関節痛と腱鞘炎

ふとした拍子に指や手首に走る痛み。
それは腱鞘炎の症状の可能性が考えられます。
腱鞘炎と言うと、スポーツ選手や、ピアノ奏者・バイオリニストなど、手や肘を酷使する方かかる病気、という印象があるかもしれません。

しかし、普段の何気ない動作が原因で、腱鞘炎を発症する方が増えてきています。
手や指に痛みがあること自体辛いですし、生活する上で不自由を感じることも多くなるでしょう。

悪化すると完治までに時間が掛かる事もある腱鞘炎の症状や原因、治療・予防法についてお話したいと思います。

親指や手首の関節痛、これって腱鞘炎のサイン?

手首にだるさや違和感があったり、痛くて親指が動かせない。
痛みで指の曲げ伸ばしが出来なくなった。
このような症状は腱鞘炎の兆候かもしれません。

ドアノブが掴めなくなる、ペンで字を書くことが辛い…
放置すると、痛みは徐々に激しくなります。
時には手術が必要となることもある腱鞘炎とは、どのような病気なのでしょうか?

腱鞘炎とは?なにが原因?

腱鞘炎の原因

腱鞘炎(正式名は狭窄性腱鞘炎)は、無理な動作や繰り返し同じ動きをするなど、手首に負担がかかったことが原因で、腱や腱鞘に炎症が起きる病気です。

腱は骨と筋肉を繋ぐ役目を担い、腱鞘は腱を覆うトンネルのような部分。
腱鞘のトンネルの中で、腱が伸びたり縮んだりすることで、指などの関節がスムーズに動きます。

腱鞘炎を発症しやすいのは、美容師など手首や指を酷使する職業の方です。
他にも、ギター等の楽器・パソコンを長時間使う方、授乳などで赤ちゃんを抱っこする機会の多い育児中のママが、腱鞘炎になりやすいと言えるでしょう。
また最近は、スマホやマウスの使い過ぎが原因で、腱鞘炎になる患者さんが増加しています。

さらに、女性がホルモンが腱鞘炎に影響を与えると考えられています。
出産、閉経期の女性の身体は、ホルモンバランスが崩れやすくデリケートです。
身体の組織もダメージに弱くなり、腱や腱鞘も、より傷つきやすい状態になることから、腱鞘炎を発症しやすくなると言えます。
一般的に、腱鞘炎患者に女性が多いとされるのは、こうした理由によるものでしょう。

バネ指とド・ケルバン病の違い

バネ指とド・ケルバン病の違い

腱鞘炎は、肘・腕など身体のいろいろな場所に起きますが、症例が最も多いのは手の関節です。
中でも、指の腱鞘炎「バネ指」と、手首周辺に症状の出る「ド・ケルバン病」が代表的と言えるでしょう。
この二つの疾患の違いは?症状や痛みの原因について解説します。

バネ指の症状

バネ指(スプリングフィンガー、弾撥指とも呼ばれる)は、指の腱鞘炎です。
特徴的な症状は、指を曲げる際の、引っ掛かるような違和感や痛み。
悪化すると、指を伸ばすのが難しくなります。
無理に伸ばそうとすると、ぱちっ!というような音がすることも多く、バネが弾けたような感覚と強い痛みを感じます。

他にも、バネ指の症状には次のようなものがあります。

  • 指のこわばり感、動かす時のだるさ
  • 指の付け根が熱を持つ。腫れ。患部を押すと痛い
  • 指関節の曲げ伸ばし時に痛み。引っ掛かる感じがある
  • 朝や寝起きに最も痛みが強いが、指を動かすうち徐々に解消する

一般的に、成人女性の患者が多いと言われていますが、ピアノなどの楽器を弾く子供。
また、スポーツや仕事などで、指を酷使する方も発症リスクが高くなりますので、注意が必要でしょう。

ド・ケルバン病の症状

これに対して、ド・ケルバン病は、親指から手首にかけての腱鞘に炎症が起こり、痛みます。
親指を動かす際に、手首の親指側に痛みが出たり、腫れるのが特徴的な症状です。
女性ホルモンも発症に関与するとされ、妊娠・出産期や、閉経後の女性の患者が多かったのですが、最近は年齢や性別に関わらず発症者が増えています。
これは、親指を多用するスマホの操作によってド・ケルバン病を患う方が増加したためと思われます。

