肩こり

肩こりにお悩みの方は男女を問わず非常に多く、日本人の国民病と表現されることもあります。
これまでに一度も肩こりになった事がないという方は、恐らくごく少数でしょう。

実際、厚生労働省の国民生活基礎調査(平成25年度)によれば、何だかの自覚症状を持つ方のうち、肩こりの占める割合は男性2位、女性は1位となっています。

肩こりは、その痛みが辛いだけでなく、悪化すると頭痛や吐き気を伴う事もあります。
また内臓疾患などの症状の一つとして、肩こりが生じるケースもあり注意が必要です。

こちらでは、肩こりの原因と解消法、病気に伴う肩こりの症状・病名についてお話したいと思います。
また、ストレッチなどによって自分で肩こりを治す方法、効果的な予防法も解説していきます。

肩こりって何?治し方は?

肩こりとは、肩や首の筋肉の緊張により、重苦しい、こわばり感、張りや痛みなどが生じている状態を示します。
そうした違和感や痛みの感じ方は人それぞれで、中には冷える、ジンジンするとおっしゃる方もいます。

つまり「肩こり」という名前の病気はなく、あくまでも各々が肩周辺に感じる痛みなどの症状の総称なのです。
発症原因についても肥満や生活習慣、老化、ストレスなど様々な理由が考えられます。

よって、原因に応じた対処法・治療法を行うことが大切になります。

肩こりの痛み・症状

肩こりの痛み・症状

肩こりの痛みや違和感は、背中の表面の筋肉(僧帽筋)が緊張し、疲労や負担がたまることで起こります。
こうした負担が続くと僧帽筋だけでなく、深い場所の筋肉にまでこりが広がるため、次第に痛みやこわばりを感じる範囲が拡大していきます。

また、肩こりの痛みの感じ方には、場所によって違いがあります。
首から肩上にかけては、まるで物を乗せているような重苦しさや違和感、肩甲骨周辺のこりについては、背中に鉄板など硬い物が入っているようだと表現する方が多いようです。

なお、重症の肩こりを放置すると、首から肩にかけての筋肉の強い緊張から、頭痛、手の痛み・しびれ、目の奥が痛むなどの症状を起こすことがあります。
肩こりを感じたら、早めに適切な対処を行い悪化を防止しましょう。

病気かも?こんな肩こりは要注意

先述の通り、肩こりに関連して目の奥の痛みなど、肩以外の部位に症状が及ぶ可能性があります。
一方、肩こりが別の病気の一症状として現れる場合もあり注意が必要です。

肩こりを伴う主な疾患は次の通りです。

  • 内臓疾患 狭心症、肺や肝臓疾患、胃腸の病気、高血圧など
  • 整形外科疾患 頚椎椎間板ヘルニア、頸肩腕症候群、五十肩など
  • その他 更年期障害、うつ病、貧血、偏頭痛など

特に、肩こりと併せてめまいや吐き気、頭痛などが見られた時は、いわゆる「肩こり」ではなく、何だかの疾患の疑いがあります。
経過観察で症状の悪化を招く恐れがあるので、速やかに医師の診断を仰ぐべきでしょう。

肩甲骨がキーポイント?肩こりの原因・メカニズム

肩甲骨がキーポイント?肩こりの原因・メカニズム

頭部の重さは4キロ以上もあると言われています。
その頭を細い首と肩で支えているわけですから、背中の筋肉(僧帽筋)の負担は相当なものでしょう。

さらに、肩や腕を上下に動かす際に一緒に動く大きな関節である肩甲骨や、両腕の重さを支えているのも肩周辺の筋肉です。
肩は、筋肉の緊張によってこわばりや、乳酸などの疲労物質が蓄積しやすい部位であると言えるでしょう。

硬くなった筋肉が血行不良を引き起こし、筋肉内にはさらに疲労物質がたまります。
疲労物質が周囲の抹消神経を刺激するため、肩の痛みが生じるというのが肩こりのメカニズムです。

