関節痛とゴルフ

ゴルフは、幅広い世代の方に愛される人気のスポーツです。
しかし、楽しいはずのゴルフで、関節を痛めてしまったという声もあります。

痛みが辛いだけでなく、大好きなゴルフもしばしお休みしなければなりません。
そのような事にならないためにも、ゴルフでの関節痛の症状や、治療法・予防法について解説していきたいと思います。

ゴルフプレイヤーと関節痛

早く上達しようと思うあまり、つい練習を頑張り過ぎてしまった。
また、間違ったフォームでスイングを繰り返した結果、身体のあちこちに痛みが出る。
そんなお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

そのうちの大半は、肘や肩、膝といった関節痛にお困りの事と思います。
こちらでは、ゴルフで痛めやすい関節はどこ?どうやって治すの?など、症例別に詳しくご説明していきます。

ゴルフ肘の関節痛

ゴルフ肘の関節痛

ゴルフを楽しむ方が訴えることの多い関節痛が、肘の痛みです。
痛くてスイングも出来ないので、ゴルフも休まざるを得ません。
痛みを我慢して続ければ、次第に悪化して日常生活にも影響が出る、ゴルフ肘と呼ばれるこの症状に悩まれる方は非常に多いのです。

ゴルフ肘の症状

ゴルフ肘の正式名称は、上腕骨内側上顆炎といいます。
スポーツ中などに肘の内側が痛みますが、安静にしている時に症状はありません。

腕を伸ばした状態で物を掴む、ドアノブを回す際のように手首をひねる動作の時に肘が痛みます。
ゴルフクラブを握り、スイングするという、一連の動作は非常に辛く感じるでしょう。
逆に言うと、手首をひねらない動き、例えば腕の曲げ伸ばし等では痛みは感じられないのが特徴です。

他にも、肘の内側を押した時や、手首を内側に動かす筋肉に痛みや違和感がある。
手を強く握る事が出来ない(握力の低下)などもゴルフ肘の症状です。

ゴルフ肘の原因とは?

ゴルフ肘の痛みは、肘の内側(上腕骨内側上顆)の炎症によって起こります。
上腕骨内側上顆は、指や手首を動かしたり、肘の曲げ伸ばし・内側にひねるための筋肉と接しています。
手首から肘にかけての筋肉に負担が掛かることで、肘が炎症し、痛みが出るのです。

前腕の筋肉に負担の大きい動作としては、力が入りすぎていたり、手打ちなどバランスの崩れた不適切なスイング。
それ以外にも、地面を打ちつけるようなスイングや、練習のし過ぎによる筋肉の酷使が挙げられます。
こうした動きを繰り返すことで、ゴルフ肘を発症するリスクが高くなります。

また、関節痛の医薬品にて必要な栄養成分を摂取するというのも重要です。
サプリメントとは異なり、医薬品は効果が認められていますので、ゴルフ肘の場合には試してみると良いでしょう。

ゴルフ肘の治し方・治療方法

一般的に、ゴルフ肘の治療方法は保存療法で、手術が必要なケースはごく稀です。

発症後はなるべく安静にし、ゴルフはもちろん控えます。
その際、肘を固定するような、バンドやテープ、サポーター等を使用すると、より効果的でしょう。
冷湿布やアイシングで患部を冷やしたり、消炎鎮痛剤の内服でまずは炎症や腫れを静めます。
思ったように症状が改善されない場合は、ステロイド注射も選択肢の一つです。

痛みが落ち着いてきたら、今度は患部を温めて血行を促進します。
また、肘への負担を軽減するためには、ストレッチが非常に有効です。
肘を支える前腕筋と、上腕筋のストレッチで、筋力と柔軟性を高める事が出来ます。
ただし、あまり張り切りすぎてはいけません。
あくまでも無理のない範囲でやりましょう。

