微熱と関節痛

微熱と関節痛や筋肉痛、身体のだるさなどの症状があると、風邪かな?と思われる方が多いのではないでしょうか。
体温は、年齢・活動量などの個人差や、朝は低く夕方に高くなる傾向(日内変動)がありますが、一般的に36.5℃〜37.1℃が平熱とされています。
微熱とは、平熱を少し超えた37〜38℃の発熱のことです。

多くの場合、微熱は風邪などの感染症に伴う症状ですが、微熱や関節痛がなかなか良くならない時は、別の疾患が疑われます。
微熱と関節痛が続く原因は様々であり、思いがけない病気が隠れている可能性もあるのです。

当ページでは、微熱と関節痛の関係や、そうした症状がある場合に考えられる疾患、治し方・対処法についてお話したいともいます。

微熱と関節痛の関係

私達の身体は平熱(37℃前後)の時に、最も細胞の新陳代謝が活発となり、免疫力が高まるとされています。
健康的かつ活動的で、病気をしにくい理想的な状態と言えるでしょう。

一方、体温が低下すると新陳代謝が衰え、感染症やガン、アレルギーなどを発症しやすくなります。
ウイルスなどは高温に弱い性質を持つため、体内にウイルスが侵入すると、脳は「体温を上昇させて病原菌をやっつけろ!」という指令を出します。

これにより、分泌されるサイトカインという物質が、ウイルスから身体を守る働きをします。
しかし、過剰になると、内臓などに悪影響を与えてしまいます。
そこで、バランスを保つために分泌されるのがプロスタグランジンという物質です。

ところが、プロスタグランジンには、発熱や関節痛を誘因するという副作用があります。
そのため、病原菌などを撃退する過程で、微熱などの体温上昇、節々の痛み、全身の倦怠感など様々な不快症状が見られるのです。

微熱と関節痛、どんな病気が考えられる?

微熱と関節痛の病気

微熱や関節痛の原因となる疾患には様々なものがあります。
風邪だけでなく、膀胱炎や尿路結石、貧血などの内科的な病気の他、精神疾患の症状の一つとして微熱が続くことも考えられます。

微熱と関節痛を伴う病気を大まかに分類すると次のようになります。

【感染症や炎症性疾患】

風邪、インフルエンザ、胃腸炎、リウマチ・膠原病、ホルモンの異常、アレルギーなど

【更年期・女性ホルモンの乱れ】

妊娠や生理、PMS、更年期障害など

【心因性・自律神経の乱れ】

精神的な疾患、慢性的なストレスなど
続いて、病名・症状別に詳しく解説していきたいと思います。

喉の痛みや寒気と微熱は風邪の症状?

風邪はウイルス感染が原因で、上気道(鼻や喉)に急性の炎症が起こる疾患です。
鼻や喉の粘膜からウイルスが侵入するため、咽頭痛や咳、鼻水などの症状が現れ、次第に微熱や寒気、倦怠感などを感じるようになります。

症状が悪化すると次第に熱が上りますが、これは体内に侵入したウイルスを撃退するための免疫の防御反応によるものです。
こうした作用に伴って、微熱・発熱と併せて関節痛が生じます。

なお、急に39℃異常の高熱や激しい節々の痛みが現れた場合は、インフルエンザの可能がありますので注意が必要でしょう。

微熱で身体がだるい、腹痛・下痢と関節痛は夏風邪かも

微熱、身体のだるさや関節痛の他に、下痢や腹痛を伴う場合は、夏風邪の疑いがあります。

夏風邪の主な原因とされているエンテロウイルスやアデノウイルスウイルスは、蒸し暑い環境を好む性質を持つため夏場に繁殖しやすくなります。
エアコンによる空気の乾燥で粘膜が弱まったり、夏バテで免疫力が低下しがちな夏場は、こうしたウイルスに感染するリスクが高まると言えるでしょう。

夏風邪の場合、普通の風邪の症状以外にも、腹痛・下痢などお腹の症状が現れるのが特徴です。
特にエンテロウイルスは、腸で繁殖する性質を持つため、腹痛や腸炎を起こすことが多くなります。

頭痛と微熱・関節痛が続くのはインフルエンザが原因?

