股関節の痛み

股関節に痛みがあると、スポーツをする時はをもちろん、立つ・座る・歩くなど基本的な動作さえ辛く感じます。
日常生活に支障をきたしかねない、足の付け根の痛みや違和感。

股関節痛は、なぜ起きるのでしょうか?
症状別の原因と治療法、股関節痛の予防方法についてお話したいと思います。

⇒管理人も利用したリョウシンJV錠を見てみる。リョウシンJV錠
※肩・腰・膝などの関節痛に効く医薬品です。

股関節の痛みの原因とは?

股関節は、私達の身体の関節のうち最も大きな関節です。
上半身をしっかりと支える骨盤。

そして、その骨盤を支えているのが二本の脚なわけですが、骨盤と脚の骨(大腿骨)のジョイント部分が股関節になります。
大腿骨の先の丸い部分は、骨盤に窪みにはまりこむような構造になっています。

また、弾力のある軟骨や靭帯、周囲の筋肉に支えられることで、股関節が滑らかに動きます。
私達が足を前後左右など自由に動かす事が出来るのは、股関節のおかげと言えるでしょう。

上半身の重さを支え、様々な衝撃を受け止めることも股関節の重要な役割です。
言い換えれば、股関節は構造上負担が大きくなりやすく、痛めやすい部位でもあるのです。

下記に股関節の痛みの原因の他、症状や治療法などを掲載していきます。

股関節痛を伴う症状・病気

股関節痛を伴う症状・病気

一口に股関節痛と言っても、痛みを感じる場面や痛みの度合いは色々です。
歩き出しの際、一歩目を踏み出す時にずきっと痛む。

立つ、座るなどが痛くて大変。
また、強い痛みではないが、椅子に座る時に何だか足が組みづらい。

足の可動域が狭まった気がする、などの違和感を持つ方もいらっしゃるでしょう。
こういった症状の違いだけでなく、股関節痛の原因となる、病気や怪我も多岐に渡ります。

当然、症状や原因に合わせて、適切な治療や対処を行う必要があります。
また、痛みそのものが辛いのはもちろんですが、股関節の異常が原因で影響が全身に及ぶことも考えられるため注意が必要です。

股関節痛を伴う、代表的な疾患の例を以下に挙げます。

変形性股関節症

1.一次性変形性股関節症:加齢などにより、軟骨が摩耗。股関節に痛み、骨の変形が起こる。
2.二次性二次性変形性股関節症:生まれつきの脱臼や、臼蓋形成不全など、先天性の股関節疾患に起因する。

主な症状は、歩行の際の股関節の痛みと可動域の制限で、重症の場合は手術が行われる事もある。
 

大腿骨骨頭壊死症

大腿骨の骨頭の血行不良により、骨が壊死、骨頭や股関節の変形を招く。
初期症状は軽い痛みだが、壊死の進行に伴い、痛みの度合いが強まる。

ハッキリした発症原因は不明なものの、多量のステロイド剤服用、アルコールの大量摂取により、リスクが高まるとされている。
重症の場合は、人工股関節置換手術などが行われる。

関節リウマチ

免疫疾患の一種。
指などの関節に腫れや痛み・変形が起き、やがて関節の破壊が起こる。

進行すると、身体中の関節に症状が及ぶ。
股関節に発症した場合、可動域が狭まり股関節を動かす事が困難となる。

腿骨頚部転子部骨折

股関節の大腿骨側、腿骨頚部の骨折に起因する股関節痛。
患者の大半は、骨のもろくなった高齢の女性。

閉経に伴い、女性ホルモンが減少し、骨密度が低下するため、閉経後の女性や、骨粗しょう症患者が発症しやすい。
骨折部位の腫れ、強い痛みがあり、歩くことが難しくなる。

多くの場合、骨接合術、人工骨頭置換術といった手術が行われる。

スポーツ中の股関節痛

スポーツ時に受ける強い衝撃が、股関節に負担を掛けることで痛みが生じる。
代表的な疾患は、サッカー選手に多いグロインペイン症候群。

ボールを蹴る、走るなどの動作時に足の付け根が痛み、治りにくい。
スポーツに伴う股関節痛は、利き足側に発症しやすいため、右利きの方は右股関節に痛みを生じやすくなる。

女性に多い股関節痛

妊娠・産後の女性は、体型の変化やホルモンの影響により、股関節痛を発症しやすくなる。
骨盤周囲の筋肉を緩める作用のホルモンが分泌される事で、身体が歪みやすくなるためと考えらる。