次のような症状がある場合は、ド・ケルバン病が疑われます。

  • 手首を動かすとだるさを感じる
  • 親指の付け根の腫れ。押すと痛い
  • 親指が動かしづらい、違和感がある
  • 親指の曲げ伸ばし時に強い痛みがある

腱鞘炎と言うと、指の痛みという印象が強く、ド・ケルバン病は見落とされがちで、治療が遅れた為に、悪化させてしまう事例も多くなっています。
ド・ケルバン病かどうかをチェックする、アイヒホッフテストという方法がありますので、ご紹介します。

親指を中に入れて握ったこぶしを、小指の方へ倒してみて下さい。
痛みがありますか?
もし痛むようですと、ド・ケルバン病と考えられますので、医療機関を受診するようにしましょう。

腱鞘炎は病院に行くべき?治し方・治療方法

腱鞘炎の治し方・治療方法

先述の通り、腱鞘炎の原因となるのは、主に手や指を使い過ぎることです。
よって、治療の基本方針は、手の酷使を止め、休ませることになります。

しかし、手を使うのを控えると言っても限度があります。
また、症状が落ち着いたからと、元のように手や指を酷使すれば、痛みが再発。
次第に悪化し、治療にも時間が掛かることになります。

似た症状の病気もありますから、腱鞘炎だろうと自己診断したり、自力で治すなどと考えず、整形外科で治療を受けましょう。
なお、腱鞘炎の主な治療方法として、次の5つが挙げられます。

  • 安静。患部を休ませることで自然治癒、又は症状の緩和をはかる
  • 投薬治療。非ステロイド系消炎鎮痛剤の服用・湿布などで、患部の炎症や腫れを軽減。
  • 注射。ステロイド剤(ケナコルト等)・局所麻酔剤などを患部に注射。
  • 理学療法。必要に応じて、レーザー治療や、リハビリ等を行う。
  • 手術。症状の改善が見られない場合は、関節の動きを良くする為の切開手術が行われる。

注射の効き目は?やっぱり痛いの?

一般的に、安静や服薬治療で思ったような効果が見られなかった場合には、ステロイド注射が選択されます。
患部に直接打つこの注射は、炎症を抑える作用が非常に高く、劇的に症状が和らぐ患者さんが多いようです。
特に、慢性化していない、比較的初期の腱鞘炎の方には、とても効果的な治療法となります。

しかしながら、一度の注射で永続的な効果が期待できるわけではありません。
また、腱の萎縮という副作用の懸念があり、度々注射を繰り返すことが出来ないという点にも注意が必要です。

腱鞘炎の治療期間はどの位?

腱鞘炎は、早めに治療開始すれば、治りも早い病気です。
痛みが出てからと、手のこわばり等、腱鞘炎の兆候を自覚してすぐに治療を始めたのでは、治療期間に大きな差が出てきます。

重症度にもよりますが、痛みがある腱鞘炎の治療には、3ヶ月から半年ほどを要すると言われています。
悪化してしまった場合では、完治までに1年以上の時間が必要なこともあります。

また、痛みを我慢して放置した結果、激痛で動かすこともままならなくれば、手術が行われます。
そうなると、完治までにはさらに時間が掛かることになりますから、症状の軽いうちに治療を始めることが大切でしょう。

腱鞘炎の治療費は?

腱鞘炎の治療には、医療保険が適用されるため、支払いが驚くほど高額になる心配はありません。
整形外科にて、初診・検査を行う場合でも、窓口での支払いが5千円を超えることはほとんどないようです。
通院で、投薬治療や注射を受ける際も、それぞれ数百円ほどの自己負担となります。

もちろん、外科手術にも保険が適用されます。
医療機関により幅がありますが、多くの場合、支払いは1万円以内で済むようです。
週2、3回の術後のリハビリ通院時は、数百円から千円程度の自己負担となります。

腱鞘炎は温める?それとも冷やす?

