関節痛と偽痛風

痛風とよく似た病気である偽痛風。
では、この二つの病気は、どのように区別されるのでしょうか?
偽痛風と痛風の違い、症状・原因、治療法などについてお話します。

膝や肩の関節痛、もしかして偽痛風?

偽痛風の特徴的な症状は、痛風を思わせる、膝や肩の激しい関節痛と、患部の腫れなどです。
耐え難いような痛みは、痛風の発作と同じく、唐突に起こります。

しかし、症状は似ていても、痛風と偽痛風では原因も治療法も異なるので注意が必要です。
強い関節の痛みがある時は、早めに医師の診察を受けると良いでしょう。

偽痛風とは?

画像の説明

軟骨石灰化症、または仮性痛風とも呼ばれる偽痛風。
ピロリン酸カルシウム結晶が軟骨に溜まることで、関節に炎症などが起こります。

発症は高齢者の割合が多く、60歳以上の患者さんが大半を占めます。
男女差はあまりないとされていますが、どちらかというとやや女性の患者さんが多いようです。

痛風と偽痛風の違い

偽痛風の場合、関節の腫れや痛みは、結晶化したピロリン酸カルシウムによって起こります。
一方、痛風は尿酸値の上昇により生じた、尿酸ナトリウム結晶が、関節に沈着することで発症します。

偽痛風の患者さんに、尿酸値の上昇は見られませんから、血液検査は判断材料の一つとなるでしょう。
また、関節液を採取して、ピロリン酸カルシウム結晶が確認できれば、偽痛風と診断されます。

痛風と偽痛風では、痛みの出る場所にも違いがあります。
痛風は足指の激痛が特徴的な症状で、患者の大多数は足の親指の付け根の痛みを訴えます。
それに対して偽痛風の場合、圧倒的に多いのは膝の痛みです。
感じ方は人それぞれで、痛みの度合いを比べることはなかなか難しいですが、一般的に痛風と比較すると、偽痛風の発作の方がやや痛みが少ないと言われています。

飲酒や食生活などが、尿酸値に影響を与えることから、痛風の発症は年齢とあまり関係がありません。
しかし偽痛風の患者は、60代以降の高齢者に多いという特徴があります。

偽痛風の症状と発生しやすい部位

偽痛風の症状と発生しやすい部位

偽痛風の発作は、突然起こります。
代表的な症状はなんと言っても関節の激痛。
患部周辺は、熱を持って赤く腫れあがり、動かすこともままならないような痛みも珍しくありません。
こうした急性の炎症や痛みは、数日間続いた後、自然に治まっていきます。

偽痛風の場合、発作は局所的で、一度にあちこちの関節に、痛みが発生するという事はあまりありません。
発作の頻度もさほど高くありませんし、重篤化するケースも多くないようです。
しかしながら、時として発熱や体重の減少など、症状が全身に及ぶこともあり、注意が必要でしょう。

偽痛風の痛みが一番出やすい部位は膝で、半数以上の患者さんが膝周辺の関節痛を訴えます。
他にも肩や足、肘といった、比較的大きい関節に発作が起きやすい傾向がありますが、身体のどの関節にも発症リスクがあります。

なお、偽痛風は症状により、次の6つに分類されています。

  • 偽痛風発作型(発作を繰り返す)
  • 偽性関節リウマチ型(慢性化、リウマチと似る)
  • 偽性変形性関節炎型(急性)
  • 偽性変形性関節炎型(急性の炎症なし)
  • 無症状(炎症なし、石灰化が認められる)
  • 偽性神経障害性関節症型(機能障害など)

偽痛風の原因

先述の通り、偽痛風はピロリン酸カルシウムが原因で起こります。
なんだかの理由で、結晶化したピロリン酸カルシウムが、関節に溜まり軟骨に沈着。
その結晶に反応して、関節内で炎症が起きることで、偽痛風の痛みが発生します。

では、なぜピロリン酸カルシウムの結晶が、関節に沈着してしまうのでしょうか?
実はその点については、現在の所はハッキリと分かっていません。

しかし、年配者に患者が多いことから、加齢により傷ついた軟骨に、結晶がより溜まりやすいためではないかと言われています。
また、甲状腺機能亢進症などの甲状腺疾患や、遺伝も偽痛風を誘因すると考えられています。

偽痛風と診断方法

偽痛風と診断方法

偽痛風の診断は、どのように行われるのでしょうか?

