関節痛は冷やす?温める?

関節痛は特別な事ではなく、誰もがなる可能性があります。
実際に関節痛に悩まされている方も多いのではないでしょうか。

いざ関節痛になった場合、冷やした方が良いのか、温める方が良いのか、迷う方もいます。
当日ページでは、関節痛は冷やすのか、温めるのか、という事について焦点を当てて記載していきます。

関節痛になったら冷やす?それとも温める?

関節痛は、一般的に温めて血行を良くする事が効果的と言われています。
間違いではありませんが、鵜呑みにすると、逆に症状を悪化させることにも繋がりますので、十分に注意しなければなりません。

関節痛になる原因は様々です。
その原因によって、温めるのか冷やすのか、処置が異なります。

冷やした方が良い場合

炎症による関節痛の場合には、冷やすことによって、血量を下げる事が効果的とされています。
いわゆる腫れた状態の場合には冷やすという事ですね。

スポーツなどを行って生じた関節痛の場合には、ほとんど炎症なので、冷やすのが正解です。
湿布を貼る、氷を当てるというのは正しい処置と言えます。

温めた方が良い場合

筋収縮等による関節痛の場合には、筋肉が堅い・血行が悪い事が原因なので、温めなければなりません。
筋肉・関節が疲労を起こすことで、血行が悪くなることが原因とされています。
慢性的なので、関節痛がなかなか治らないという方は、筋収縮等による関節痛の可能性が高いと言えます。
座りっぱなし、立ちっぱなしなど、同じ姿勢を取り続けたりすると、なりやすい関節痛です。

状況に応じて、関節痛の処置をしなければ、逆に悪化する可能性もありますので、十分に注意するようにしましょう。

関節痛で冷やすのか、温めるのか迷った場合

関節痛で冷やすのか、温めるのか迷った場合

スポーツなどによる炎症の関節痛であれば、腫れるので分かりやすいと思います。
しかしながら、どちらか判断しにくいという方も人によってはあります。

痛みが出てから2~3日は冷やして、長引くようであれば、温めるという方法に切り替えるという流れが自然です。
ただし、冷やす、温めるの間違った処置をすると、逆に悪化する可能性があるため、慎重な判断が必要となります。
そのため、医師による判断が一番確実に分かる方法と言えます。

関節痛を医薬品・サプリで治療する

関節痛は、正しい治療をしなければ、一行に良くなる事はないと言えます。
また、病院に行ったからと言っても、すぐに治るものでもありません。
病院に行くこともひとつの手段ですが、医薬品・サプリで治療するという方も多くいます。

特にオススメしているのは、「グルコンEX錠プラス」という医薬品です。
痛み緩和のためのコンドロイチン、症状緩和のビタミンなどが配合されています。
医薬品という事もあって、効果も非常に高く、関節痛に悩んでいる方は、試してみる事をオススメします。


【関節痛・神経痛のサプリ・医薬品オススメ3選】

当サイトでオススメしている関節痛・神経痛の医薬品・サプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. リョウシンJV錠

    リョウシンJV錠のランキングリョウシンJV錠

    第3類医薬品という事で、関節痛・神経痛に効く事が認められています。他の医薬品と異なるのは、6つの有効成分が配合されており、身体の内側から効く事です。1日1回の服用なので面倒な事もないのが特徴となっています。価格が初回1,900円というのも選ばれる理由です。

  2. グルコンEX錠プラス

    グルコンEX錠プラスのランキンググルコンEX錠プラス

    医薬品という事で、サプリメントとは異なり、関節痛・神経痛の効果がある事が実証されています。改善・治療だけではなく、痛みの緩和の効果もあります。また、薬剤師が常駐しており、専門家の立場からサポートをしてもらえるのも、安心して飲む事が出来る要因と言えます。

  3. 北国の恵み

    北国の恵みのランキング北国の恵み

    関節痛の原因と言われている軟骨ですが、軟骨のクッションの役割がある「プロテオグリカン」が配合されています。サプリメントなので、効果は実証されていませんが、しっかりと栄養補給をする事が出来ます。GMP工場で作られており、品質も問題ありません。480円からのお試し価格も魅力です。

  4. マイケア イタドリ

    イタドリのランキングイタドリ

    即効性のある天然の鎮痛成分で痛みの緩和をします。関節痛の良いとされている成分「グルコサミン」「コンドロイチン」「Ⅱ型コラーゲン」が含まれています。サプリという事で効果は実証されていませんが、栄養補給には抜群です。全額返金保証付きなので、安心して利用する事が出来ます。