変形性膝関節症

歩く時に膝が痛い、階段が辛いなど、膝の痛みにお悩みの方は大変多くなっています。
中でも、変形性膝関節症は、60代の女性の約4割、70代では7割近くが発症していると言われています。

膝に痛みがあると、立ったり座ったりなど、これまでごく普通に行ってきた動作がつらく感じてしまいます。
また、変形性膝関節症は膝の変形を伴う進行性の疾患であり、悪化すると歩く事さえ不自由になる可能性があるのです。

こうした事から、変形性膝関節症は早めに病院で診察を受け、治療を開始する必要があると言えるでしょう。

こちらでは、変形性膝関節症の症状や原因、治療法、ご自分で行える予防法についてお話したいと思います。
また、症状に関しては進行度別に分かりやすく特徴を解説していきます。

変形性膝関節症とは?

変形性膝関節症とは、膝関節の軟骨が摩耗し炎症や痛みが生じる疾患です。

軟骨は膝の表面を覆っていて、衝撃を受け止めるクッションのような役割をしています。
軟骨がすり減る事で、クッション機能が低下して膝に炎症起こります。
また、骨同士がぶつかり合うようになるため、痛みや膝の変形が生じます。

患者の男女比は1対4で女性が多く、大半が50代以上の中高年の方です。
特に、60代以降になると男女とも急激に患者数が増加します。
しかしながら、発症は高齢者に限ったものではなく、最近は30代・40代の若い方にも変形性膝関節症の初期症状が見られる傾向にあり注意が必要です。

変形性膝関節症は、当初は立ち上がるなど動作の始めにだけ、痛みや違和感が見られます。
しかし、進行すると安静時にも痛みが取れず、膝に水がたまる、正座ができなくなるなどし、最悪の場合は歩行困難に陥ります。

こうした事にならないためにも、症状が軽い内から治療を受ける事がとても大切になります。
一度変形してしまった関節は、残念ながら元には戻りませんが、適切な治療を受け、リハビリや予防に取り組むことで症状の悪化を防ぐことが出来るのです。

どんな痛み?変形性膝関節症の症状

どんな痛み?変形性膝関節症の症状

変形性膝関節症の特徴的な症状は、膝を動かした時や、歩き始めなど膝に体重が掛かる動作の際の痛みです。
多くの場合、膝の内側に、ズキっと痛みが走ります。
また、階段を下りる時に膝が不安定になり、がくんと落ちる感じがするとおっしゃる方もいます。

膝の痛みは「年だから…」と諦めてしまう方が多いのですが、早期に治療を開始する事で進行を遅らせ、予後も良くなります。

軟骨には神経が通っていないため、変形性膝関節症は、初期段階ではあまり痛みを感じません。
逆に痛みがあるということは、それなりに症状が進行している可能性が高いということなのです。

小さなサインを見逃さず、もしかして変形性膝関節症かも?と思われたら、一度病院で診察を受けるようにしましょう。
変形性膝節症の進行度別(初期・中期・末期)に症状の特徴をまとめましたので、参考にしてください。

変形性膝関節症の初期症状

初期の変形性膝関節症の場合、軽度のひざ軟骨の摩耗が見られますが、始めのうちは痛みなどの目立った自覚症状はありません。
強いて挙げるならば「朝の膝の違和感」です。

内視鏡で検査をすると、本来、表面が滑らかで弾力があるはずの軟骨に、毛羽立ちなど軽い軟骨の変性が見られます。
ですが、起床時の違和感やこわばり以外に大きな変化が生じないため、そのまま見過ごされてしまいがちです。

少し症状が進むと、立ち上がる・歩き始めなど、膝に力が加わる動作の際に軽い痛みが見られるようになります。
しかし、ほとんどの場合、こうした違和感や痛みは長続きせず、少し休むと治まるなど短時間で解消します。

変形性膝関節症の中期症状

中期になると軟骨が傷つき、摩耗が進行します。
軟骨がすり減るだけでなく半月板にも変性が起こり、そうした刺激によって関節内に炎症が生じます。

中期の症状の特徴は、膝を動かす際のはっきりとした痛みです。
また、関節液が多量に分泌されることで関節水腫(いわゆる膝に水がたまった状態)になり、膝が浮腫んだり、熱感や腫れが生じます。
軟骨の摩耗や腫れによって膝関節の負担が大きくなり、さらに炎症が悪化、膝の変形が始まるのもこの頃です。

