関節痛とヒアルロン酸

多くの化粧品に使われているヒアルロン酸。
その抜群の保水力は、お肌に潤いを与える化粧水や、美容液などに活かされています。

また、私達の身体の中で、肌や髪の潤いを保ち、関節液や軟骨の水分を与え、関節のスムーズな動きを助けているのもヒアルロン酸です。
当ページでは、ヒアルロン酸の働きや、関節痛との関係、効果的な摂取方法についてお話します。

関節痛とヒアルロン酸の関係

美肌成分というイメージの強いヒアルロン酸ですが、関節痛とも密接な関わりがあります。
関節の滑らかな動きをサポートする以外にも、関節の痛みに対する効果があるとされ、治療にも用いられているのです。

では、ヒアルロン酸はどのように、関節痛にアプローチし、症状の緩和に役立つのでしょうか?

関節はクッションの役目をする、軟骨と関節液のおかけで、負荷や衝撃から守られています。
軟骨や関節液には多くのヒアルロン酸が含まれており、その優れた保水効果によって、みずみずしさや弾力が保たれています。
クッション機能の低下は、関節の違和感や痛み原因となることから、ヒアルロン酸の摂取により、関節痛の症状を緩和する効果が期待できると言えるでしょう。

ヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸はコンドロイチンと同じく、ムコ多糖の一種で、体内のいたる所に存在しています。
皮膚・筋肉、軟骨の主成分であり、粘度が高くネバネバとした物質です。

特徴的なのは優れた保水力。
たった1gのヒアルロン酸は、実に6リットルもの水分を保持する事が出来るとされています。
その保水力を活かして、細胞同士を結び付け、潤いを保つ役割を担っています。

また、その特性から、膝などの関節内注射、目薬や化粧品など、様々な方面で幅広く利用されているのです。

ヒアルロン酸の働き

先ほども触れましたが、関節が私達の体重を支えたり、運動時の衝撃にびくともしないのは、軟骨がクッションの役割をしてくれるおかげです。
ヒアルロン酸は、そのクッション機能を維持する働きをします。

ヒアルロン酸が、軟骨や関節液の水分や弾力を保つ事で、強い衝撃も吸収され、大きな負荷に耐えられるのです。
また、ヒアルロン酸が潤滑油的な役目をする事で、関節はスムーズに動きます。

こうした事から、ヒアルロン酸の減少は、関節痛を招きかねないと言えるでしょう。
クッション機能の低下した関節は、軟骨の摩耗を引き起こし、結果的に関節に炎症や痛みが起こると考えられます。

見方を変えれば、不足したヒアルロン酸を補うことで、関節のクッション機能の回復や、痛み・炎症の軽減といった効果に期待が出来ます。
ヒアルロン酸は、軟骨の再生を助ける働きをするとされているため、そうした意味でも関節痛に良い成分と言えるでしょう。

関節痛の治療とヒアルロン酸

関節痛の治療とヒアルロン酸

痛みの原因にもよりますが、一般的な関節痛の治療方法は次の二通りです。

理学療法と呼ばれる、肥満の解消など生活習慣の改善、リハビリ等の運動療法、装具療法や物理療法。
抗炎症剤や鎮痛剤の処方、湿布や塗り薬等の外用薬、ヒアルロン酸・ステロイドの関節内注射を用いた投薬療法。

こうした治療で思ったように症状が改善しない場合は、外科手術等も行われます。

関節痛の治療において、ヒアルロン酸は潤滑油のような使われ方をします。
動きの良くない関節軟骨にさす、潤滑油のようなイメージと言えば分かりやすいでしょうか?

直接痛みに働きかける事はありませんが、滑らかな動きを助け、クッション機能の改善を促します。

飲み薬・サプリメントでヒアルロン酸を摂る

ヒアルロン酸は、加齢とともに徐々に減少し、生成能力も衰えていきます。
体内のヒアルロン酸量は生まれた時がピークで、40代以降は急激に低下すると言われています。

ヒアルロン酸を多く含む食材の代表は、鶏のトサカです。
他にも鶏皮や軟骨、豚足、魚の目玉、フカヒレ、植物性の食品では山芋や海藻に含まれています。

しかしながら、食品に含まれるヒアルロン酸は微量な上、吸収率が低く、熱にも弱いという性質を持ちます。
関節痛に効果的とされる1日の理想的な摂取量、200mgを食事から摂るのは至難の業と言えるでしょう。
こうしたことから、サプリや飲み薬などでの摂取がオススメです。

