関節痛と全身性エリテマトーデス

関節に痛みがある場合、その原因は様々です。
加齢によるもの、使い過ぎ、捻挫等の怪我、内科的な病気によるもの。
ただの関節痛と思っていたのに、なかなか症状が改善しない時は、思いがけない病気が隠れていることも考えられます。

当ページでは、関節の痛みも症状の一つである、全身性エリテマトーデスについて、詳しくお話ししていきたいと思います。

その関節痛、全身性エリテマトーデスでは?

一口に関節痛と言っても、原因や治療方法は多岐に渡ります。
痛みの原因を知り、それに見合った治療を受けることが、症状改善への近道と言えるでしょう。

発熱やだるさといった全身症状の他、多くの方が関節痛を訴える病気に、全身性エリテマトーデスがあります。
よく似た病気もある事から、適切な治療を受けるためには、それらとしっかり区別することが必要となります。

全身性エリテマトーデスとは?

全身性エリテマトーデスとは

全身性エリテマトーデスは膠原病の一種で、身体の色々な場所が炎症を起こし、痛みを生じる病気です。
英名の頭文字からSLEとも呼ばれています。

熱っぽさなど、風邪のような症状や、関節、皮膚等に炎症が起こります。
また、腎臓や心臓・肺といった内臓や、中枢神経に異常をきたすこともある病気です。
これらの症状は一度に起こることもあれば、時間を置いて次々現れてくることもあります。

患者は圧倒的に女性が多く、全身性エリテマトーデスの発症者の約9割が女性です。
30代頃までの発症がが大半で、若い女性がかかりやすい病気の一つと言えるでしょう。

全身性エリテマトーデスの原因と初期症状

全身性エリテマトーデスは、なんらかの理由によって免役システムに異常が起こることで、発症すると考えられています。
免疫異常には、ウイルス感染、妊娠・出産、薬剤などが関わっているのではないかとされていますが、はっきりと解明されていないのが現状です。

身体の様々な場所に症状が現れる、全身性エリテマトーデス。
その症状は人によって異なりますが、初期症状として発熱、関節の痛み、赤い発疹、倦怠感、食欲不振などを訴える患者さんが多いようです。

特に関節痛は、全身性エリテマトーデス患者のほとんどにみられます。
手指の関節などが腫れたり痛みますが、日によって痛みの出る場所が違う、移動性の関節痛を起こすケースもあります。

また、特徴的な症状の一つとして、蝶形紅斑が挙げられるでしょう。
これは、両頬に出る、ちょうど蝶が羽を開いたような形の、痒みのない赤い発疹です。

全身性エリテマトーデスが進行すると、上記に加えて腎臓や心臓、肺など内臓の慢性的な炎症や、血圧の上昇が起こります。
さらには、痙攣や興奮等、中枢神経症状がみられることもあります。

血液検査の結果からみる全身性エリテマトーデス

全身性エリテマトーデスが疑われる場合、判断材料の一つとして、血液検査が有効です。
ほとんどの全身性エリテマトーデス患者は、抗核抗体と呼ばれる抗体を持つとされているため、血液検査で抗体の有無を調べます。
なお、血液検査以外にも、心電図、尿検査、レントゲンなどの画像診断を経て、総合的に判断されます。

全身性エリテマトーデスの診断基準として用いられることが多いのが、次のような分類です。
一般的に、これらの分類に最低4つ該当することで、全身性エリテマトーデスと診断されます。

  • 頬部紅斑(蝶形紅班)
  • 円柱状紅斑
  • 日光過敏(発疹など)
  • 口腔内の潰瘍
  • 関節痛(炎症・腫れ)
  • 漿膜炎(心臓、肺など)
  • 腎機能の障害
  • 血液中の白血球、リンパ球減、血小板の減少
  • 神経・脳などの中枢神経障害
  • 血液検査における、抗二本鎖DNA抗体、抗リン脂質抗体、あるいは抗スミス抗体の陽性
  • 抗核抗体が基準値超

リウマチと全身性エリテマトーデスの違い

全身性エリテマトーデスとよく似た症状の病気として挙げられるのが、リウマチです。
どちらも免疫が関係するとされる疾患で、女性患者の比率が高く、関節痛や腫れ、内臓の機能障害などの全身症状を引き起こします。

