kankai(カンカイ)の評判・口コミ

辛いリウマチや神経痛などの痛みで悩む方のために、入浴剤のkankai(カンカイ)が開発されました。
自社のモニター調査によると91.7%の納得度を得ており、自宅のお風呂へと入れるだけの入浴剤なので使い方は簡単です。

kankai(カンカイ)が、どのような症状で悩む方に効果的なのか幾つか見ていきましょう。

  • お風呂から上がった後でも身体の冷えが気になる
  • 手指が強張って重い荷物を持てない
  • 関節リウマチによる痛みが酷くなっている
  • 朝になると膝の曲げ伸ばしが苦痛になる
  • 就寝前に関節がジンジンと痛んで眠れない
  • 病院で処方されている医薬品だけでは効果がない
  • 効能のある温泉に何回も通うことはできない

中でもリウマチで悩んでいる方に適した入浴剤で、「温もる」「解れる」「楽に動く」という3つの状態へと促してくれます。

リウマチと一口に言っても、16歳以下で発症する若年性関節リウマチ、血管炎を伴う悪性関節リウマチ、周期的に痛みや熱感を繰り返す悪性関節リウマチなど様々ですが、以下の要因で痛みが酷くなりやすい点では一緒です。

・冷え性体質で気温の高い夏場でも体温が低下している
・血行不良によって関節の柔軟性が悪くなっている
・睡眠不足によるストレスで免疫力が低下している

冷え性による血行不良には特に注意しなければならず、自宅温浴ケアを促すためにkankai(カンカイ)が開発されました。
「リウマチ」「神経痛」「冷え性」といった症状で悩む専用の薬用入浴剤で、入浴時にしっかりと身体を温めていれば、痛みや腫れが引き起こされにくい状態へと導いてくれます。

>>kankai(カンカイ)の公式サイトはこちら。

kankai(カンカイ)の評判や口コミをチェック!

入浴剤のkankai(カンカイ)が、どんな口コミの評判を得ているのかまとめてみました。

kankai(カンカイ)の良い口コミ

・朝までグッスリと眠れて関節の強張りがなくなりました
・気温の低い冬場でもポカポカと身体が温かくなっています
・何となく身体の調子が良くなった気がします
・30日間返金保証制度が取り入れられているので初めての方でも安心ですよ
・病院や鍼灸院では治らなかったリウマチの痛みが良くなりました
・入浴剤による入浴とストレッチを併用すれば節々の痛みはかなり改善されます
・このままkankai(カンカイ)を使って体調を取り戻していきたいです

kankai(カンカイ)の悪い口コミ

・まだ使用してから1ヶ月くらいなので変化は実感できていません
・和漢パックの方は生薬の香りが強いので私はちょっと苦手でした
・安眠効果は期待できますがコスパはあまり良くありませんね

⇒肩・腰・膝などの関節痛に効く医薬品を見てみる。リョウシンJV錠
※管理人も利用しました。

kankai(カンカイ)に含まれている成分や生薬は?

kankai(カンカイ)に含まれている成分や生薬

kankai(カンカイ)は、和漢パックとローズミルキーバスの2種類の入浴剤を使うことにより、相乗効果でリウマチや神経痛の緩和が可能です。

それぞれどのような成分や生薬が含まれているのか見ていきましょう。

和漢パック

甘草(カンゾウ):冷え性を和らげて保湿を促す
当帰(トウキ):活動性を抑えて疲労を回復させる
茯苓(ブクリョウ):冷え性緩和や保湿促進
生姜(ショウキョウ):疲労を回復して神経痛を抑える
十薬(ジュウヤク):疲労回復や保湿を促す

ローズミルキーバス

カミツレエキス:血行を促して保湿性を高める
グリチルリチン酸2K:抗炎症作用で炎症を和らげる
ホホバオイル:肌を保湿して潤いやハリを与える
ミリスチン酸:保湿効果を持つ飽和脂肪酸
トリグリセリル:皮膚の乾燥を防ぐ
サクシノイルアテロコラーゲン:浸透性の高いコラーゲン
パルミチン酸イソプロピル:肌の保護効果や柔軟効果を持つ
ローズの香り:リラクゼーション効果を持つ

和漢パックに関しては、漢方薬としても使われている生薬がバランス良く入っています。

内服薬ではないので体質改善は出来ません。
ただ、冷え性を和らげる効果を持つ生薬が多いので、入浴剤として使用する事で、身体を温める作用が倍増するのです。

ローズミルキーバスに関しては、女性から人気のローズが配合されており、優雅な香りなので気持ちを落ち着かせて心身ともにリラックスできるのは間違いないでしょう。

kankai(カンカイ)の正しい使い方は?

