朝の関節痛

朝起きた時に、何だか身体がこわばるような感じがしたり関節痛がある、そんな経験をされた方も多いのではないでしょうか?

関節痛の原因は様々ですが、痛めた覚えもないのに起床時に指が痛んだりこわばる場合は、関節リウマチの疑いがあり注意が必要です。
リウマチは、悪化すると関節の変形や深刻な合併症を起こす可能性のある疾患で、早期に治療を開始する事が望ましいと言えます。

こちらでは、関節リウマチの特徴的な症状や治療方法、朝に関節痛を伴うその他の疾患、リウマチとの見分け方についてお話したいと思います。

朝、指の関節が痛いのはリウマチ?他の病気?

朝起きた時の指のこわばりや関節痛は、関節リウマチの初期症状として広く知られています。
しかしながら、そうした症状は日中は治まることが多く、そのまま見過ごされてしまうことも少なくありません。

進行すると関節の破壊や、全身症状の懸念もある関節リウマチですが、早期発見と適切な治療により、悪化を防止することが可能です。
そこで、関節リウマチの発症を疑うサインや治療法、また、リウマチとよく似た病気について解説していきたいと思います。

朝に足首や全身の関節痛も?関節リウマチの症状

朝に足首や全身の関節痛

関節リウマチは自己免疫疾患の一つで、関節痛の他、指の変形、微熱や倦怠感、食欲不振や体重の減少などが見られます。

発症原因については、はっきりと解明されていません。
しかし、患者さんの大半が中高年の女性である事から、女性ホルモンが関与していると考えられています。

関節リウマチ特有の初期症状は、起床時の指のこわばりと痛みです。

朝、物が掴みにくいなどの症状が現れ、個人差はありますが一時間程度続きます。
病状の進行に伴って、関節の腫れや熱っぽさ、安静時にも痛みが治まらなくなる、患部を押すと痛むなどの症状が起こってきます。

関節が真っ赤に腫れあがり、やがて変形してしまう事もある関節リウマチ。
多くの場合指に現れますが、足首や肘などにも腫れや痛みが起きる事があります。

こうした症状は、身体の左右対称に現れやすくなっています。
また、一か所だけでなく、複数の関節に同時に痛みが出るのもリウマチの特徴で、他の病気と見分ける手掛かりとなるでしょう。

関節痛により、日常生活に支障をきたす事はもちろん、一度変形した関節は元に戻りません。
合併症など全身症状の恐れもあり、早期に適切な治療を受けることが大切な病気です。

関節リウマチの治療法

関節リウマチは、何らかの原因で免疫機能に異常が起きる事で発症します。

免役に異常が生じて、その作用が過剰になると、関節組織を異物と判断して攻撃してしまうのです。
これにより、関節が炎症し、関節痛や腫れなどが起こるのが関節リウマチです。

よって、関節リウマチの治療は、免疫機能を調整する抗リウマチ薬や炎症を抑える薬を服用する薬物治療が中心となります。
投薬により症状の進行を食い止める事で、関節の変形など重症化を防止します。

また、関節の可動域が狭くなるのを防ぎ、関節の機能維持する目的で、理学療法士の指導の下、リハビリや患部を温めるなどの物理療法が行われます。
こうした治療で症状が改善せず、日常生活に支障をきたす場合には、人工関節置換手術など外科的な治療が選択されます。

朝の関節の痛み、考えられるその他の病気

朝の関節の痛み、考えられるその他の病気

とはいえ、朝の関節痛や違和感は、関節リウマチ以外の病気でも見られる症状です。
そうした病気の特徴や治療法、リウマチとの違いについてお話します。

産後に朝、関節痛が起きるのは腱鞘炎?

産後の女性で、朝起きた時に関節痛の症状があるという方は、腱鞘炎の可能性があります。

特に手や肘の痛みを訴える方が多く、子育てや日常生活に支障をきたすケースも見られます。
指や手首を動かそうとすると痛みがあったり、だるさなどの違和感、手首や指の付け根の腫れが、朝に強く現れるという特徴があります。

腱が伸び縮みすることで、私達は関節をスムーズに動かす事が出来るのですが、腱や周りの腱鞘に炎症が起き、痛みや違和感を生じるのが腱鞘炎です。
主な原因は、関節の使い過ぎによる負担なため、手指を酷使する職業や赤ちゃんを抱っこする機会の多い子育て中のママの発症が多くなります。

出産後の女性に腱鞘炎が多い理由は、女性ホルモンが関与しているためと考えられています。
女性ホルモン(エストロゲン)は、骨や筋肉など関節の周辺組織にも影響を与えます。
よって、急激に女性ホルモンが減少する産後は、腱鞘や腱がダメージを受けやすくなる上、子育てによる関節への負担が重なり腱鞘炎を発症しやすくなるのです。

朝起きた時の痛みはばね指?