特に筋肉疲労が起きやすいのが肩甲骨の周辺でしょう。
肩甲骨の周りには腕などの上半身を動かす時に使われる筋肉が、重なり合うように集まっているため、大きな負担が掛かります。

肩甲骨の動きがスムーズでないと、僧帽筋だけでなく深い位置の肩甲挙筋や、菱形筋などの動きも悪くなり、肩がこりやすくなります。
つまり、肩甲骨周辺の柔軟性の有無が、肩こり発症に関するキーポイントであると言えるのです。

しかし、最近は肩甲骨の可動域が狭くなり、ガチガチに硬くなってしまっている方が多くなっています。

姿勢や眼精疲労が肩こりの原因?

姿勢が悪かったり、同じ姿勢で作業を続けると肩がこりやすくなります。

悪い姿勢や、デスクワークなどで長時間同じ姿勢を続けることは、肩甲骨周囲の筋肉のバランスを崩します。
特に、パソコンや読書などをする際の姿勢には注意が必要でしょう。

知らず知らずのうちに、頭が前に出て猫背になりがちではありませんか?
頭の重さを支えるために、肩甲骨の周りだけでなく、首から肩にかけての筋肉の負担も大きくなります。
作業を行う場合は、背筋を伸ばして正しい姿勢を心掛けましょう。

また、眼精疲労も首・肩の筋肉の緊張の原因となります。
ディスプレイを長時間見続けることを避け、時々遠くを眺めて目を休ませるのがオススメです。

運動不足で肩こりになる?

寒さや運動不足も肩こりの原因の一つです。
気温が低い時や、運動不足は血行不良を招くため、筋肉疲労が蓄積しやすい状況になります。

さらに、慢性的な運動不足によって筋力が低下すると、肩甲骨の動きも悪くなります。
肩甲骨をスムーズに動かすためにも、適度に身体を動かして筋肉の柔軟性を維持することが大切です。

ストレスや自律神経が肩こりと関係あるの?

精神的なストレスも肩こりの原因となります。
特に女性に多いのですが、ストレスによって自律神経のバランスが崩れる事で、肩こりを始めとした身体の痛みが起こるとされています。

ストレスを感じると交感神経が優位になるため、リラックスできず、身体は常に張りつめたような状態になります。
そうした緊張感から筋肉の疲労やこわばりを招き、肩こりを生じやすくなるのです。

高血圧や内臓疾患が肩こりに影響する?

その他、内臓疾患や高血圧に伴って肩こりが起きる場合があります。

いわゆる「肩こり」は、温めたりマッサージなどで症状が和らぐことが多いものです。
しかし、そうした対処法を行っても全く改善が見られなかったり、次第に悪化する時は病気による痛みの可能性があります。

肩こりの他に、背中や胸の痛み、めまい、動悸などの症状が見られた場合は、特に注意が必要でしょう。
次のような内臓疾患に伴う肩こりの疑いがありますので、放置しないで医療機関を受診するようにして下さい。

  • 心筋梗塞や狭心症→肩の痛みや左側の背中・胸の痛みを伴うことが多いです。胸の締めつけ感や、胸やけにも要注意。
  • 肝炎→肝臓に近い横隔膜の影響で肩周辺の痛みが見られます。右の首から肩の後ろ側の痛みや倦怠感を伴うことがあります。
  • 肺結核や肺膜炎→咳、倦怠感、微熱などの他、初期症状に肩こり・背中の痛みが見られます。
  • 下痢や便秘など→胃腸が弱っている時には肩こり、肩甲骨付近の痛みが生じることがあります。

肩こりを自分で治す方法・予防法

肩こりを自分で治す方法・予防法

肩こりは簡単なセルフケアで症状を和らげたり、予防をすることが出来ます。

一番のポイントは肩周辺の血行促進です。
患部を温めたり、ストレッチや運動によって、血流を良することは肩こりの緩和に繋がります。

また、正しい姿勢を心掛けたり、同じ姿勢・動作を続けないようにして、肩の筋肉に負担の少ない生活をするのも良い方法でしょう。
強いストレスも肩こりの原因となりますから、上手に解消して精神的なストレスを溜めこまないことも大切です。

肩甲骨はがしストレッチ・体操で肩こりを改善

肩こりの予防には、肩甲骨の周囲を柔軟に保ち、動きを良くすることが大切です。
しかし、肩甲骨をスムーズに動かせなくなっている方が非常に増えています。

あなたは上下から背中に手を回し、対角線上で右手と左手を繋げますか?
指先が触れるだけでも問題ありませんが、いかがでしょうか?