ゴルフ肘を予防する

ゴルフ肘の予防法としては、まず肘に負担を掛けないようなスイングを心掛けることが、一番大切です。

さらに、上記の治療法と重なりますが、下記のような事もポイントとして挙げられます。

  • プレー前に十分な準備運動やストレッチを行う。
  • サポーターやテーピングを利用して、プレー中の肘への負担を軽減する。
  • プレー終了後はアイシングや、マッサージなどを行い、筋肉疲労を残さないようにする。

上記の項目も、ゴルフ肘の予防となります。

また、関節に良いとされる、コンドロイチン等のサプリメントや薬を利用するのも良い方法です。
医薬品で関節痛への効果が確認されている、グルコンEX錠プラスなどで、身体の内側からもゴルフ肘のケア、予防が出来ます。

ゴルフ肩の関節痛

ゴルフ肩の関節痛

ゴルフ愛好家が、肘と並んで痛めやすいのが肩でしょう。
その中でも、お困りの方が多いのがゴルフ肩です。
肩の痛みや、腕が上げにくくなるなどの症状がよく似ているため、四十肩や五十肩と混同されがちな症例です。

ゴルフ肩とは

ゴルフ肩の症状は、プレー後に肩・肩甲骨周辺の痛みが出たり、腕の痛みや、だるさといった違和感があることです。
初期は、数日経つと楽になりますが、練習やプレー後に再び痛みはじめ、繰り返すと症状は悪化していきます。
スイングの際に、肩甲骨付近の筋肉が急激に大きく動かされ、肩に負荷が掛かり、筋肉が伸びてしまうことが原因のため、スイングショルダーとも呼ばれます。

特徴的な症状として、以下のような痛み等があります。

  • プレー後に肩甲骨の内側が痛む
  • プレー後に首周辺が痛んだり、重たく感じる
  • 利き手と反対側の肩が下がっている(右打ちなら左肩、左打ちなら右肩)
  • 肩から腕にかけての痛みや痺れ
  • ゴルフ肘(ゴルファーズエルボー)や腱鞘炎の経験がある
  • 股関節が硬く腰が回転しない
  • 猫背、肩の可動域が狭く感じることがある

ゴルフ肩の治し方と予防法

ゴルフ肩の痛みを我慢し続けることは危険です。
安静にしていても症状が治らない、痛みが激しい場合は、早めに医療機関を受診し、投薬治療等を受けるようにしましょう。
放置することで、最悪の場合、軟骨や関節そのものにダメージを与えてしまう可能性もあるので注意が必要です。

ゴルフ肩の予防法については、なぜ肩に負担が掛かるのかという点にヒントがあります。
正しくないフォームのスイングが、肩周辺へダメージを与えると考えられるため、身体の軸がぶれない、バランスの良いフォームを心掛けることが、肩を痛めないコツと言えるでしょう。
手首の力を抜いて、腰のスムーズな回転や、左右対称なスイングを意識しながらプレーすることが、ゴルフ肩の予防に繋がります。

ゴルフ肩も肘と同様ですが、関節痛に効くとされている栄養成分をしっかりと摂取する事が重要です。

ゴルフで痛めやすいその他の関節痛

ゴルフで痛めやすいその他の関節痛

肘や肩の他にも、ゴルフで故障しやすい関節があります。
場所別に例を挙げながら説明していきます。

指・手首の関節痛とゴルフ

ゴルフクラブを強く握ったり、衝撃を受けることで、腱を痛めるバネ指。
指の曲げ伸ばしがスムーズにいかなくなってしまいます。
同じ理由で、手首に炎症が起きるのが腱鞘炎です。

いずれも炎症を抑えるための薬を服用したり、痛みが強い場合はステロイド注射による治療が有効です。
温冷刺激による血行促進や、ストレッチ・マッサージも症状を和らげます。
手首や指に負担を掛けないためにも、グリップを強く握りすぎないことが大切です。

膝の痛みとゴルフ

スイング時に痛みがある、膝がしっかり伸ばせないなど、膝の痛みにお困りではありませんか?