次第に痛みが強まり安静時も痛みがとれなくなります。
膝を曲げることも、まっすぐに伸ばすことも難しくなるなど、膝の可動域制限が見られるようになります。

正座、しゃがむといった動作や、階段の上り下りが非常に辛くなり、日常生活に支障をきたし始めます。
膝を動かす、あるいは力が掛かるような時に、ポキポキと音が鳴ることもあるようです。

変形性膝関節症の末期症状

末期になると、軟骨はさらに摩耗して骨がむき出しになり、クッション機能を失います。
動作のたびに骨と骨がぶつかり合うため衝撃を吸収できず、激しい痛みが生じます。
骨棘と呼ばれる骨の変性が起こり、外見上も膝関節の変形が目立つようになるのもこの頃の特徴です。

痛みのあまり、立つ・歩くなどの基本的な動作も困難になることが多く、日常生活を営む上で大きな障害となります。
安静にしていても痛みがとれなくなり、夜間痛でよく眠れない方も少なくありません。

また、強い痛みのため動かないでいると、足の筋力の低下を招きます。
筋力の衰えは膝関節の負担をさらに増大させるため、ますます症状が悪化するという悪循環に陥いるケースが目立ちます。

それだけでなく、痛みによって外出の機会が減り、刺激が少ない生活を送るうちストレスを抱えたり、うつ病を発症することもあるようです。
このように、末期の変形性膝関節症の患者さんは、痛みや膝の変形など肉体的な症状だけにとどまらず、精神面での影響も生じやすくなります。

変形性膝関節症の原因は加齢?女性に多い?

変形性膝関節症の原因は加齢なのか

変形性膝関節症は、膝関節の機能の低下によって、軟骨や半月板が摩耗・変形することで起こります。
痛みの原因や発症メカニズムについては、ハッキリと解明されていませんが、次のような要因が関係していると考えられています。

加齢

膝の軟骨が老化して脆くなり、傷つきやすくなる上、筋肉など周辺組織も衰えるため膝の負担が大きくなります。
加齢によって軟骨の再生能力が低下することで、摩耗が加速すると考えられます。

性別

変形性膝関節症の発症には、女性ホルモンであるエストロゲンが関与している可能性が指摘されています。
また、女性は男性に比べて筋力が弱く、関節が浅いため、膝関節により負担が掛かりやすいと言えます。

肥満

過剰な体重は膝への負担を増大させます。

膝の酷使

膝を酷使する職業に従事している方やスポーツ選手は、年齢を問わず発症リスクが高まります。

膝に悪い生活習慣

猫背や正しくない歩行姿勢、足に合っていない靴などは大きな負担となります。
また、重心が片寄りやすいO脚の方は、膝の内側の軟骨や半月板を痛めやすく発症を誘因します。

遺伝

身内に発症者がいると、罹患率が高くなると言われており、アスポリンという遺伝子の影響が指摘されています。
なお、変形性膝関節症は、上記のような原因による一時性と、怪我や関節リウマチなどに起因する二次性に分類されています。

どんな検査?変形性膝関節症の診断と治療法

変形性膝関節症の診断と治療法

膝の痛みで整形外科を受診すると、まず問診や視診・触診が行われます。
痛みの状況や、過去の怪我履歴などを聞き取ったり、膝の内側の圧痛や変形・腫れの有無、膝の動きや可動域を確認します。

さらに、レントゲン(X線)、必要に応じてMRIなどの画像診断を行い、膝関節の変形や軟骨の摩耗具合を調べます。
関節液検査や血液検査によって、リウマチ・その他の感染症でない事の確認が行われ、これらを総合的に判断して変形性膝関節症の診断が下されます。

変形性膝関節症の治療方法は、保存療法が中心です。
装具の使用やリハビリテーション、投薬治療が行われ、症状の改善が見られない場合に手術が行われます。

先ほどもお話した通り、変形性膝関節症は進行性の疾患です。
治療においては、痛みの緩和はもちろんのこと、関節の変形を防止し、膝関節の機能を維持することが重要と言えます。
そのためにも、症状を自覚されたら早めに整形外科を受診して診察・治療を受けるようにしましょう。