ちょっと難しいなという場合、肩甲骨の動きが悪くなっているサインです。
ガチガチ肩甲骨にならないように、ストレッチや体操で、肩甲骨の動きを良くして可動域を広げましょう。

「肩甲骨はがし」と呼ばれるストレッチはいくつかありますが、簡単な物を一つご紹介します。

1.まず腕を後ろ手に組み、出来る限り高く腕を上げていきます。
2.肩甲骨を意識しながら、背筋をしっかりと伸ばして胸を張るのがポイントです。
3.その状態で身体を左右にひねりましょう。
4.1セットごとに身体を緩めて、3から5セット繰り返します。

無駄な力が入るのを防ぐため、息は止めるのではなく自然に呼吸をします。
無理をすると怪我に繋がりますから、筋肉が伸ばされ、ご自分が気持ちいいと感じるくらいに留めましょう。
なお、お風呂上りなど、身体が温まっている状態でストレッチを行うのが理想です。

マッサージや運動で肩こりを緩和

血行を促進し、蓄積した老廃物や疲労物質を流すという意味で、マッサージやツボ押しは肩こりの緩和に有効と言えます。
しかし、適切な方法で行わなければ、筋繊維を痛めたり、かえって血行が悪くなる恐れがあります。

ぐいぐいと乱暴に揉んだり叩いたりするのではなく、患部を温めながら優しくほぐすように行うのが良いでしょう。
アロマオイルなどを使用するとリラックス効果も得られ、相乗効果が期待できます。

先ほどお話した通り、運動不足は肩こりの原因の一つです。
適度な運動は筋力を鍛えるだけでなく、血行を促して筋肉の緊張をほぐしてくれます。
肩こりの改善や予防には、腕をしっかり振るウォーキングや水泳など、全身を使う有酸素運動がオススメです。

肩こりに効く飲み薬・漢方薬とは

ひどい肩こりの軽減するためには、市販されている消炎鎮痛剤を服用するのも一つの方法です。
しかしながら、そうした痛み止めは、副作用で胃腸を刺激する場合があり、長期間飲み続けことは難しいと言えます。

急性期の強い痛み以外には、身体に優しく、副作用の心配が少ない漢方薬も適しています。
肩こりに効くとされる漢方薬には、独活葛根湯や桂枝茯苓丸があります。

この他、血行を促進するビタミンEや、末梢神経に働き掛けるビタミンB群の摂取も効果的です。
様々な市販薬が販売されていますが、ビタミンB群をはじめとする有効成分が、身体の内側から肩こりを和らげる医薬品のリョウシンJV錠をオススメします。

肩こりの治療法は?病院は何科?

肩こりの治療法は?病院は何科なのか

肩こりの痛みが強い、セルフケアを行っても症状の改善が見らないといった場合は病院を受診しましょう。

内臓疾患や、神経的な病気が原因の可能性もありますが、まずは整形外科で診察を受けます。
その上で別の疾患が疑われる場合は、内科や脳神経外科・神経内科などと連携して、さらに詳しい検査が行われます。

一般的な肩こりの治療法は次の通りです。

薬物療法

肩こりで処方される薬には、湿布や塗り薬などの外用薬と飲み薬があります。

代表的な内服薬は、筋肉を緩めることで緊張をほぐし血行を促進する筋弛緩剤と、炎症を鎮める鎮痛消炎剤です。
この他にも、末梢神経の機能を正常化するビタミンB群や、血流不足を解消するビタミンEを補う目的でビタミン剤が処方されます。
なお、副作用として筋弛緩剤には脱力感と眠気、鎮痛剤は胃腸への刺激などの症状が見られることがあり注意が必要でしょう。