共通点の多い二つの病気を明確に区別するポイントは、関節の骨が破壊されているかどうかということです。

リウマチの場合は関節の変形が見られますが、全身性エリテマトーデスの症状は、関節の痛み・炎症にとどまり、関節の破壊は起こらないのが普通です。
二つの病気は、診断基準も治療法も異なりますので、注意が必要でしょう。

指定難病・全身性エリテマトーデスの治療法と予後

指定難病・全身性エリテマトーデスの治療法と予後

全身性エリテマトーデスは、厚生労働省により特定疾患に指定されている難病の一つです。
認定を受けることで、一定の条件の下、医療費の補助が受けられます。

一般的に全身性エリテマトーデスは、慢性化しやすい疾患です。
また、経過の予測が難しく、何年もの無症状の期間(寛解)を経て再発を繰り返すなどします。

様々な全身症状を引き起こす、全身性エリテマトーデスの予後は、その重症度により大きく異なります。
通常、発症初期の炎症を上手くコントロール出来れば、予後は概ね良好と言えるでしょう。
こうした事から、早期に正しい診断を受け、治療に取り組むことが非常に大切になってきます。

投薬による全身性エリテマトーデス治療

全身性エリテマトーデスの治療は、投薬治療が基本です。
身体の炎症を落ち着かせることで、症状の緩和、内臓などへのダメージを防止することを目指します。

抗炎症薬の服用が一般的で、非ステロイド系抗炎症薬、副腎皮質ステロイド薬などが処方されます。
多くの場合、これらの薬により関節の痛みは和らぎますが、内臓や中枢神経などに障害が起きた重症のケースでは、免疫抑制薬も併用します。

副腎皮質ステロイド薬は、長期間の服用で副作用のリスクがあることが知られていますが、症状が落ち着き、改善がみられた場合は、徐々に減量が可能です。
再発の懸念はありますが、実際、多くの全身性エリテマトーデス患者さんは、最終的に副腎皮質ステロイドの減薬や、服用を中止することができています。

関節痛と全身性エリテマトーデスのまとめ

このように、全身性エリテマトーデスは初期段階で治療を開始することにより、症状の緩和や、良好な経過に期待が持てる疾患です。
原因のわからない関節痛の原因の一つとして、全身性エリテマトーデスも考えられる。
そんなことを頭の片隅に置いておき、疑わしい場合は、早いうちに医師の診断を受けると良いでしょう。


【関節痛・神経痛のサプリ・医薬品オススメ3選】

当サイトでオススメしている関節痛・神経痛の医薬品・サプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. リョウシンJV錠

    リョウシンJV錠のランキングリョウシンJV錠

    第3類医薬品という事で、関節痛・神経痛に効く事が認められています。他の医薬品と異なるのは、6つの有効成分が配合されており、身体の内側から効く事です。1日1回の服用なので面倒な事もないのが特徴となっています。価格が初回1,900円というのも選ばれる理由です。

  2. グルコンEX錠プラス

    グルコンEX錠プラスのランキンググルコンEX錠プラス

    医薬品という事で、サプリメントとは異なり、関節痛・神経痛の効果がある事が実証されています。改善・治療だけではなく、痛みの緩和の効果もあります。また、薬剤師が常駐しており、専門家の立場からサポートをしてもらえるのも、安心して飲む事が出来る要因と言えます。

  3. 北国の恵み

    北国の恵みのランキング北国の恵み

    関節痛の原因と言われている軟骨ですが、軟骨のクッションの役割がある「プロテオグリカン」が配合されています。サプリメントなので、効果は実証されていませんが、しっかりと栄養補給をする事が出来ます。GMP工場で作られており、品質も問題ありません。480円からのお試し価格も魅力です。

  4. マイケア イタドリ

    イタドリのランキングイタドリ

    即効性のある天然の鎮痛成分で痛みの緩和をします。関節痛の良いとされている成分「グルコサミン」「コンドロイチン」「Ⅱ型コラーゲン」が含まれています。サプリという事で効果は実証されていませんが、栄養補給には抜群です。全額返金保証付きなので、安心して利用する事が出来ます。