関節痛と女性

女性に多い、手指や足の関節痛。
家事や育児などで手先を使う事の多い女性にとって、関節の痛みやしびれは切実な問題でしょう。

一般的に関節痛の原因は、加齢、使い過ぎや怪我、リウマチなどとされています。
それに加えて、女性ホルモンが関節痛に影響を与える事が分かっています。

こちらでは、女性ホルモンと関節痛の関係、更年期による関節痛の原因、対処の仕方や治療法。
また、症状の緩和効果に期待が持てる、医薬品・サプリ、食品などについてお話したいと思います。

手指の関節痛は更年期障害が原因?

更年期にさしかかった女性には、様々な体調の変化が見られますが、関節痛もその症状の一つです。

閉経を挟む前後約10年間、45~55歳くらいの女性は、卵巣機能の低下に伴い、更年期障害と呼ばれる不快な症状に悩まされることが多くなります。
頭痛や関節の痛み、ほてりの他、イライラする、気分が落ち込むなど、40代以降の女性は、ホルモンバランスの乱れによる心身の不調が生じやすいと言えます。

では、更年期の女性が、手指・足などの関節痛を発症しやすくなるのは、何故なのでしょうか?
女性ホルモンと関節痛は、どのように関わっているのでしょうか?

女性ホルモンの低下と関節痛

女性ホルモンの低下と関節痛

閉経が近づくと卵巣の機能が低下し、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減少します。
エストロゲンは、軟骨の新陳代謝に深く関わっている他、骨や筋肉の構成物質であるコラーゲンの生成を促す働きをしています。

よって、体内の女性ホルモンの減少は、軟骨や筋肉・腱などの関節周辺組織の劣化を招くと言えるでしょう。
軟骨の弾力が低下し、クッション機能が失われる上、関節を支える筋肉が衰える事で、関節痛を発症しやすくなるのです。

また、エストロゲンは、血管の柔軟性を保つ働きもしているため、更年期の女性は、血流不足になりがちです。
血行不良や身体の冷えは、老廃物の蓄積や、筋肉のこり・緊張を引き起こし、こわばりや関節痛を誘因すると考えられます。

更年期の女性の関節痛の症状

なんだか関節がこわばる感じがする、動かした時に関節が「ポキポキ」と乾いた音で鳴る。
これらは、更年期障害に起因する関節痛の初期症状の可能性があります。

女性ホルモンの減少による関節痛は、多くの場合、手や足の関節に痛みや、違和感が生じるのが特徴です。
悪化すると、握力低下、全身の関節にしびれや痛みが及ぶこともあるため、日常生活に支障をきたしかねません。

更年期(女性ホルモン減少)による、関節痛の主な症状は次の通りです。

  • 関節がポキポキ鳴る
  • 朝の指のこわばり感、手首の痛みやしびれ
  • 踵や足首の痛み、しびれ
  • 肩こりや腰痛

更年期による関節痛と同じく中高年の女性に患者が多く、朝に手指がこわばるという症状を持つ疾患にリウマチがあります。
リウマチは進行すると、関節の変形や深刻な合併症の恐れがある病気ですから、二つをしっかり区別をする必要があるでしょう。

更年期の関節痛の場合、朝のこわばり感は短時間で解消することが多くなっています。
これに対して、起床後一時間以上経っても手指のこわばりが続く場合は、リウマチの疑いもありますので、医師の診断を受けることをお勧めします。

20代・30代の女性と関節痛

近年、若い世代の女性の中にも、関節痛に悩む方が増えています。

加齢や更年期など、これまでお話した関節痛の原因とは、あまり関係がなさそうな若い女性がなぜ?と思われることでしょう。
これは、食生活や生活スタイルの変化によって、若い女性でもホルモンバランスが乱れやすくなっている事が、一因と考えられています。

また、更年期に限らず、妊娠・出産期に当たる20~30代は、女性ホルモンが大きく変化する時期でもあります。
特に産後は、エストロゲンの分泌が急激に減少するため、出産後の女性は関節痛を発症しやすい状況にあると言えるでしょう。

女性ホルモン減少による関節痛の対処法

女性ホルモン減少による関節痛の対処法

では、女性ホルモン(エストロゲン)の減少に伴う関節痛には、どのような治療や対処法があるのでしょうか?
痛みやしびれなど、辛い症状の改善に、有効とされる方法をご紹介します。