痛みが強く重症な場合には、神経ブロック注射やステロイド注射が行われます。
患部に直接薬剤を注入する事で、つらい肩こりの痛みを素早く解消することが可能です。

理学療法

理学療法は身体の機能を回復させることで、慢性的な肩こりや痛みを改善する目的で行われます。

温熱療法

患部を温めることで血流の改善・筋肉の緊張を緩めます。
温湿布やホットパックの他、超音波、低周波などで肩を温めたり、刺激を与えます。

けん引

身体を固定して専用の器械で首などを引っ張る治療法で、頚椎の神経圧迫部分の負担を軽減したり、筋肉の緊張を和らげることで肩こりを改善します。

マッサージ療法

肩こりの大きな原因である筋肉の血行不良を改善し、硬くなった筋肉をほぐすことで症状を緩和する治療法です。

運動療法

専門医の指導の下、肩こりに有効な筋トレ・ストレッチなどを行い、筋力の低下を防止や肩関節の負担軽減を目指します。
肩こりに関連する肩甲骨まわりの筋肉などを積極的に動かしたり、マシーンや重りで負荷を掛けながら効率的に筋力アップを行なう方法もあります。

筋力が衰えるとしっかりと肩を支えることが難しくなるため、運動療法で筋力の回復を助けることは肩こりの改善にとても効果的です。
また、血行促進効果も期待できるという利点があります。

肩こりのまとめ

肩こりのまとめ

肩こりの主な原因は筋肉の負担や緊張の持続と血行不良です。
悪い姿勢や運動不足、肥満の解消など、様々な理由で身体の歪みや肩の負担が生じ、肩こりが起こります。

肩こりの解消には、ストレッチなどで肩甲骨周囲の筋肉を柔軟に保ち、動きを良くしておくことが有効です。
また、筋肉疲労と肩こりの改善に効く医薬品のリョウシンJVの服用もオススメします。

なお、肩こり以外に、頭痛や吐き気等の症状が見られた場合は、何だかの疾患に伴う肩こりの可能性があります。
速やかに医療機関を受診するようにしましょう。


【関節痛・神経痛のサプリ・医薬品オススメ3選】

当サイトでオススメしている関節痛・神経痛の医薬品・サプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. リョウシンJV錠

    リョウシンJV錠のランキングリョウシンJV錠

    第3類医薬品という事で、関節痛・神経痛に効く事が認められています。他の医薬品と異なるのは、6つの有効成分が配合されており、身体の内側から効く事です。1日1回の服用なので面倒な事もないのが特徴となっています。価格が初回1,900円というのも選ばれる理由です。

  2. グルコンEX錠プラス

    グルコンEX錠プラスのランキンググルコンEX錠プラス

    医薬品という事で、サプリメントとは異なり、関節痛・神経痛の効果がある事が実証されています。改善・治療だけではなく、痛みの緩和の効果もあります。また、薬剤師が常駐しており、専門家の立場からサポートをしてもらえるのも、安心して飲む事が出来る要因と言えます。

  3. 北国の恵み

    北国の恵みのランキング北国の恵み

    関節痛の原因と言われている軟骨ですが、軟骨のクッションの役割がある「プロテオグリカン」が配合されています。サプリメントなので、効果は実証されていませんが、しっかりと栄養補給をする事が出来ます。GMP工場で作られており、品質も問題ありません。480円からのお試し価格も魅力です。

  4. マイケア イタドリ

    イタドリのランキングイタドリ

    即効性のある天然の鎮痛成分で痛みの緩和をします。関節痛の良いとされている成分「グルコサミン」「コンドロイチン」「Ⅱ型コラーゲン」が含まれています。サプリという事で効果は実証されていませんが、栄養補給には抜群です。全額返金保証付きなので、安心して利用する事が出来ます。