インフルエンザはウイルス感染によって、頭痛や関節痛、筋肉痛などの症状が見られ、急に38℃以上の発熱を起こすという特徴があります。

いわゆる普通の風邪のような、喉の痛みや鼻水等は見られないことが多く、悪寒や節々の痛みなど全身症状に伴って突然、高熱が出ます。
気管支炎や肺炎、急性脳症を起こすなど、重症化するケースもあります。
そのため、速やかに病院で、抗インフルエンザ薬の処方などの治療を受けるべき疾患と言えるでしょう。

しかしながら、インフルエンザであっても、高熱を伴わない場合もあるので注意が必要です。
インフルエンザB型は、発熱しても微熱ですむことがあります。
ただし、寒気や全身の関節痛、頭痛など、その他の症状は風邪の時よりも強く現れます。

インフルエンザは患者本人が辛いだけでなく、空気感染力が大変強い病気です。
重症化させない、周囲にうつさないためにも、微熱や関節痛などの症状が治まらない場合は、念のため医療機関で検査を受けることをオススメします。

倦怠感や微熱と関節痛はリウマチ?

免疫疾患の一つである関節リウマチは、免疫の異常によって関節痛や炎症、腫れ、変形などを起こす病気です。

特徴的な初期症状として挙げられるのが、手指の朝のこわばり感と左右対称に起こる関節痛となっています。
また、関節痛や腫れ以外にも、微熱・食欲不振・眼や口の粘膜の乾きなどの症状が見られます。

中高年以上の女性に多く発症する病気で、進行すると節々の激痛や、関節の破壊による変形を起こすなどします。
悪化した場合は、人工関節手術が必要になるなど、日常生活に大きな支障をきたす疾患なため、早期発見・治療開始が望ましい病気と言えます。

微熱があり、風邪のような症状と併せて関節痛が見られる場合は、リウマチの初期症状の可能性があります。
そうした症状が続く時には、速やかに病院を受診するようにしましょう。

リウマチ性多発筋痛症でだるさや微熱、関節痛?

微熱や関節の痛み、全身の倦怠感が見られる病気に、リウマチ性多発筋痛症があります。
リウマチ性多発筋痛症は、高齢者(50代以上)に多く見られる原因不明の慢性炎症性疾患です。

体幹に近い部分の筋肉痛やこわばり、肩や腰などの関節痛(夜間に悪化しやすい)が主な症状となっています。
こうした症状の他にも、微熱や身体のだるさ、体重の減少、発疹、うつなどを生じます。
上記のような症状があり、感染症や持病など、その他の疾患が否定された上で、血液検査で高い炎症反応が見られた場合は、リウマチ性多発筋痛症と診断されます。

リウマチと名前が付いていますが、関節痛に伴って腫れや変形が見られることはごく稀です。
治療については、ステロイド剤の服用が効果的であるため、投薬治療が中心に行われます。

全身の関節痛と微熱は線維筋痛症?

あまり知られていませんが、微熱や全身の激しい痛みを伴う疾患に線維筋痛症があります。

主な症状は、身体の広範囲の痛み(関節痛や筋肉痛)やしびれです。
痛む場所が一定せず、移動するという特徴もあります。

関節リウマチの症状と似ていますが、血液検査やレントゲンなどでも異常は見つからず、線維筋痛症の場合、リウマチのような関節の腫れ・変形も起こりません。
強い痛みに対するストレスから、眼の奥や口腔の痛み、月経の異常や不眠、頻尿、抑うつ、腹痛などを伴うことも多く、患者さんの苦しみは大変なものとなります。

線維筋痛症は、今のところ発症メカニズムが不明なため、対処療法が中心です。
また、その知名度の低さから原因不明とされ、確定診断までに時間を要することが多い上、リウマチやその他の膠原病を併発しているケースも珍しくありません。

原因のハッキリしない微熱や関節痛が長引く時は、早めに病院を受診しましょう。

微熱・関節痛・発疹は全身性エリテマトーデスの症状?