テーピング・サポーターが有効?変形性膝関節症の装具療法

変形性膝関節症の治療には、テーピングやサポーターで患部を固定する装具療法が有効です。
動作時に不安定になり動揺する膝関節をしっかりと支え、膝に掛かる負担を軽減することが出来ます。

また、足底板と呼ばれる中敷きを靴に入れて外側に高さを出す事で、膝の内側に生じやすい負担を軽減したり、杖などの補助具を用いて歩行のサポートを行うのも効果的です。
装具の使用により膝の負担を減らすことは、痛みを緩和だけでなく、軟骨の摩耗の進行を防止する効果も期待出来ます。

変形性膝関節症の患者さんは、痛みのあまり運動不足になり筋力が低下しがちですが、装具や補助具を用いることで動作も軽快になります。
関節周りの筋肉の減少を防ぐと言う意味でも、装具療法は有効な治療法と言えるでしょう。

一般的に、慢性的な疼痛は患部を温めることで和らぎますので、温熱療法も行われています。
そうした観点から、関節の負担の軽減する上、膝を温める効果のあるサポーターの着用は大変良い方法と考えられます。

変形性膝関節症の運動療法・リハビリの注意点

膝周囲の筋肉と鍛えたり、膝のストレッチなどを行う運動療法は、痛みを改善して膝の動きをスムーズにする効果が期待できます。
膝を支える大切な筋肉である大腿四頭筋を鍛えたり、膝関節の可動域を広げることを目的に、体操や運動器具を使用したリハビリテーションが行われます。

また、身体を動かすことによって血行が促進されて痛みが和らぎますし、炎症の原因物質の排出に繋がります。
この他にも、運動療法を行うことで、次のような効果が得られるとされています。

筋力アップ 筋肉の委縮の防止、筋力をつけることで膝関節の負担を軽減します。
関節機能の改善 可動域を広げ、膝を曲げられない(伸ばせない)事態を防止します。
肥満の解消 体重過剰による膝関節の負担を軽減できます。
周辺組織の新陳代謝を高める 老廃物やたまった水が排出される他、軟骨の再生が促進されます。

なお、運動療法は即効性のあるものではありません。
また、間違った方法の運動や、無理のし過ぎは症状の悪化を招くことがあります。
専門家に相談の上、適切なトレーニング・リハビリを根気よく行っていくことが大切です。

変形性膝関節症の薬物療法・ヒアルロン酸注射

変形性膝関節症の治療薬は、対処療法として痛みや炎症を鎮める目的で処方されます。
非ステロイド系抗炎症剤(NSAIDs)などの飲み薬、外用薬(湿布・塗り薬等)、座薬が症状に応じて用いられています。

また、膝に直接打つ、ヒアルロン酸注射が行われることもあります。
関節液に含まれる成分であるヒアルロン酸は、軟骨を守り、関節の動きを滑らかにするなど、膝関節の機能を正常に保つ働きをしています。

減少したヒアルロン酸を補うことで、軟骨の摩耗を防止して痛みや炎症の緩和効果が期待できます。
関節がスムーズに動くようになる上、変形性膝関節症の進行を遅らせることが出来ますが、多くの場合、数回に渡り継続して行う必要があります。

さらに強い痛みがある場合は、関節内ステロイド注射が行われます。
症状の緩和には非常に有効な反面、骨が脆くなったり感染症を発症しやすくなるなど副作用の心配があるため、医師とよく相談する必要があるでしょう。

変形性膝関節症は手術で治る?リスクは?

保存的な治療を行ったにも関わらず、変形膝関節症の症状に改善が見られないケースでは手術療法が選択されます。
外科手術は、日常生活に支障をきたしている患者さんなどに行われる、いわば最終手段とも言える治療です。

主な手術方法と特徴は次の通りです。

関節鏡視下手術

内視鏡を入れ、関節の摩耗に伴って生じた半月板や軟骨、骨棘などを切除し、関節内を洗ってクリーニングします。
根本的な治療とは言えませんが、刺激がなくなることで膝の炎症や痛みを軽減できます。
また、小さな穴を数か所空けるだけで行えるため、患者さんの負担が少ないというメリットがあります。

