関節痛とグルコサミン

関節痛にお悩みの方は、なんとかその症状を改善したいと思われている事と思います。
関節の痛みに有効とされる成分がグルコサミンです。

諸外国では以前から医薬品として関節痛の治療に用いられていますが、近年、日本でも注目度が高まっています。

そんなグルコサミンは、関節痛にどのような効果をもたらすのでしょうか?
グルコサミンの働きや、より効果的な摂取方法について、詳しく解説していきたいと思います。

グルコサミンは膝などの関節痛に効果がある?

関節痛は、とりわけ膝の痛みで辛い思いをされている方は非常に多くいます。
30代以上の2人に1人は、痛みなど何らかの違和感を、膝に感じていると言われてるほどです。

一般的にグルコサミンは、こうした症状を和らげてくれるとされています。
では、グルコサミンは具体的に、関節痛の改善にどのように役立つのでしょうか?

グルコサミンと関節痛の関わり

グルコサミンと関節痛の関わり

関節痛の原因は様々ですが、多くの場合、加齢などにより、関節の軟骨がすり減ることだと言われています。

関節に良い成分として、広く知られているグルコサミン。
良いらしいとは知っていても、関節痛に対してどんな働きかけをするのかという点まで、ご存じの方は多くないのではないでしょうか?

以下では、グルコサミンが関節痛とどう関わっているのか、有効性の根拠などについてお話していきます。

グルコサミンとは?

グルコサミンはアミノ糖の一種で、軟骨や靭帯、皮膚といった身体の組織に含まれている物質です。
軟骨は主にプロテオグリカンという物質によって構成されており、グルコサミンはその生成に関わっています。

プロテオグリカンは、軟骨でクッションのような働きを担います。
つまりグルコサミンは、関節がスムーズに動くために、非常に重要な役割をする成分であると言えるでしょう。

なお、グルコサミンは体内でも合成が可能で、ブドウ糖を主な材料に、私たちの身体でも作られています。

グルコサミンによる関節痛の2つの効果は?

関節痛に対するグルコサミンの効果として、次のような働きが期待できます。

関節痛の症状を改善

軟骨は、関節でクッションのような働きをしています。

グルコサミンは、軟骨の材料となる上、その修復・再生をサポートする成分です。
軟骨のすり減りを防止、失われたクッション機能の回復を助けることで、痛みや腫れといった関節痛の症状を和らげる効果が期待できます。

グルコサミンには、炎症を抑える効果もあるとされており、そうした意味からも関節痛の症状の改善に役立つと言えるでしょう。

柔軟で強い軟骨を作る

関節軟骨は、骨と骨の間で衝撃を和らげたり、滑らかな動きを助ける役割をしています。
そして、グルコサミンはその軟骨の生成を促す働きをします。

丈夫で弾力のある軟骨を維持することは、関節痛の緩和や予防に繋がると考えられますから、グルコサミンの摂取は関節痛に有効と言えるでしょう。

関節痛に対するグルコサミンの有効性

グルコサミンが関節痛に効果的であるということは、様々な論文等で実証・報告されています。

1.グルコサミン1500mgを服用する事で、偽薬と比べて膝関節軟骨が減少する割合、痛みや機能が著しく改善。
軟骨の減少が5分の1に改善したと報告されています。
同時にレントゲン撮影も行い、グルコサミンが関節痛に有効であることが、客観的に実証されています。

大阪府の医療法人 東永内科リウマチ科のホームページより
http://www.touei-clinic.jp/original10.html

2.マニラの国立整形外科医院で、変形関節症患者にグルコサミンを投与。
2週間以内に80%以上の患者に、症状の改善が見られたとの報告があります。

グルコサミンで関節痛を緩和する

グルコサミンで関節痛を緩和する

このように、グルコサミンの関節痛を和らげる効果については、裏付けとなる医学的なデータがあります。
では、どのようにグルコサミンを摂取すれば、より効果的に関節の痛みを緩和できるのでしょうか?