ヒアルロン酸と共に、関節に良い成分として知られるグルコサミンやコンドロイチン。
また、コラーゲンとヒアルロン酸は助け合って関節の健康を守る成分です。

これらをヒアルロン酸と一緒に摂ることで、関節の痛みに対して、より効果的な働きかけが期待できると考えられます。
医薬品のグルコンEX錠プラスには、上記の成分がバランスよく配合されており、オススメです。

ヒアルロン酸ナトリウム注射の効果

関節痛の治療法の一つとして、膝や肩などに直接、ヒアルロン酸を注射する方法があります。
なお、ヒアルロン酸は、化粧品や薬・サプリなどの製品に用いられる場合は、ヒアルロン酸ナトリウムの形で配合されます。

関節にヒアルロン酸を注入することにより、不足しているヒアルロン酸をダイレクトに補い、関節の動きをスムーズにする効果が期待できます。
また、関節のヒアルロン注射には、炎症や痛みを和らげる、関節内のヒアルロン酸の生成を促す、軟骨の摩耗防止等、関節痛に対して多くの有効な点があるとされています。

ヒアルロン酸注射のメリットとデメリット

ヒアルロン酸注射には、治療時間が短いため、忙しい方でも受けることが可能です。
また、手術などと比べると、身体に受けるダメージも小さくて済むという点がメリットでしょう。

一方、アレルギーや、細菌感染などの合併症のリスクもないとは言いきれません。
細菌感染により、関節痛の症状が悪化するケースも考えられるため、信用出来る医療機関で治療を受けることが大切です。

ヒアルロン酸注射の費用や副作用

このように、関節痛に有効なヒアルロン酸注射ですが、効果は徐々に現れるため、継続して打つ必要があります。

一般的に最初は週に一度のペースで5回。
症状の改善が見られた場合は、月に2回、又は1回と回数を減らしていきます。
費用は病院によって異なりますが、相場は4万円から6万円と言われています。

アレルギーや感染症の恐れはありますが、もともと私達の身体に存在する成分ですから、ヒアルロン酸を補うことによる副作用については心配ないでしょう。

関節痛とヒアルロン酸のまとめ

関節痛とヒアルロン酸のまとめ

軟骨や関節液を、健全な状態に保つ働きをするヒアルロン酸。
関節痛の治療にも用いられています。
また、加齢によって減少するヒアルロン酸を補うことで、症状の緩和や予防についての効果も期待ができます。
食事による摂取は効率的でないことから、グルコンEX錠プラスなど、医薬品やサプリで摂ることが現実的と言えるでしょう。


【関節痛・神経痛のサプリ・医薬品オススメ3選】

当サイトでオススメしている関節痛・神経痛の医薬品・サプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. リョウシンJV錠

    リョウシンJV錠のランキングリョウシンJV錠

    第3類医薬品という事で、関節痛・神経痛に効く事が認められています。他の医薬品と異なるのは、6つの有効成分が配合されており、身体の内側から効く事です。1日1回の服用なので面倒な事もないのが特徴となっています。価格が初回1,900円というのも選ばれる理由です。

  2. グルコンEX錠プラス

    グルコンEX錠プラスのランキンググルコンEX錠プラス

    医薬品という事で、サプリメントとは異なり、関節痛・神経痛の効果がある事が実証されています。改善・治療だけではなく、痛みの緩和の効果もあります。また、薬剤師が常駐しており、専門家の立場からサポートをしてもらえるのも、安心して飲む事が出来る要因と言えます。

  3. 北国の恵み

    北国の恵みのランキング北国の恵み

    関節痛の原因と言われている軟骨ですが、軟骨のクッションの役割がある「プロテオグリカン」が配合されています。サプリメントなので、効果は実証されていませんが、しっかりと栄養補給をする事が出来ます。GMP工場で作られており、品質も問題ありません。480円からのお試し価格も魅力です。

  4. マイケア イタドリ

    イタドリのランキングイタドリ

    即効性のある天然の鎮痛成分で痛みの緩和をします。関節痛の良いとされている成分「グルコサミン」「コンドロイチン」「Ⅱ型コラーゲン」が含まれています。サプリという事で効果は実証されていませんが、栄養補給には抜群です。全額返金保証付きなので、安心して利用する事が出来ます。