高位脛骨骨切り術

骨を一部切り取ることでO脚を矯正し、痛みを改善します。
正座やスポーツも概ね大丈夫になりますが、長期入院に加えて回復までに約半年を要することから、患者さんの負担が大きいと言えます。

人工膝関節置換術

著しい変形や強い痛みによって、日常生活が困難になった患者さんの膝関節を人工関節に置き換える手術です。
なお、人工関節の耐久性は約20年とされ、再度手術が必要になる可能性があります。
可動域が狭まるため正座がしにくくなるなどのデメリットがあります。

大腿四頭筋の筋トレが効果的?変形性膝関節症の予防法

大腿四頭筋の筋トレが効果的?変形性膝関節症の予防法

変形性膝関節症は、加齢の他、生活習慣による影響が大きい疾患です。
よって、適度な運動で膝周辺の筋力を維持したり、バランスの良い食事で肥満に気を付けるなど、日頃から膝の負担を軽減する生活を送ることが大切と言えるでしょう。
膝にあまり負担を掛けないように心掛けることで、変形性膝関節症の予防や進行防止効果が期待できます。

膝の周辺組織の中でも重要なのが、大腿四頭筋(太ももの前側の筋肉)です。
大腿四頭筋の筋トレを行うことで膝が安定しますし、柔軟性も高まるため膝の曲げ伸ばしが出来なくなるリスクを軽減できます。
やり方は簡単で、仰向けに寝転んだり、椅子に座った状態で片足を上げる体操や、スクワットなどが適しています。

この他にも、次のようなセルフケアや生活上の工夫で、膝の負担を軽減し変形性膝関節症を予防する事が出来ます。

  • サポーターなどを利用して膝を温めて血行を促進しましょう
  • 正座や和式トイレなど、膝に負担の掛かる動作はなるべく避けます
  • 足に合った靴を履き、必要に応じて杖などの補助具を使用しましょう

変形性膝関節症のまとめ

変形性膝関節症のまとめ

変形性膝関節症は、老化など様々な原因によって膝に炎症や痛み、変形が生じます。
放置すると次第に進行し、膝の曲げ伸ばしができなくなったり、歩くことも困難になる疾患です。

発症後、膝関節を完全に元通りにすることは難しいですが、症状が軽いうちから治療を行うことで、進行を遅らせることができます。
痛みをコントロールしながら、普段通りの生活を送ることも、もちろん可能です。

そのためにも、朝の膝の違和感やこわばりなど、変形性膝関節症の初期症状を見逃さないことが大切です。
発症が疑われる場合は、速やかに整形外科を受診するようにしましょう。


【関節痛・神経痛のサプリ・医薬品オススメ3選】

当サイトでオススメしている関節痛・神経痛の医薬品・サプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. リョウシンJV錠

    リョウシンJV錠のランキングリョウシンJV錠

    第3類医薬品という事で、関節痛・神経痛に効く事が認められています。他の医薬品と異なるのは、6つの有効成分が配合されており、身体の内側から効く事です。1日1回の服用なので面倒な事もないのが特徴となっています。価格が初回1,900円というのも選ばれる理由です。

  2. グルコンEX錠プラス

    グルコンEX錠プラスのランキンググルコンEX錠プラス

    医薬品という事で、サプリメントとは異なり、関節痛・神経痛の効果がある事が実証されています。改善・治療だけではなく、痛みの緩和の効果もあります。また、薬剤師が常駐しており、専門家の立場からサポートをしてもらえるのも、安心して飲む事が出来る要因と言えます。

  3. 北国の恵み

    北国の恵みのランキング北国の恵み

    関節痛の原因と言われている軟骨ですが、軟骨のクッションの役割がある「プロテオグリカン」が配合されています。サプリメントなので、効果は実証されていませんが、しっかりと栄養補給をする事が出来ます。GMP工場で作られており、品質も問題ありません。480円からのお試し価格も魅力です。

  4. マイケア イタドリ

    イタドリのランキングイタドリ

    即効性のある天然の鎮痛成分で痛みの緩和をします。関節痛の良いとされている成分「グルコサミン」「コンドロイチン」「Ⅱ型コラーゲン」が含まれています。サプリという事で効果は実証されていませんが、栄養補給には抜群です。全額返金保証付きなので、安心して利用する事が出来ます。