成長痛とオスグッド病との違い

「膝が痛い!」お子さんがそのように言うのを聞くと、親御さんはさぞご心配の事と思います。
強い痛みに耐えなければならない本人はもちろん、うちの子は一体どうしてしまったのだろう?
もしかして大変な病気では?すぐに良くなるのだろうか?治療法は?など、不安なお気持ちになられることでしょう。 

子供に多い膝の痛み。成長痛?オスグッド病?

小学校高学年から中学生、いわゆる成長期のお子さんが膝を痛がる場合、代表的な原因として考えられるのが、成長痛とオスグッド・シュラッター病の2つです。
もしかすると、ご自身で経験がある、周りで見聞きした事があるなど、成長痛に関してはある程度ご存じの方もいらっしゃるかもしれません。
一方、オスグッドシュラッター病はと言うと、一般的に広く知られているとは言い難く、馴染みのない方が多いのではないでしょうか?

成長痛とオスグッド・シュラッター病の特徴

成長痛とオスグッド・シュラッター病の特徴

成長痛とオスグッド・シュラッター病、実はこの2つの病気の症状は大変よく似たものです。
どちらも思春期の子供に発症しやすく、膝付近の痛みということもあり、混同されているケースも目立ちます。

しかしながら、2つの病気は原因も、そして対処法も異なりますので、両者をきちんと区別し、適切な対処をすることが重要となります。
そのために、まず成長痛とオスグッドシュラッター病、それぞれの特徴を知っていただきたいと思います。

成長痛を知ろう。痛みの原因とは?

身体がどんどん成長する時期に、膝や踵に痛みが出る成長痛。
突然症状が現れ、多くの場合、短期間で治まり一時的な痛みです。
極端な例を挙げますと、急に痛み出した膝が、翌朝にはすっかり良くなっている事もあります。

とはいえ、痛みの収束後しばらくして再度痛み出すなど、インターバルを置いて繰り返すケースもあり、注意が必要でしょう。
成長痛の原因は、骨が急激に成長する際、周辺の筋肉や腱に大きな負担が掛かる事と考えられており、骨の成長によって強く引っ張られた腱や筋肉のダメージが、骨の先端の軟骨部分の炎症引き起こすのです。

オスグッド病を知ろう。痛みの原因と治療方法

では、オスグッドシュラッター病とはどのような病気なのでしょうか?
聞き慣れない病名に、難しい病気なのでは?と戸惑う方も多いのですが、病名は発見者のオスグッドシュラッター氏にちなんで付けられたものです。
なお、オスグッドシュラッター病は、オスグッド病とも呼ばれ、同じ意味となりますので、以下、オスグッド病と表記します。

オスグッド病の痛みの原因

オスグッド病の痛みは、膝から膝下の辺りまでの狭い範囲、局所的に強く現れます。
10歳から15歳までの間の発症が中心で、スポーツに熱心に取り組んでいる男児の割合が高くなっています。

痛みの原因としては、ジャンプや屈伸など繰り返し同じ動作を行う事により、重い負荷が掛かり、炎症が起こるためと考えられています。
バスケットボールやバレーボール、陸上競技など、関節に負担の大きい動作が繰り返されるスポーツがその代表と言えるでしょう。

痛みを我慢して運動を続けたり、放置することにより症状は長引き、次第に悪化していきます。
しゃがむ、階段の上り下り、自転車をこぐ、走ったり跳んだりするなど、膝の曲げ伸ばしを伴う動作の際に激しい痛みがあり、放置すると場合によっては、歩く事さえままならなくなってしまう可能性もあるのです。

オスグッド病の治療方法

大変激しい膝の痛みが特徴のオスグッド病ですが、どのような治療方法が効果的なのでしょうか?

まずは安静です。
炎症を起こし、ひどい痛みのある間は決して無理をしてはいけません。
必要に応じて抗炎症剤等の投薬で炎症や痛みの軽減を図ります。

続いてバンドやテーピングを使用し、膝の負担を和らげる。
またストレッチやマッサージによって、膝周辺の筋肉の緊張をゆるめてやることも回復への近道となります。
オスグッド病を発症するのは、成長期の子供であることから、手術等の外科的な治療は一般的ではなく、患部を温存しながらの治療が中心となります。

医薬品として効果があるのは「グルコンEX錠プラス」という商品です。
関節痛や神経痛の痛みを和らげる、治療・改善する効果があります。

オスグッド病を発症しやすい環境とは?