膝関節は、周囲の靭帯によって支えられています。
身体をひねりながら強くボール打つ、ゴルフのスイングの時には、靭帯に大きな負荷が掛かります。
このため正しくないフォームでのスイングを繰り返すことで、靭帯が炎症を起こし、膝に痛みが出るのです。

急性期は、ゴルフを休み、消炎鎮痛剤などの治療を受けます。
その後は、スムーズな重心移動など、膝や靭帯に負担の掛からないフォームを心掛けましょう。
また、ストレッチ等で、膝まわりの筋肉や靭帯を鍛えることや、サポーターなどの利用は、膝の痛みの予防になります。

腰痛とゴルフの関係

ゴルフで発症しやすい腰痛には、捻挫(ぎっくり腰)、腰椎椎間板ヘルニアなどがあり、対処法がそれぞれ異なります。

スイング時に急に痛みが走るぎっくり腰は、身動き出来なくなるほどの痛みが出ることも珍しくありません。
安静第一で、投薬等で痛みと炎症を静めていきます。

椎間板が飛び出し、神経を圧迫する腰椎椎間板ヘルニアの場合は、腰や足に強い痛みがあり、感覚異常を伴うこともあり深刻です。
薬を服用しても炎症や痛みが長引く時は、神経ブロック注射や、手術が行われます。

その他の原因で痛みがある、いわゆる普通の腰痛は、痛みの度合いに応じて様々な治療を行います。
安静、消炎鎮痛剤の服用、湿布で患部を冷やすなどして痛みを和らげます。
急性期を過ぎた腰痛には温熱療法が効果的です。
また、腰を支える腹筋と背筋を、ストレッチなどで強化をすることは、腰痛予防に繋がります。、

関節痛とゴルフのまとめ

関節痛とゴルフのまとめ

このように、間違ったスイングや、練習のし過ぎは、様々な関節痛の原因となります。
ゴルフをもっと楽しむためにも、正しいフォームのスイングと、ハードワークにならない心掛けが大切です。

そして、症状が強い時は安静に努め、まずはしっかり治します。
痛みが和らいだら、ストレッチによる筋力の維持、サポーター等の利用で関節を保護するなどし、怪我をしにくい身体づくりに取り組むと良いでしょう。

また、当サイトでもオススメしている「グルコンEXプラン錠」は、医薬品で関節痛の痛みの緩和・改善にも有効です。
関節痛に悩んでいる方は試してみる事をオススメします。


【関節痛・神経痛のサプリ・医薬品オススメ3選】

当サイトでオススメしている関節痛・神経痛の医薬品・サプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. リョウシンJV錠

    リョウシンJV錠のランキングリョウシンJV錠

    第3類医薬品という事で、関節痛・神経痛に効く事が認められています。他の医薬品と異なるのは、6つの有効成分が配合されており、身体の内側から効く事です。1日1回の服用なので面倒な事もないのが特徴となっています。価格が初回1,900円というのも選ばれる理由です。

  2. グルコンEX錠プラス

    グルコンEX錠プラスのランキンググルコンEX錠プラス

    医薬品という事で、サプリメントとは異なり、関節痛・神経痛の効果がある事が実証されています。改善・治療だけではなく、痛みの緩和の効果もあります。また、薬剤師が常駐しており、専門家の立場からサポートをしてもらえるのも、安心して飲む事が出来る要因と言えます。

  3. 北国の恵み

    北国の恵みのランキング北国の恵み

    関節痛の原因と言われている軟骨ですが、軟骨のクッションの役割がある「プロテオグリカン」が配合されています。サプリメントなので、効果は実証されていませんが、しっかりと栄養補給をする事が出来ます。GMP工場で作られており、品質も問題ありません。480円からのお試し価格も魅力です。

  4. マイケア イタドリ

    イタドリのランキングイタドリ

    即効性のある天然の鎮痛成分で痛みの緩和をします。関節痛の良いとされている成分「グルコサミン」「コンドロイチン」「Ⅱ型コラーゲン」が含まれています。サプリという事で効果は実証されていませんが、栄養補給には抜群です。全額返金保証付きなので、安心して利用する事が出来ます。