コンドロイチン・コラーゲンとグルコサミン

グルコサミンとコンドロイチン、コラーゲンは密接な関係にあり、協力しながら関節の健康を守っています。

グルコサミンは、コンドロイチンやヒアルロン酸を生成する役目をします。
さらに、グルコサミンによって作り出されたコンドロイチンが、コラーゲンを生成し、軟骨の弾力性を保つ働きをします。

軟骨の3割以上はコンドロイチンで構成されています。
その役割は、軟骨をみずみずしさを保つこと、そして軟骨の生成を促すことです。
こうしたことから、グルコサミンをコンドロイチンと一緒に摂取することで、より効果的に関節痛の症状を緩和できると言えるでしょう。

薬・サプリでグルコサミンを摂取する

グルコサミンは、元々身体の中にある成分ですが、加齢によって減少・欠乏し、生成能力も徐々に低下していきます。
含有量の多い食品として知られているのは、エビやカニなど甲殻類の殻、肉の軟骨部分、鶏皮、山芋やオクラといったネバネバ野菜です。

しかし、残念ながらこれらの食品に含まれるグルコサミンはごくわずか。
関節痛に有効と言われる一日の摂取量1000から1500mgを、全て食事から摂ろうとするのは現実的ではありません。

よって、グルコサミンは薬やサプリを利用して摂取するのが、効率的でしょう。
これらの評判については、口コミサイトなどを参考にされると良いかと思いますが、コンドロイチン、各種ビタミン等が配合された、医薬品のグルコンEX錠プラスがおススメです。

関節痛とグルコサミンのまとめ

このように、グルコサミンは軟骨の生成にかかわる物質であり、摂取することで軟骨の修復・再生を促します。
関節痛に対する効果について、医学的な根拠があり、かつ、現時点で副作用に関する報告はありません。
こうしたことから、加齢などによる軟骨の摩耗が原因の関節痛の場合、その症状緩和や予防にグルコサミンは有効であると言えるでしょう。

グルコサミンや、相性の良いコンドロイチン、コラーゲンを含む食材を積極的に食事に取り入れる。
また、関節痛に対する効果・効能が認められている第3類医薬品のグルコンEX錠プラスなどの薬、サプリを利用してグルコサミンを摂取するのがオススメです。


【関節痛・神経痛のサプリ・医薬品オススメ3選】

当サイトでオススメしている関節痛・神経痛の医薬品・サプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. リョウシンJV錠

    リョウシンJV錠のランキングリョウシンJV錠

    第3類医薬品という事で、関節痛・神経痛に効く事が認められています。他の医薬品と異なるのは、6つの有効成分が配合されており、身体の内側から効く事です。1日1回の服用なので面倒な事もないのが特徴となっています。価格が初回1,900円というのも選ばれる理由です。

  2. グルコンEX錠プラス

    グルコンEX錠プラスのランキンググルコンEX錠プラス

    医薬品という事で、サプリメントとは異なり、関節痛・神経痛の効果がある事が実証されています。改善・治療だけではなく、痛みの緩和の効果もあります。また、薬剤師が常駐しており、専門家の立場からサポートをしてもらえるのも、安心して飲む事が出来る要因と言えます。

  3. 北国の恵み

    北国の恵みのランキング北国の恵み

    関節痛の原因と言われている軟骨ですが、軟骨のクッションの役割がある「プロテオグリカン」が配合されています。サプリメントなので、効果は実証されていませんが、しっかりと栄養補給をする事が出来ます。GMP工場で作られており、品質も問題ありません。480円からのお試し価格も魅力です。

  4. マイケア イタドリ

    イタドリのランキングイタドリ

    即効性のある天然の鎮痛成分で痛みの緩和をします。関節痛の良いとされている成分「グルコサミン」「コンドロイチン」「Ⅱ型コラーゲン」が含まれています。サプリという事で効果は実証されていませんが、栄養補給には抜群です。全額返金保証付きなので、安心して利用する事が出来ます。