腱鞘炎の痛みは、基本的に温めます。
急性期以外は、お風呂でゆっくりマッサージしたり、ホットパックなどで血行促進することで、症状が和らぎます。

激しい痛みや、熱を持っている場合は、患部を冷やします。
氷や、アイシング、湿布などでしっかり冷やすことで、痛みが緩和し、徐々に楽になってくるでしょう。

テーピング・ストレッチは腱鞘炎に効果がある?

腱鞘炎の主な原因は、手指の酷使であり、一番良いのはまず安静にすることです。
しかしながら、手をまったく使わない生活というのは、現実的ではありません。

そこで、テーピングやサポーターなどで固定して、患部の負担を軽減する方法が、効果的と考えられます。
バネ指の場合は指、ド・ケルバン病の方は、親指から手首にかけてを固定するように、テーピング等を行います。

患部の固定により症状が改善したら、ストレッチをすると良いでしょう。
手首・指、腕のストレッチは血行を促進しますから、症状の改善を促し、再発予防効果も期待できます。

グルコサミンは腱鞘炎に良いの?

関節に良い成分として広く知られている、グルコサミンとコンドロイチン。
これらは腱鞘炎にも有効と考えられています。

軟骨の主な成分であるコンドロイチンとグルコサミンは、腱や腱鞘の構成物質でもあるのです。
よって、グルコサミンとコンドロイチンの摂取により、傷んだ腱や腱鞘の再生を促し、症状の改善する効果が期待できます。

しかし、どちらも食品からの摂取が難しい成分です。
また、二つの成分を一緒に摂取することで、より効果的な働きをすることを考えると、食事からでなく、薬やサプリの利用が手軽でしょう。
第三類医薬品のグルコンEX錠などがオススメです。

⇒肩・腰・膝などの関節痛に効く医薬品を見てみる。リョウシンJV錠
※管理人も利用しました。

関節痛と腱鞘炎のまとめ

関節痛と腱鞘炎のまとめ

バネ指やド・ケルバン病などの腱鞘炎は、手・指などの関節の使い過ぎによって発症します。
最初はひどい痛みでないこともあり、放置されがちですが、悪化すれば治療期間が長引くだけでなく、手術が必要になることもあります。

あれ?もしかして腱鞘炎?と感じたら、患部の安静にし、腱や腱鞘を休めましょう。
テーピングを利用して患部の負担を軽減したり、グルコンEX錠プラスなどによる、身体の内側からのケアもオススメです。

それでも症状が改善されない場合は、速やかに医療機関を受診し、医師の診断を受けましょう。
早期に適切な治療を受けることで、治療期間が短くなります。


【関節痛・神経痛のサプリ・医薬品オススメ3選】

当サイトでオススメしている関節痛・神経痛の医薬品・サプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. リョウシンJV錠

    リョウシンJV錠のランキングリョウシンJV錠

    第3類医薬品という事で、関節痛・神経痛に効く事が認められています。他の医薬品と異なるのは、6つの有効成分が配合されており、身体の内側から効く事です。1日1回の服用なので面倒な事もないのが特徴となっています。価格が初回1,900円というのも選ばれる理由です。

  2. グルコンEX錠プラス

    グルコンEX錠プラスのランキンググルコンEX錠プラス

    医薬品という事で、サプリメントとは異なり、関節痛・神経痛の効果がある事が実証されています。改善・治療だけではなく、痛みの緩和の効果もあります。また、薬剤師が常駐しており、専門家の立場からサポートをしてもらえるのも、安心して飲む事が出来る要因と言えます。

  3. 北国の恵み

    北国の恵みのランキング北国の恵み

    関節痛の原因と言われている軟骨ですが、軟骨のクッションの役割がある「プロテオグリカン」が配合されています。サプリメントなので、効果は実証されていませんが、しっかりと栄養補給をする事が出来ます。GMP工場で作られており、品質も問題ありません。480円からのお試し価格も魅力です。

  4. マイケア イタドリ

    イタドリのランキングイタドリ

    即効性のある天然の鎮痛成分で痛みの緩和をします。関節痛の良いとされている成分「グルコサミン」「コンドロイチン」「Ⅱ型コラーゲン」が含まれています。サプリという事で効果は実証されていませんが、栄養補給には抜群です。全額返金保証付きなので、安心して利用する事が出来ます。