腱鞘炎の一種であるばね指も、朝・起床時に関節痛が強く現れる傾向が見られます。

代表的な症状は、指の曲げ伸ばしの際の痛み、こわばりや動作時のだるさ、指の付け根の腫れと押した時の痛み、関節がカクカクと引っかかるような感じなどです。
こうした痛みや違和感が、朝や寝起きに強く現れ、指を使ううちに次第に和らいでいくという特徴があります。

中年以降の女性に患者が多く、家事などで手を酷使する主婦が発症しやすい疾患と言えるでしょう。
また、女性ホルモンの影響を受ける事から、ホルモンバランスの乱れやすい妊娠中や産後、更年期の患者さんも多くなります。

主な原因は関節の使い過ぎのため、腱鞘炎の治療は、まず患部を休ませる事を第一に考えます。
なるべく安静にして、テーピングなどを用いて関節の負担を軽減しましょう。
湿布、鎮痛剤の服用、症状が重い場合はステロイド注射などを行い痛みを軽減させます。

なお、朝の指のこわばりや痛みなど、リウマチとよく似た症状が見られるため注意が必要です。
朝のこわばり感が長時間治まらない時は、関節リウマチの可能性も考えられますから、医療機関で診察を受けるようにしましょう。

変形性関節症で朝に関節痛?

変形性関節症は、加齢などによる軟骨の摩耗や筋力の低下が原因で、関節に炎症や痛みが生じる疾患です。
患者さんの大半は女性で、中でも50代以上の方のリスクが高くなります。
多くの場合は膝に発症し、時に関節の変形を伴うことがあります。

特徴的な初期症状は、朝起きた時の膝の痛み、歩き出しの際の違和感や膝関節痛です。
最初は、しばらくすると痛みなどが治まってしまうため、治療開始が遅れがちな病気と言えるでしょう。

しかしながら、変形性膝関節症は放置すると徐々に症状が進み、膝の曲げ伸ばしが不自由になったり、階段の上り下りが難しくなる恐れもあります。
日常生活に支障をきたさないようにするためにも、早いうちから適切な治療を受ける事が大切になります。

老化が主な原因である事から、発症を完全に防ぐ事は出来ません。
しかし、装具やリハビリにより関節の負担を軽減する事で、症状の進行を穏やかにする事が可能です。
また、必要に応じて消炎鎮痛剤などを服用し、痛みの緩和を目指します。

朝の関節痛のまとめ

朝の関節痛のまとめ

朝の関節痛を伴う病気はいくつかありますが、代表的な疾患は関節リウマチです。
リウマチが進行すると、関節が変形し日常生活に影響を与えたり、全身の合併症の引き起こす事もあります。

起床時に指のこわばり感や関節の痛みがあってなかなか治らない場合は、一度専門医の診断を受けると良いでしょう。
早期に適切な治療を行うことで、悪化を食い止める事が出来ます。
まずリウマチ特有の初期症状を見逃さない、そしてそのサインを放置しない事が大切になります。


【関節痛・神経痛のサプリ・医薬品オススメ3選】

当サイトでオススメしている関節痛・神経痛の医薬品・サプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. リョウシンJV錠

    リョウシンJV錠のランキングリョウシンJV錠

    第3類医薬品という事で、関節痛・神経痛に効く事が認められています。他の医薬品と異なるのは、6つの有効成分が配合されており、身体の内側から効く事です。1日1回の服用なので面倒な事もないのが特徴となっています。価格が初回1,900円というのも選ばれる理由です。

  2. グルコンEX錠プラス

    グルコンEX錠プラスのランキンググルコンEX錠プラス

    医薬品という事で、サプリメントとは異なり、関節痛・神経痛の効果がある事が実証されています。改善・治療だけではなく、痛みの緩和の効果もあります。また、薬剤師が常駐しており、専門家の立場からサポートをしてもらえるのも、安心して飲む事が出来る要因と言えます。

  3. 北国の恵み

    北国の恵みのランキング北国の恵み

    関節痛の原因と言われている軟骨ですが、軟骨のクッションの役割がある「プロテオグリカン」が配合されています。サプリメントなので、効果は実証されていませんが、しっかりと栄養補給をする事が出来ます。GMP工場で作られており、品質も問題ありません。480円からのお試し価格も魅力です。

  4. マイケア イタドリ

    イタドリのランキングイタドリ

    即効性のある天然の鎮痛成分で痛みの緩和をします。関節痛の良いとされている成分「グルコサミン」「コンドロイチン」「Ⅱ型コラーゲン」が含まれています。サプリという事で効果は実証されていませんが、栄養補給には抜群です。全額返金保証付きなので、安心して利用する事が出来ます。