kankai(カンカイ)の正しい使い方

kankai(カンカイ)は、薬局やスーパーで市販されている入浴剤とは使い方が異なります。
どのように毎日のお風呂へと取り入れるのか見ていきましょう。

1.和漢パックは2日間で1パックを消費するのが目安
2.1日目は湯船の中に和漢パックを浮かべるだけ
3.2日目は和漢パックを手で絞ってエキスを出す
4.6日間に渡って和漢パックを使用する(3パックを消費する)
5.1週間に1回を目安にローズミルキーバスを開封してお風呂に入れる

異なる成分を含む2種類の入浴剤が身体へと働きかけ、血行を促したり冷え性を緩和したりする事で、リウマチによる痛みが改善されていきます。

「和漢パックはお風呂へと浮かべる」「ローズミルキーバスは計量することなくそのまま入れる」と使い方は簡単です。
38℃~40℃のぬるま湯の中に入れて20分間を目安に浸かってみてください。

kankai(カンカイ)の価格は?

kankai(カンカイ)の価格

kankai(カンカイ)はAmazonや楽天市場といった通販サイトで取り扱っておらず、公式販売ページから注文するのが一般的です。
多くの方はお得な定期コースへと加入しており、どのような特典があるのか見ていきましょう。

・通常価格12,600円のところ初回は50%OFFの6,300円、2回目以降は57%OFFの5,400円で購入できる
・全国のどの地域へと住んでいても送料や代引き手数料が無料
・30日間返金保証制度が取り入れられているので初めての方でも安心
・お届けの周期や間隔は自由に変更できる
・長く使えば使うほど安くなる

入浴剤による効果は1日や2日であらわれるわけではなく、ある程度は長い期間に渡って継続しなければなりません。
だからこそkankai(カンカイ)は、単品で注文するよりも定期購入の方が圧倒的にお得です。

肌トラブルや肌荒れのリスクはある?

乾燥肌や敏感肌の方でも使えるように、kankai(カンカイ)は身体に悪いと考えられるダメージ成分は一切含まれていません。

  • 石油系界面活性剤
  • 紫外線吸収剤
  • シリコン
  • アルコール

これらの添加物を含まない無添加の入浴剤に仕上げており、肌トラブルや肌荒れのリスクは低くなっています。
もちろん、肌に合う合わないは実際に使ってみなければ分からないので、返金保証制度の間にどんな使用感なのか実際に試してみてください。

⇒肩・腰・膝などの関節痛に効く医薬品を見てみる。リョウシンJV錠
※管理人も利用しました。

kankai(カンカイ)の販売会社概要

会社名:株式会社 未来健医研究所
本社所在地:〒020-0066岩手県盛岡市上田3-15-20
代表者:中平 隆明
ホームページ:kankai(カンカイ)の公式サイトはコチラ

当サイトでオススメしている医薬品
リョウシンJV錠

【関節痛・神経痛のサプリ・医薬品オススメ3選】

当サイトでオススメしている関節痛・神経痛の医薬品・サプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. リョウシンJV錠

    リョウシンJV錠のランキングリョウシンJV錠

    第3類医薬品という事で、関節痛・神経痛に効く事が認められています。他の医薬品と異なるのは、6つの有効成分が配合されており、身体の内側から効く事です。1日1回の服用なので面倒な事もないのが特徴となっています。価格が初回1,900円というのも選ばれる理由です。

  2. グルコンEX錠プラス

    グルコンEX錠プラスのランキンググルコンEX錠プラス

    医薬品という事で、サプリメントとは異なり、関節痛・神経痛の効果がある事が実証されています。改善・治療だけではなく、痛みの緩和の効果もあります。また、薬剤師が常駐しており、専門家の立場からサポートをしてもらえるのも、安心して飲む事が出来る要因と言えます。

  3. 北国の恵み

    北国の恵みのランキング北国の恵み

    関節痛の原因と言われている軟骨ですが、軟骨のクッションの役割がある「プロテオグリカン」が配合されています。サプリメントなので、効果は実証されていませんが、しっかりと栄養補給をする事が出来ます。GMP工場で作られており、品質も問題ありません。480円からのお試し価格も魅力です。

  4. マイケア イタドリ

    イタドリのランキングイタドリ

    即効性のある天然の鎮痛成分で痛みの緩和をします。関節痛の良いとされている成分「グルコサミン」「コンドロイチン」「Ⅱ型コラーゲン」が含まれています。サプリという事で効果は実証されていませんが、栄養補給には抜群です。全額返金保証付きなので、安心して利用する事が出来ます。