また、女性に多い外反母趾も、患部をかばうことで身体のバランスが崩れ、股関節痛の原因となる。
こうした痛みは、左側の股関節に起きるケースが多い。

股関節痛の治療と対処法

股関節痛の治療と対処法

このように、股関節痛の原因は様々です。
股関節に痛みがある場合、整形外科を受診し、適切な診断、症状に合った治療を受ける事が大切になります。

問診や、レントゲン・MRI等の画像診断を経て、消炎鎮痛剤の服用、湿布・塗り薬等の外用薬が処方されます。
症状によっては、ヒアルロン酸の関節内注射なども行い、患部の炎症や痛みの改善をはかります。

薬物療法以外の、股関節痛の治療法は、以下の通りです。

運動療法

ストレッチや、ウォーキング、水中での運動などを行い、股関節周りの筋力をアップする事で、股関節への負担を軽減、痛みを和らげる。
なお、運動療法は、専門医や理学療法士の指導の下、正しく行う事に意味があります。

無理のない範囲で、ハビリテーションに取り組みましょう。

温熱療法

赤外線を当てたり、マッサージ器を用いて、患部を温める。
血行促進により、消炎効果が期待でき、痛みを軽減する他、筋肉がほぐれ股関節が動かしやすくなります。

装具療法

杖や補高靴を使用し、股関節の負担を軽減。
歩行杖の他、変形により、足の長さの違いが生じてしまった場合に、靴で調整を行います。

手術療法

保存的な治療で効果の見られなかった場合は、手術が行われます。
摩耗した軟骨を、人工関節に置き換える、人工関節置換術。

患部の骨を切除、角度を矯正し、股関節の負担を軽減する、骨切り術が一般的な方法です。

生活習慣の改善とストレッチ

上記のような治療法の他にも、日常生活の工夫や、生活習慣の改善で、股関節痛を緩和することが出来ます。
杖や歩行器などの利用や、和式トイレを洋式に変更する、片側の股関節にのみ負担が偏らないようなバランスの良い姿勢を意識する。

また、肥満の解消も、股関節の負担を軽減する方法と言えるでしょう。
しかしながら、行き過ぎた安静は、筋力の低下を招き、股関節に良くない影響を与えます。

重要なのは、大きな負荷を与えないように注意しながら、股関節周りの筋肉を鍛えていく事です。
周辺組織の柔軟性を高め、新陳代謝・血流アップが期待出来るストレッチ。

また、ウォーキング等の軽い運動を行う事で、痛みを和らげたり、股関節痛の予防に繋がると考えられます。

⇒管理人も利用したリョウシンJV錠を見てみる。リョウシンJV錠
※肩・腰・膝などの関節痛に効く医薬品です。

股間節の痛みのまとめ

股間節の痛みのまとめ

上半身と下半身を繋ぎ、動作時の衝撃を受け止める股関節。
大きく、そして重要な関節です。

その分、負担が掛かりやすく、痛めやすい場所でもあります。
股関節に痛みがあると、動くこともままならなくなる可能性もあり注意が必要です。

加齢や怪我以外でも股関節痛を伴う疾患があるため、原因を見極め、正しい診断・適切な治療を受ける事が大切でしょう。

関節痛・神経痛のサプリ・医薬品ランキング

【関節痛・神経痛のサプリ・医薬品おすすめ4選】

当サイトでオススメしている関節痛・神経痛の医薬品・サプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. リョウシンJV錠

    リョウシンJV錠のランキングリョウシンJV錠

    第3類医薬品という事で、関節痛・神経痛に効く事が認められています。他の医薬品と異なるのは、6つの有効成分が配合されており、身体の内側から効く事です。1日1回の服用なので面倒な事もないのが特徴となっています。価格が初回1,900円というのも選ばれる理由です。

  2. グルコンEX錠プラス

    グルコンEX錠プラスのランキンググルコンEX錠プラス

    医薬品という事で、サプリメントとは異なり、関節痛・神経痛の効果がある事が実証されています。改善・治療だけではなく、痛みの緩和の効果もあります。また、薬剤師が常駐しており、専門家の立場からサポートをしてもらえるのも、安心して飲む事が出来る要因と言えます。

  3. 北国の恵み

    北国の恵みのランキング北国の恵み

    関節痛の原因と言われている軟骨ですが、軟骨のクッションの役割がある「プロテオグリカン」が配合されています。サプリメントなので、効果は実証されていませんが、しっかりと栄養補給をする事が出来ます。GMP工場で作られており、品質も問題ありません。480円からのお試し価格も魅力です。

  4. マイケア イタドリ

    イタドリのランキングイタドリ

    即効性のある天然の鎮痛成分で痛みの緩和をします。関節痛の良いとされている成分「グルコサミン」「コンドロイチン」「Ⅱ型コラーゲン」が含まれています。サプリという事で効果は実証されていませんが、栄養補給には抜群です。全額返金保証付きなので、安心して利用する事が出来ます。