全身性エリテマトーデスは、免疫異常が原因の皮膚・関節などの慢性炎症疾患です。
患者は思春期から40代くらいまでの女性に多く、微熱(発熱)、関節痛、頬に現れる蝶が羽根を拡げたような形の赤い発疹が見られます。

また、疲労感や食欲不振、日光過敏症、口内炎、脱毛、むくみなどが起こることもあります。
それ以外にも、腎臓や心臓などの臓器障害、中枢神経の障害など、時に命に関わるような合併症を引き起こす可能性もあるため、早期に治療を開始するのが望ましい疾患と言えます。

更年期や生理前の微熱や関節痛

女性ホルモンの影響で、更年期や妊娠中、生理前の女性は微熱や関節痛など、様々な不快な症状を起こしやすくなります。
これは、女性ホルモンが循環器・消化器・呼吸器などの活動を調整している自律神経の働きに関与しているためと考えられます。

また、自律神経は体温調整も担っていることから、自律神経のバランスが乱れると、微熱やほてり・発汗などが生じます。
女性ホルモンの変動が激しくなる更年期の女性や妊娠中の女性は、こうした理由から微熱が続くことがあるのです。

特に、女性ホルモンが急激に減少する更年期には、頭痛や動悸、頻尿の他、肩や腰などの関節痛が生じやすくなります。
ホルモン量が低下し、軟骨の減少を招くことも関節の痛みの一因です。

また、生理前に見られる様々な心身の不調(PMS・月経前症候群)には、微熱や関節痛も含まれます。
生理前になると、女性ホルモンによって身体のむくみや体重増加が起こりやすくなりますが、これによって関節への負担が大きくなることが関節痛の原因と考えられています。

微熱・鼻水と関節痛はアレルギーが原因?

花粉症などのアレルギーが原因で、微熱や関節痛が生じることもあります。
くしゃみ、さらさらとした透明の鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどが代表的なアレルギーの症状ですが、身体がだるい、発熱や寒気が見られることも珍しくありません。

体内に侵入したアレルゲンを排出するために、免疫機能が働くわけですが、その過程で鼻水やくしゃみ、頭痛などが生じます。
こうしたアレルギー反応によって、微熱、発熱に伴う関節痛、倦怠感などの全身症状が二次的に発生するのです。

原因不明の疲労感と微熱・関節痛は慢性疲労候群かも

慢性疲労症候群とは、強い疲労感が半年以上続いているのも関わらず、血液検査などで異常が見つからない原因不明の病気です。
微熱、関節痛・筋肉痛、頭痛、喉の痛み、不眠、うつ病のような気分障害、記憶力の低下などが、併発して見られるという特徴があります。

強い疲労感や発熱によるだるさ、動くことが出来ないような関節痛や筋肉痛によって、日常生活に支障をきたすことも少なくありません。
しかしながら、血液検査だけでなく、ホルモンや内臓、脳・中枢神経など、全身の検査を受けても異常は見つからないのです。

治療は薬物療法が中心で、漢方薬や抗ウイルス薬、免疫調整剤などが用いられます。

微熱・関節痛の治し方・病院は何科?