偽痛風は痛風と症状が似ていることから、間違われやすい病気です。
他にも、慢性の関節や、こわばりを感じることもあるため、リウマチと勘違いされるケースもあります。
適切な治療を受けるためには、偽痛風とその他の疾患をきちんと区別することが大切になってきます。

偽痛風が疑われる場合に行われるのは、血液検査、レントゲン等の画像診断、関節液の検査です。

発作の時は、血中の白血球数増加、赤血球沈降速度の亢進、C反応性蛋白(CRP)陽性など、炎症反応を示す数値に変化があります。
偽痛風では尿酸値が上昇しませんから、痛風を否定するために、尿酸値に異常がないかも調べられます。

偽痛風の患者さんのX線写真では、関節軟骨の石灰化が確認できます。
リウマチと違い、偽痛風の場合は、関節の変形や破壊等が見られないため、この点でリウマチと判別ができます。

最終的な判断は、痛みのある関節から採取した関節穿刺液の検査により行われます。
関節液に、ピロリン酸カルシウムの結晶が含まれていれば、偽痛風と診断されるのです。

偽痛風の治療法

偽痛風の治療法

偽痛風の治療は基本的に、炎症をコントロールすることで痛みを和らげる、いわば対処療法です。
関節にピロリン酸カルシウムが溜まらないように予防したり、沈着した結晶をとかすなど除去する方法は、今のところありません。

したがって、安静と投薬治療で症状を緩和していきます。
偽痛風の痛みは患部を冷やすと良く、アイシングや湿布は効果的と言えるでしょう。

痛みが強い急性期は、非ステロイド性抗炎症薬の服用。
熱が出るなど、症状が全身に及んだ場合は、副腎皮質ステロイド薬が処方されます。
また、必要に応じ、関節に溜まった水を針で抜いたり、ヒアルロン酸や非ステロイド抗炎症薬の関節内注射も行われます。

こうした治療で思ったような効果が得られず、症状が改善しない、または痛みが激しいなどの場合は、外科的な治療が実施されます。
具体的には、内視鏡を用いた、関節内のピロリン酸カルシウム結晶の洗浄や、変形した関節の人工関節置換手術などが挙げられます。

一度破壊されてしまった関節を、元の状態にに戻すことは困難です。
しかし、炎症が治まった後や術後に、運動療法などのリハビリを行うことで、関節機能の改善や維持といった効果が期待できます。

関節痛と偽痛風のまとめ

関節痛と偽痛風のまとめ

症状こそ似ていますが、偽痛風には痛風のように根本的な治療法がありません。
尿酸値のコントロールすることで、発作を抑えられる痛風と違い、生活習慣の改善などでは偽痛風を予防することができないのです。
よって、患者さんは上手に付き合っていくしかない疾患と言えるでしょう。

しばらくすると痛みは和らぎますが、偽痛風とよく似た症状の病気はいくつもあります。
他の重い病気の可能性を否定し、それらとしっかり区別するためにも、関節に激しい痛みが発生した場合は 速やかに医療機関を受診することが望ましいでしょう。


【関節痛・神経痛のサプリ・医薬品オススメ3選】

当サイトでオススメしている関節痛・神経痛の医薬品・サプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. リョウシンJV錠

    リョウシンJV錠のランキングリョウシンJV錠

    第3類医薬品という事で、関節痛・神経痛に効く事が認められています。他の医薬品と異なるのは、6つの有効成分が配合されており、身体の内側から効く事です。1日1回の服用なので面倒な事もないのが特徴となっています。価格が初回1,900円というのも選ばれる理由です。

  2. グルコンEX錠プラス

    グルコンEX錠プラスのランキンググルコンEX錠プラス

    医薬品という事で、サプリメントとは異なり、関節痛・神経痛の効果がある事が実証されています。改善・治療だけではなく、痛みの緩和の効果もあります。また、薬剤師が常駐しており、専門家の立場からサポートをしてもらえるのも、安心して飲む事が出来る要因と言えます。

  3. 北国の恵み

    北国の恵みのランキング北国の恵み

    関節痛の原因と言われている軟骨ですが、軟骨のクッションの役割がある「プロテオグリカン」が配合されています。サプリメントなので、効果は実証されていませんが、しっかりと栄養補給をする事が出来ます。GMP工場で作られており、品質も問題ありません。480円からのお試し価格も魅力です。

  4. マイケア イタドリ

    イタドリのランキングイタドリ

    即効性のある天然の鎮痛成分で痛みの緩和をします。関節痛の良いとされている成分「グルコサミン」「コンドロイチン」「Ⅱ型コラーゲン」が含まれています。サプリという事で効果は実証されていませんが、栄養補給には抜群です。全額返金保証付きなので、安心して利用する事が出来ます。