キンカンの評判・口コミ

金冠堂からは塗り薬のキンカンが販売されていて、創業80周年と世代を超えて愛されています。
1926年に万能外用薬のキンカンが登場してから、2013年にパッケージや容器のデザインが一新されました。

数多くの効能の中でも肩こりや虫さされに効果を発揮することで有名で、その理由を見ていきましょう。

・キンカンの中に入っている有効成分が複合的に作用する
・素早く患部の熱を取り除いて局所刺激を与える
・痛みやかゆみの症状が伝わるのを抑制する

痛みを抑える作用や消炎作用に優れている医薬品で、慢性的な肩こりで悩んでいる方にオススメです。

  • 両肩が重く感じる
  • 首から肩にかけて張っている
  • 目が疲れやすい
  • 頭痛が酷く頭が重くなる
  • 手足に痺れを感じることがある

上記の症状が引き起こされている方は肩こりの可能性が高く、筋肉の疲れや痛みに効果を発揮するキンカンを塗布してみてはいかがでしょうか。
他にも腰痛や打撲、捻挫にも効き目がある塗り薬なので万能なのは間違いありません。

キンカンの評判や口コミをチェック!

「キンカンは本当に肩こりや虫さされに効くの?」と疑問を抱えている方は、口コミの評判をチェックしておきましょう。

キンカンの良い口コミ

・痛みやかゆみを伝える神経を麻痺させる作用機序があり、自然治癒で痛みが軽くなるイメージですよ
・キンカンを塗り始めてからデスクワークによる肩こりの症状が大分軽くなりました
・最初はしみましたが、だんだんと虫さされによる赤みやかゆみが消えていきます
・キンカンはスーっとした使用感で塗った後にベタベタしないところが気に入っています
・蚊に刺された跡が薄くなるまでの時間がかなり速い気がします
・グルコサミンやコンドロイチンとは違ったアプローチで肩こりや腰痛をケアできます
・赤ちゃんや子供の虫さされ予防として以前からキンカンをリピートしています
・頻繁に使っていても1年間で3本程度なのでコスパはかなり良いですね

キンカンの悪い口コミ

・「キンカンはわきがに効く」と評判で使ってみたのですが、やはり臭いのケアには繋がりませんね
・ヒリヒリ感が強いだけではなく、アンモニアの臭いが強いので少し使いづらいと思いました
・リニューアルによって刺激的な匂いがもう少し緩和されれば良いですね
・汗疹やニキビには専用の薬を使って対処した方が治りが早くなります

⇒肩・腰・膝などの関節痛に効く医薬品を見てみる。リョウシンJV錠
※管理人も利用しました。

キンカンに含まれている成分は?

キンカンに含まれている成分

以下では、キンカンの中に含まれている成分の働きについて簡単にまとめてみました。

成分 効果
アンモニア水 虫刺されによるかゆみや肌の炎症を抑える作用を持つ
l-メントール 患部へと爽快感を与えながら炎症を取り除く
d-カンフル 局所刺激作用を持ち、血管を拡張して鎮痛作用を示す
サリチル酸 抗炎症作用や抗菌作用が高く、ニキビの治療成分としても用いられている
トウガラシチンキ 皮膚や粘膜を刺激する作用で表面の血管が拡張される

これらの成分がバランス良く入っていて、皮膚へと働きかけてかゆみ止めや肩こりの解消といった効果を得られる理由です。
他の外用薬とは異なり、一般的な抗炎症剤や抗ヒスタミン剤の中に入っている成分は使われていません。

ジンジンとした温感刺激を与えられるトウガラシチンキや、ギュっとしみるアンモニア水を含んでいるのがキンカンの特徴です。

キンカンは薬局やドラッグストアで販売されている?

キンカンは薬局やドラッグストアで販売されているのか

キンカンはネット通販限定ではなく、お近くの薬局やドラッグストアで販売されています。
金冠堂が誇るベストヒット商品なのは間違いなく、子供からお年寄りまで幅広い世代で愛されるようになりました。

全ての薬局やドラッグストアで取り扱いがあるわけではないので、確実にキンカンを入手したいと考えているのであればインターネット通販がオススメです。

キンカンの価格はどのくらい?

