関節痛とコラーゲン

コラーゲンと聞くと、美肌やアンチエイジングなど、美容に良い成分というイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか?
しかし、コラーゲンは関節痛とも深い関わりがあるのです。
コラーゲンがなぜ関節に良いのか、どのように関節痛に働きかけるのか、また、効率よく摂取する方法についてもお話したいと思います。

コラーゲンが関節痛に効果的な理由

コラーゲンは私達の身体のいたる所に分布する、重要な成分です。
細胞と細胞を結びつける役目をするタンパク質の一種で、組織の弾力やみずみずしさを保つ働きをしています。
皮膚や血管だけでなく、関節の軟骨中にも存在し、関節の健康や、なめらかな動きを助けているのです。

コラーゲンと関節痛

関節にとって大切な成分であるコラーゲン。
実に軟骨の約半分は、コラーゲンで構成されています。
では、コラーゲンは、関節痛の改善にどのようなかたちで関わっているのでしょうか?

コラーゲンを知ろう

人間の身体のタンパク質のうち、3分の1がコラーゲンだと言われています。
その内の40%は皮膚、次いで多く含まれるのが骨や軟骨です。

細胞同士を結びつけることで、水分や弾力を保つ働きをしているコラーゲンには、もう一つ重要な役目があります。
それは、細胞分裂や、組織の再生の手助けをすることです。

つまり、コラーゲンが不足すれば、各器官は衰え、老化します。
逆に、コラーゲンを補うことで、それを食い止めたり、修復することが可能になると言えるでしょう。

コラーゲンは関節痛に効果がある?

関節がスムーズに動くのは、軟骨がクッションのような役目をしているおかげです。
そして、その軟骨の50%はコラーゲンで成り立っており、みずみずしさと弾力が保たれています。

一方、多くの場合、軟骨のクッション機能の低下することで、関節痛が起こります。
老化や使い過ぎによって、すり減った軟骨が衝撃を受け止められなくなった結果、関節に痛みが生じるのです。
再生能力がある軟骨ですが、残念ながら加齢により、次第にその能力は衰えてしまいます。

先述の通り、コラーゲンは新陳代謝を高め、軟骨の再生を促します。
そうした意味から、コラーゲンを摂取することで、軟骨の摩耗を食い止める効果が期待できると言えるでしょう。
また、弾力を取り戻し、軟骨のクッション機能が改善することで、痛みの緩和も見込めます。

グルコサミン・ヒアルロン酸とコラーゲンの関係

一般的に、グルコサミンやコンドロイチン、ヒアルロン酸などが、関節に良いとされています。
そして、コラーゲンとこれらの成分の間には、密接な関わりがあるのです。

グルコサミンもコラーゲンも、関節の動きを滑らかにするなど、軟骨や関節を健やかに保つ働きをします。
グルコサミンの役割は、コンドロイチンやヒアルロン酸を生成し、軟骨の健康を守ることです。

そして、グルコサミンによって作り出されたコンドロイチンが、コラーゲンを生成します。
そのコラーゲンは、軟骨をみずみずしく保ち、新陳代謝を高めることで軟骨の再生や修復を促します。
つまり、コラーゲンとグルコサミンは、関節の健康のために、互いに協力しあう関係ということがお分かりいただけるでしょう。

コラーゲンの摂り方

コラーゲンの摂り方

このように、コラーゲンは丈夫な関節を作ったり、関節痛の症状の緩和する上で重要な働きをしています。
では、コラーゲンはどのように摂ったら良いのでしょうか?

コラーゲンが多い食品とは?

コラーゲンは、肉や魚の筋や骨の髄に豊富に含まれています。
含有量が多い食品として知られているのは、牛筋、フカヒレ、手羽先や鶏軟骨、ゼラチンなどです。
冷めた時に、ぷるぷるとしたゼラチン状の煮こごりができるもの、というのがコラーゲンを含む食品の目安になるでしょう。

ただし、コラーゲンをたっぷり含む食品は、高カロリーのものが多く、肥満を招きかねません。
体重が過剰になると関節に負担が掛かる負担が大きくなりますから、その点には注意が必要です。

コラーゲンを薬・サプリで摂る

関節の健康を目的とする場合、一日に5000mg程度のコラーゲンを摂取するのが良いと言われています。
馴染みのある食材でいうと、手羽先で4本ほどになりますが、毎日継続して食べ続けることは、少し難しいのではないでしょうか?
また、食品に含まれるコラーゲンは分子が大きく、吸収力が低いという難点もあります。

こうしたことから、コラーゲンを効率よく摂取するためには、薬やサプリなどが有効と考えられます。
吸収されやすいコラーゲンが配合された医薬品、パウダーや錠剤などのサプリを利用されると良いでしょう。
なお、コラーゲンは複数回に分けるより、一日に一度の摂取の方が効果が高いと言われています。

コラーゲンと相性の良い成分

コラーゲンと相性の良い成分は、ビタミンCです。
ビタミンCはコラーゲン生成時に必要とされる上、コラーゲンの吸収力を高める働きをします。
よって、コラーゲンとビタミンCを一緒に摂ることが理想的と言えます。

また、先ほども触れましたが、コラーゲンと協力して関節痛に働きかける、コンドロイチンなどを合わせて摂取することも、非常に有効でしょう。
その際は、グルコンEX錠プラスなどの医薬品や、サプリの利用がおススメです。

関節痛とコラーゲンのまとめ

このように、コラーゲンは軟骨の再生や修復を助けることで、関節痛の緩和や、予防に効果を発揮します。
その力を最大限に活かすためには、相性の良いビタミンC、協調関係にあるコンドロイチン等と一緒に摂取することがベストです。
吸収力などの面から、食事による摂取をメインに考えるよりも、グルコンEX錠プラスなどの医薬品・サプリによる、コラーゲン摂取が効率的だと言えるでしょう。


【関節痛・神経痛のサプリ・医薬品オススメ3選】

当サイトでオススメしている関節痛・神経痛の医薬品・サプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. リョウシンJV錠

    リョウシンJV錠のランキングリョウシンJV錠

    第3類医薬品という事で、関節痛・神経痛に効く事が認められています。他の医薬品と異なるのは、6つの有効成分が配合されており、身体の内側から効く事です。1日1回の服用なので面倒な事もないのが特徴となっています。価格が初回1,900円というのも選ばれる理由です。

  2. グルコンEX錠プラス

    グルコンEX錠プラスのランキンググルコンEX錠プラス

    医薬品という事で、サプリメントとは異なり、関節痛・神経痛の効果がある事が実証されています。改善・治療だけではなく、痛みの緩和の効果もあります。また、薬剤師が常駐しており、専門家の立場からサポートをしてもらえるのも、安心して飲む事が出来る要因と言えます。

  3. 北国の恵み

    北国の恵みのランキング北国の恵み

    関節痛の原因と言われている軟骨ですが、軟骨のクッションの役割がある「プロテオグリカン」が配合されています。サプリメントなので、効果は実証されていませんが、しっかりと栄養補給をする事が出来ます。GMP工場で作られており、品質も問題ありません。480円からのお試し価格も魅力です。

  4. マイケア イタドリ

    イタドリのランキングイタドリ

    即効性のある天然の鎮痛成分で痛みの緩和をします。関節痛の良いとされている成分「グルコサミン」「コンドロイチン」「Ⅱ型コラーゲン」が含まれています。サプリという事で効果は実証されていませんが、栄養補給には抜群です。全額返金保証付きなので、安心して利用する事が出来ます。