関節痛・膝の痛みの緩和・改善に良い成分は?

関節痛・膝の痛みの緩和・改善に良い成分

関節痛・膝の痛みに悩んでいるという方は多くいます。
若い方はスポーツを行っている、成人した方でも加齢と共に多くの方が、関節痛になっています。

当ページでは、関節痛・膝の痛みに効く成分について記載していきます。

関節痛に効く成分は何?

関節痛に効く成分は、下記の通りです。

ヒアルロン酸

美肌効果が高いとされている成分です。
美容効果だけではなく、新陳代謝をよくする効果があり、コンドロイチンと併用されることが多いと言えます。
ヒアルロン酸にも種類があり、その種類によっても、効果が異なります。

グルコサミン

グルコサミンは、グルコース(ブドウ糖)にアミノ基が付いた糖の一種です。
関節などの炎症を抑える効果があり、関節痛の痛みの緩和に繋がっています。
糖の一種なので、糖尿病の方は、服用が難しい成分と言えます。

コンドロイチン

コンドロイチンは、身体全体の細胞に含まれているムコ多糖(プロテグリカン)の一種です。
関節軟骨部分のクッションとなる弾力性や水分を保持する役割があります。
25歳をピークに年齢と共に減少していくのが、関節痛の原因にも繋がっています。

オメガ3脂肪酸

軟骨の働きを助ける成分です。
痛みの緩和の効果が高いと言われています。
体内で作り出すことが難しいとされていますので、食事・サプリメントで摂取しなければなりません。

MSM(メチルスルフォニルメタン)

グルコサミンやコンドロイチンは、関節痛に効くと記載されているサイトも多くあります。
MSMという成分を聞いた事のないという方は多くいます。

MSMというのは、少量ですが、人間の身体にも含まれています。
痛みや炎症を抑える効果が高く、サプリメント・健康食品にも含まれるようになりました。

その他

ビタミンB群は、筋肉や神経組織の新陳代謝を促して、関節痛の痛みを緩和してくれます。
その他、ビタミンEコハク酸エステルカルシウムは、血液循環を改善して、肩こりや手足のしびれの症状を緩和・改善します。

関節痛に効く成分が入っている食品・食べ物は?

関節痛に効く成分が多く入っている食品・食べ物は下記の通りです。

グルコサミン

カニ・エビの殻、ウナギ、フカヒレ、軟骨、山芋などに含まれています。
痛風、アレルギーなどを注意しなければ食べ物もありますので、摂取の際には注意しなければなりません。

コンドロイチン

ウナギ、鶏の皮、フカヒレ、山芋、納豆、オクラなどに含まれています。

オメガ3脂肪酸

青魚、クルミ、しそ油などに含まれています。

MSM(メチルスルフォニルメタン)

肉類、魚介類、卵、乳製品、豆類、殻類、ネギ、玉ねぎ、キャベツ、コーヒーなどがあります。

上記で挙げた食品や食べ物というのは、毎日摂る事は可能ですが、なかなか難しいと思います。
そんな時に、サプリメントや健康食品で、足りない分の成分を補うという事は重要と言えます。
必要な成分を身体に取り入れる事が、関節痛の改善に繋がります。

また、関節痛に効くとされている医薬品なども多く販売されています。
医薬品という事で、効果もしっかりと立証されているので、関節痛に悩んでいるという方にはオススメです。
痛みの緩和・改善だけではなく、予防という意味でも、非常に有効と言えます。
当サイトでも、ランキング形式にて比較をしていますので、参考にしてください。

関節痛のサプリの注意点

関節痛に関するサプリメント・健康食品が多く販売されるようになりました。
必要成分を摂取するためには、食事などから摂る事が必要不可欠です。

食事から摂取すると言っても、難しい部分もあるでしょう。
そのため、サプリや健康食品から摂取する方が多くいると思います。
しかしながら、むやみに摂りすぎると、過剰摂取などにも繋がります。

⇒当サイトでオススメしている医薬品はこちら。リョウシンJV錠

ページの先頭へ