微熱・関節痛の治し方・病院は何科

微熱や関節痛は、風邪の症状の場合もあります。
ただし、安静にしているのに痛みが強くなったり、症状が3日以上継続する時は別の病気の可能性があります。

また、微熱と関節痛だけでなく激しい頭痛、下痢を伴う腹痛、めまいやふらつきなどの症状が見られた場合は、深刻な疾患の疑いも否定できません。
速やかに医療機関を受診しましょう。

病名や症状別の、診察に適した病院・診療科は次の通りです。

病名、症状 診療科
風邪、インフルエンザ 内科または耳鼻咽喉科
リウマチ、膠原病 内科またはリウマチ科
更年期障害、PMS 婦人科または内科
花粉症、アレルギー 内科または耳鼻咽喉科
慢性疲労症候群 心療内科

微熱と関節痛の対処法・セルフケア

微熱や関節痛の症状がある時は、どのように対処したら良いのでしょうか?

病院へ行くほどではない場合は、まず安静にして身体を休めます。
たっぷり睡眠をとり、数日間は休息をとりましょう。

また、痛む関節を湿布やアイシングなどで冷やすと、痛みが和らぐことが多いようです。
ただし、数日しても症状が改善しない場合は、症状が悪化する前に病院で診察を受けるようにして下さい。

ウイルス感染による微熱や関節痛を防ぐために、日頃から出来るセルフケアや、生活上の工夫もご紹介しましょう。

食事

微熱の原因となるウイルス感染を防ぐために、免疫力をアップさせるような食事を摂ることが大切です。
三食を規則正しく食べ、ネバネバした食品を積極的に摂取すると良いでしょう。

半身浴

半身食でじっくり身体を温めることで、乱れた自律神経を正常化する効果が期待できます。
これにより免疫細胞が活発化します。
ぬるめのお湯(38℃程度まで)に胸までつかり約20分、汗をかき始めるまでが目安になります。

運動

適度に身体を動かすことで体温を上昇させる事ができ、免疫の働きを助けます。
ジョギングやウォーキングなど、軽い運動を毎日20分以上行うと効果的です。

微熱と関節痛のまとめ

微熱と関節痛のまとめ

このように、微熱や関節痛を伴う疾患は風邪やインフルエンザだけではありません。

高熱と違ってそのまま様子を見がちな微熱ですが、関節の痛みと併せて症状が長引く場合は、別の病気の可能性があります。
リウマチなどの進行性の疾患や、その他の難治性の病気の可能性も否定できませんので、変だな?と思われたらなるべく早く病院を受診することが大切です。


【関節痛・神経痛のサプリ・医薬品オススメ3選】

当サイトでオススメしている関節痛・神経痛の医薬品・サプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. リョウシンJV錠

    リョウシンJV錠のランキングリョウシンJV錠

    第3類医薬品という事で、関節痛・神経痛に効く事が認められています。他の医薬品と異なるのは、6つの有効成分が配合されており、身体の内側から効く事です。1日1回の服用なので面倒な事もないのが特徴となっています。価格が初回1,900円というのも選ばれる理由です。

  2. グルコンEX錠プラス

    グルコンEX錠プラスのランキンググルコンEX錠プラス

    医薬品という事で、サプリメントとは異なり、関節痛・神経痛の効果がある事が実証されています。改善・治療だけではなく、痛みの緩和の効果もあります。また、薬剤師が常駐しており、専門家の立場からサポートをしてもらえるのも、安心して飲む事が出来る要因と言えます。

  3. 北国の恵み

    北国の恵みのランキング北国の恵み

    関節痛の原因と言われている軟骨ですが、軟骨のクッションの役割がある「プロテオグリカン」が配合されています。サプリメントなので、効果は実証されていませんが、しっかりと栄養補給をする事が出来ます。GMP工場で作られており、品質も問題ありません。480円からのお試し価格も魅力です。

  4. マイケア イタドリ

    イタドリのランキングイタドリ

    即効性のある天然の鎮痛成分で痛みの緩和をします。関節痛の良いとされている成分「グルコサミン」「コンドロイチン」「Ⅱ型コラーゲン」が含まれています。サプリという事で効果は実証されていませんが、栄養補給には抜群です。全額返金保証付きなので、安心して利用する事が出来ます。