?顎の痛みの病院は何科?

顎の痛みの病院は何科

顎の関節痛や違和感がある場合、歯科や口腔外科を受診しましょう。

病院ではまず、問診や視診、触診などが行われます。
歯ぎしり・噛みしめ、顎の歪みの有無、顎の動きのチェックや圧痛・雑音の有無などを調べます。

また、必要に応じて次のような検査が行われ、その結果を踏まえて確定診断に至ります。

・開口量の測定

どのくらい口を大きく開けられるかの検査です。
一般的に、最大開口量(上の歯と下の歯の距離)が4㎝を切ると顎関節に障害があるとされています。

・画像診断

レントゲンなどの画像診断によって顎関節の変形等を調べます。
また、必要に応じてMRIや関節腔造影検査が行われます。 

・その他

医師の判断で筋電図検査、関節鏡視検査、顎運動検査、咬合力の検査、心理状態や性格に関する検査などが実施されることがあります。

では、顎関節症と診断された場合、病院ではどのような歯科治療が行われるのでしょうか?

先述の通り、顎関節痛は複数の要因によって発症することが多い上、ある意味生活習慣病のような側面を持ちます。
よって、顎の負担を軽減しながら痛みを緩和する、保存的な治療が中心となります。

次のような治療法を組み合わせて、症状の改善を目指します。

スプリント療法

顎関節痛に対する標準的な治療は、スプリントと呼ばれるプラスチックのマウスピース状の装具を用いた治療法です。
顎や筋肉の負担を軽減する目的で、スプリントを上または下の歯列に使用します。

これによって、歯ぎしりや食いしばりによる弊害を緩和する効果が期待できます。
夜間眠っている間のみの使用が一般的ですが、強い食いしばりなどがある方は、日中も装着する場合があります。

薬物療法

顎関節の強い痛みなどがある時には、症状に応じて投薬治療が行われます。
痛みや炎症の緩和には消炎鎮痛剤、口が開かなくなってしまった場合は、筋肉弛緩剤が処方され緊張を緩めます。
また、睡眠時の歯ぎしりなどの軽減のために睡眠導入剤、ストレスを緩和する目的で、抗不安剤や抗うつ剤が投与されることもあります。

物理療法

患部を温めて血行を促進することで痛みを和らげます。
温湿布や、電気マッサージ(マイオモニター療法)によって、筋肉の緊張を緩和したり、顎周辺の組織の回復を早める効果が期待できます。

運動療法

口の開閉や顎を動かす訓練を行います。
音が鳴る、口が開けにくくなる場合など症状によって適した運動があるため、専門家の指導の下に正しく行うことが大切です。

パンピング・マニピュレーション

耳の前にある顎関節の関節腔(骨と骨の間の隙間)に、注射針で生理食塩水や局所麻酔剤を繰り返し注入・吸引する治療法です。
こうした処置によって、炎症の原因物質を洗い流す事が出来るため、顎関節の炎症を鎮めるのに有効な方法です。
また、関節円板のずれが原因の顎関節症の場合、この治療によって関節腔を広げることで症状の改善効果が期待できます。

関節腔内洗浄療法

顎関節に強い炎症があり、パンピングで思ったような効果が見られなかった場合に実施される方法です。
点滴を用いて、関節腔に生理食塩水を注入し、関節内部を洗浄します。
これにより、顎関節内の炎症性物質や関節の癒着を取り除くことが出来ます。

関節鏡視下手術

稀なケースですが、スプリントをはじめとした治療で効果が見られなかった場合には、手術適用適応となります。
関節鏡を使い、顎の関節内を直接観察した後、癒着をはがしたり、洗浄を行います。
傷口は小さいものの、多くの場合は全身麻酔下での手術となり、入院と1~2ヶ月間のリハビリが必要なことから、普段通りの生活に戻るのに約3ヶ月を要します。

マッサージで改善?顎関節痛のセルフケア

顎関節痛のセルフケア

顎関節痛は、顎の負担や生活習慣が原因のため、治療と併せてそうした悪習慣の改善やセルフケアが重要です。
歯ぎしりや編咀嚼などを改めない限り、根本的な解決にはなりませんし再発のリスクも高まります。

まず、顎関節に痛みがある場合の対処法についてお話します。

強い痛みがある時は処方薬や市販の鎮痛剤を服用し、患部を冷やします。
一方、慢性期には温めて血行促進すると痛みが和らぎます。
よく噛まなくてはならない食品をなるべく避けるなど、食事の工夫もしましょう。

顎関節症のセルフケア・予防については、次のような方法があります。

マッサージ

優しく揉んで患部の血行を促進すると痛みが緩和します。

食いしばりの防止

物を噛む時以外は上下の歯を接触させず、顔の力を抜きます。

睡眠時の工夫

うつぶせ寝や高い枕は顎の負担が大きいので避けましょう。

運動とストレス解消

痛みが治まったら顎の運動やストレッチをすると効果的です。
また、ウォーキングなどの運動は血行促進とストレス解消に良い方法と言えます。
筋肉の緊張を招く、ストレスをためないようにすることも大切です。

生活習慣の改善

頬杖や、編咀嚼、歯を食いしばるような激しい運動は避けましょう。

顎関節痛のまとめ

顎関節痛のまとめ

顎の関節痛は様々な要因が重なることで発症します。

日常の何気ない癖や生活習慣もその原因となる上、現代人は柔らかい食べ物を好むため、顎の筋力が不足しがちです。
また、パソコンの長時間使用や携帯電話なども顎に負担を掛けやすいため、顎関節症にお悩みの方は増加傾向にあります。

痛みだけでなく、症状が進行すると顎の変形が生じたり、手術が必要になるケースもある顎関節症。
顎の違和感や開閉時の痛み、音がするなど気になる症状がある方は、早めに歯科医の診察を受けましょう。

また、日頃から顎に負担を掛けないような生活習慣を心掛けることで、顎関節症の予防効果が期待できます。


【関節痛・神経痛のサプリ・医薬品オススメ3選】

当サイトでオススメしている関節痛・神経痛の医薬品・サプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. リョウシンJV錠

    リョウシンJV錠のランキングリョウシンJV錠

    第3類医薬品という事で、関節痛・神経痛に効く事が認められています。他の医薬品と異なるのは、6つの有効成分が配合されており、身体の内側から効く事です。1日1回の服用なので面倒な事もないのが特徴となっています。価格が初回1,900円というのも選ばれる理由です。

  2. グルコンEX錠プラス

    グルコンEX錠プラスのランキンググルコンEX錠プラス

    医薬品という事で、サプリメントとは異なり、関節痛・神経痛の効果がある事が実証されています。改善・治療だけではなく、痛みの緩和の効果もあります。また、薬剤師が常駐しており、専門家の立場からサポートをしてもらえるのも、安心して飲む事が出来る要因と言えます。

  3. 北国の恵み

    北国の恵みのランキング北国の恵み

    関節痛の原因と言われている軟骨ですが、軟骨のクッションの役割がある「プロテオグリカン」が配合されています。サプリメントなので、効果は実証されていませんが、しっかりと栄養補給をする事が出来ます。GMP工場で作られており、品質も問題ありません。480円からのお試し価格も魅力です。

  4. マイケア イタドリ

    イタドリのランキングイタドリ

    即効性のある天然の鎮痛成分で痛みの緩和をします。関節痛の良いとされている成分「グルコサミン」「コンドロイチン」「Ⅱ型コラーゲン」が含まれています。サプリという事で効果は実証されていませんが、栄養補給には抜群です。全額返金保証付きなので、安心して利用する事が出来ます。