更年期の関節痛に効果的?医薬品・サプリ・食品

更年期による関節痛は、不足している女性ホルモンを補ったり、軟骨・関節に良い成分を摂ることで、緩和効果が期待できます。

代表的な栄養素として挙げられるのは、エストロゲンとよく似た作用をする、大豆製品に含まれる大豆イソフラボンです。
また、ビタミンB1やビタミンEは、ホルモンバランスを整える働きをします。
血行を促進する、ビタミンB群の摂取も有効でしょう。

ビタミンEが多い食品 南瓜、アーモンド、アボカド
ビタミンB群が多い食品 大豆由来製品、レバー、牛乳、卵

その他、関節や軟骨の健康を守る役割をする、コンドロイチン・グルコサミン・コラーゲンなどの摂取もオススメです。

コンドロイチンは軟骨の弾力維持以外に、痛みを軽減する作用を持つとされ、グルコサミンは炎症を鎮める働きをしてくれます。
これらは食事のみからでは十分な量を摂取することが難しいため、医薬品のリョウシンJV錠などの利用が効率的でしょう。

⇒リョウシンJV錠の公式サイトを見てみる。リョウシンJV錠

更年期の関節痛のセルフケア、治療法

ホルモンバランスの乱れによる、血行不足や筋力の衰えも、更年期の関節痛の一因となっています。
よって、血行を促進し、筋力アップにも繋がる軽い運動を行うことで、症状を和らげる効果が期待できます。

ウォーキング、水泳などの水中運動、ストレッチやラジオ体操など、関節に負担の掛かり過ぎない運動が適しているでしょう。
また、ゆっくりお風呂に入ったり、ハンドウォーマーやサポーターを利用して、患部や身体を温めることも有効です。

こうしたセルフケアで症状が改善しない場合は、婦人科を受診して治療を受けるのも、選択肢の一つでしょう。
不足しているエストロゲンを薬で補ったり、女性ホルモンのバランスを整える、ホルモン補充療法が一般的です。
この他にも、必要に応じて鎮痛剤・抗炎症剤や、漢方薬の服用、鍼灸など、様々な治療法があります。

関節痛と女性のまとめ

関節痛と女性のまとめ

このように、更年期の女性は、ホルモンの減少に伴い、関節痛を発症しやすくなります。
また、更年期に限らず、妊娠や出産など、女性のライフステージには、エストロゲンが大きく変動する期間があり、その間も関節にトラブルが生じやすいと言えます。

運動やセルフケア、食事などの面から、関節痛を和らげることも出来ますが、サプリ等の利用が効率的でしょう。
関節や軟骨に良いとされる成分を配合した、医薬品のリョウシンJV錠がオススメです。

なお、関節痛の症状があまりに辛く、日常生活に支障が出るような場合は、婦人科などで受診し、治療を受けることが望ましいでしょう。


【関節痛・神経痛のサプリ・医薬品オススメ3選】

当サイトでオススメしている関節痛・神経痛の医薬品・サプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. リョウシンJV錠

    リョウシンJV錠のランキングリョウシンJV錠

    第3類医薬品という事で、関節痛・神経痛に効く事が認められています。他の医薬品と異なるのは、6つの有効成分が配合されており、身体の内側から効く事です。1日1回の服用なので面倒な事もないのが特徴となっています。価格が初回1,900円というのも選ばれる理由です。

  2. グルコンEX錠プラス

    グルコンEX錠プラスのランキンググルコンEX錠プラス

    医薬品という事で、サプリメントとは異なり、関節痛・神経痛の効果がある事が実証されています。改善・治療だけではなく、痛みの緩和の効果もあります。また、薬剤師が常駐しており、専門家の立場からサポートをしてもらえるのも、安心して飲む事が出来る要因と言えます。

  3. 北国の恵み

    北国の恵みのランキング北国の恵み

    関節痛の原因と言われている軟骨ですが、軟骨のクッションの役割がある「プロテオグリカン」が配合されています。サプリメントなので、効果は実証されていませんが、しっかりと栄養補給をする事が出来ます。GMP工場で作られており、品質も問題ありません。480円からのお試し価格も魅力です。

  4. マイケア イタドリ

    イタドリのランキングイタドリ

    即効性のある天然の鎮痛成分で痛みの緩和をします。関節痛の良いとされている成分「グルコサミン」「コンドロイチン」「Ⅱ型コラーゲン」が含まれています。サプリという事で効果は実証されていませんが、栄養補給には抜群です。全額返金保証付きなので、安心して利用する事が出来ます。