ハードなスポーツが、オスグッド病発症リスクを高める事は先ほどお話しました。
しかし、スポーツに打ち込む全て子供がオスグッド病に掛かるわけではありません。
では、その差はどこから生まれるのでしょうか?

繰り返しになりますが、まず第一に挙げられる原因は、日常的に激しいスポーツを行っていることです。
ダッシュやジャンプなど、膝や周辺組織に大きな負荷の掛かる、同じような動きが繰り返される競技は、まだ柔らかい子供達の骨には負担が大きいと考えられます。
お子さんがこのような競技をされている場合、膝に痛みが出ていないか、注意深く見守ってあげて下さい。

さらには、姿勢が悪く身体にゆがみがある、柔軟性がなく身体が硬い事も大きな影響を与えます。
一見、関連が薄そうに見えますが、ゆがみがなく身体バランスが良い、柔軟性の高い子供は、同じような激しい動きをしても身体への負担が少ないのです。
ゆがみは筋肉の緊張を引き起こします。
そのような状態でハードな運動することによって、身体に必要以上の負担が掛かり、より大きなダメージを受けてしまうのです。

成長痛とオスグッド病の違いとは?見分け方

成長痛とオスグッド病の違い

成長期の子供の膝の痛みという共通点を持ち、混同されるケースも目立つ、成長痛とオスグッド病。
先述のように、多くの場合、成長痛の症状は一時的なもので、時には踵など膝以外の部位の痛みを引き起こします。
スポーツをしない子供にも発症し、時間の経過とともに徐々に治まっていく事もあり、特別な治療は行われず経過観察のみが大半となります。

一方、オスグッド病は自然に痛みが引く事はなく、運動時にはひどく痛む上、悪化すると膝も曲がらなくなるなど症状は深刻です。
では、良く似たこの2つの病気を、どう見分けたら良いのでしょうか?

実は成長痛とオスグッド病には、痛みが持続的かどうか以外にも大きな違いがあります。
それは、骨の変形があるかどうかです。
オスグッド病の場合、膝の少し下あたりが腫れ上ったり、その部分を押すと強い痛みを感じます。
また、骨が変形し盛り上がっている様子や炎症等、レントゲンによって確認できるケースが多く、見分ける大きなポイントとなります。

オスグッド病と成長痛のまとめ

このように、良く似た症状のオスグッド病と成長痛ですが、発症メカニズムや治療の仕方が大きく異なります。
もし成長期のお子さんが膝を痛がった際、オスグッド病の可能性が疑われるならば、早めに医療機関を受診しましょう。
お子さんが長い間痛い思いをする事のないようにするためには、早い段階で正確な診断と適切な治療を受ける事が大切になります。

また、痛みを和らげる、改善・治療をする医薬品の「グルコンEX錠プラス」もオススメです。


【関節痛・神経痛のサプリ・医薬品オススメ3選】

当サイトでオススメしている関節痛・神経痛の医薬品・サプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. リョウシンJV錠

    リョウシンJV錠のランキングリョウシンJV錠

    第3類医薬品という事で、関節痛・神経痛に効く事が認められています。他の医薬品と異なるのは、6つの有効成分が配合されており、身体の内側から効く事です。1日1回の服用なので面倒な事もないのが特徴となっています。価格が初回1,900円というのも選ばれる理由です。

  2. グルコンEX錠プラス

    グルコンEX錠プラスのランキンググルコンEX錠プラス

    医薬品という事で、サプリメントとは異なり、関節痛・神経痛の効果がある事が実証されています。改善・治療だけではなく、痛みの緩和の効果もあります。また、薬剤師が常駐しており、専門家の立場からサポートをしてもらえるのも、安心して飲む事が出来る要因と言えます。

  3. 北国の恵み

    北国の恵みのランキング北国の恵み

    関節痛の原因と言われている軟骨ですが、軟骨のクッションの役割がある「プロテオグリカン」が配合されています。サプリメントなので、効果は実証されていませんが、しっかりと栄養補給をする事が出来ます。GMP工場で作られており、品質も問題ありません。480円からのお試し価格も魅力です。

  4. マイケア イタドリ

    イタドリのランキングイタドリ

    即効性のある天然の鎮痛成分で痛みの緩和をします。関節痛の良いとされている成分「グルコサミン」「コンドロイチン」「Ⅱ型コラーゲン」が含まれています。サプリという事で効果は実証されていませんが、栄養補給には抜群です。全額返金保証付きなので、安心して利用する事が出来ます。