キンカンがどのくらいの価格で販売されているのか、販売店別で見ていきましょう。

<15ml>

くすりのレディ:359円
Amazon:378円
ビックカメラ.com:416円
爽快ドラッグ:447円
ウエルシア.com:512円

<55ml>

Amazon:524円
コジマネット:576円
ビックカメラ.com:576円
メディストック:580円
SEIYUドットコム:586円

<120ml>

メディストック:900円
コジマネット:915円
ビックカメラ.com:915円
おくすりやさん:1,007円

虫さされや肩こりなど、ありとあらゆる症状に万能的な効き目を持つのにも関わらず、キンカンはお求めやすい価格で購入できます。
初めて肌へと塗る予定の方は、最初に15mlの小さなサイズの製品から試すべきです。

キンカンの正しい使い方は?

キンカンの正しい使い方

虫さされによるかゆみや肩こりの症状が酷い場合は、患部へとキンカンを直接塗布していきます。
以下では、正しい使い方の流れをまとめているので一度チェックしておきましょう。

1.皮膚の表面に付着している皮脂などの汚れを綺麗に落とす
2.キンカンの瓶を上向きにしてスポンジ中央を数回に渡って押す
3.中の空気が抜けると液体が出過ぎるのを防ぐことができる
4.スポンジを患部へと軽く押し付けながら塗布していく
5.「塗る」⇒「乾かす」という順序で複数回塗布する

「清潔な肌へと塗布する」「適量を1日に数回に渡って塗る」という点にさえ気を配っていれば問題はありません。
ただし、キンカンの中にはアンモニア水が含まれていますので、目の周囲や粘膜、かぶれている場所には塗らないでください。

キンカンに副作用のリスクはある?

キンカンは肩こりや腰痛で悩む高齢者だけではなく、虫さされを予防したい赤ちゃんへの使用も可能です。
しかし、皮膚が弱い乳幼児やアレルギー体質の方が塗布すると、下記の副作用のリスクが高まります。

  • 発疹
  • 発赤
  • かゆみ
  • ただれ
  • かぶれ
  • 灼熱感

重篤な症状に繋がる可能性は低いものの、外用薬という点では他の薬と変わらないので、自分の肌への影響を小まめにチェックしなければなりません。
また、万が一目の中に入った場合は水やぬるま湯を使って洗い流し、念のために眼科医の診療を受けてください。

⇒肩・腰・膝などの関節痛に効く医薬品を見てみる。リョウシンJV錠
※管理人も利用しました。

キンカンの販売会社概要

会社名:株式会社金冠堂
本社所在地:〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋1丁目34番14号
設立:昭和18年6月
代表者:山﨑 充
ホームページ:キンカンの公式サイトはコチラ

当サイトでオススメしている医薬品
リョウシンJV錠

【関節痛・神経痛のサプリ・医薬品オススメ3選】

当サイトでオススメしている関節痛・神経痛の医薬品・サプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. リョウシンJV錠

    リョウシンJV錠のランキングリョウシンJV錠

    第3類医薬品という事で、関節痛・神経痛に効く事が認められています。他の医薬品と異なるのは、6つの有効成分が配合されており、身体の内側から効く事です。1日1回の服用なので面倒な事もないのが特徴となっています。価格が初回1,900円というのも選ばれる理由です。

  2. グルコンEX錠プラス

    グルコンEX錠プラスのランキンググルコンEX錠プラス

    医薬品という事で、サプリメントとは異なり、関節痛・神経痛の効果がある事が実証されています。改善・治療だけではなく、痛みの緩和の効果もあります。また、薬剤師が常駐しており、専門家の立場からサポートをしてもらえるのも、安心して飲む事が出来る要因と言えます。

  3. 北国の恵み

    北国の恵みのランキング北国の恵み

    関節痛の原因と言われている軟骨ですが、軟骨のクッションの役割がある「プロテオグリカン」が配合されています。サプリメントなので、効果は実証されていませんが、しっかりと栄養補給をする事が出来ます。GMP工場で作られており、品質も問題ありません。480円からのお試し価格も魅力です。

  4. マイケア イタドリ

    イタドリのランキングイタドリ

    即効性のある天然の鎮痛成分で痛みの緩和をします。関節痛の良いとされている成分「グルコサミン」「コンドロイチン」「Ⅱ型コラーゲン」が含まれています。サプリという事で効果は実証されていませんが、栄養補給には抜群です。全額返金保証付きなので、安心して利用する事が出来ます。