関節痛とリウマチ

関節痛や腫れなど、辛い症状があるリウマチ。
次第に痛みは激しくなり、進行すると関節の変形による手足の障害も起こしかねない、難治性の病気として知られています。
しかし、現在では早い段階で治療を開始することで、完治が期待できます。
リウマチの症状や、治療方法について詳しく解説していきたいと思います。

リウマチを知り、関節痛を治療しよう

リウマチ患者さんは圧倒的に女性が多く、男性患者の5倍から6倍にもなります。
発症年齢は30代から50代がピークです。
ただし、60代以上で男女差なく発症する場合(高齢発症関節リウマチ)や、15歳以下の子供のリウマチ(若年性関節リウマチ)もあります。

では、リウマチとは一体どのような病気なのでしょうか?
その特徴的な症状を知ることは、早期発見や効果的な治療を受けるために、非常に役立ちます。

リウマチって何?症状は関節痛だけじゃない

リウマチの症状

リウマチは、関節が炎症を起こし、腫れや痛みを引き起こす病気です。
放置すれば、関節が破壊され、機能を失うことも考えられます。
しかし、関節痛以外にも、倦怠感や発熱など、身体全体に症状が及ぶ場合もあるのです。

リウマチの症状と発症しやすい部位

リウマチを発症しやすいのは、手足の指や、膝、足首や肘などの関節です。
こうした場所に腫れや熱っぽさ、刺すような痛みが起こります。

特徴的な症状としては、朝の手のこわばりと、左右対称に現れる痛みです。
一般的に、リウマチは起床後30分以内に症状が出ることが多く、その他の時間帯は落ち着きます。
痛みは手指の第二関節に最も出やすく、多くの場合は、身体の左右両側に腫れと痛みがあります。

しかしながら、初期のうちは関節の痛みが弱く、なんとなくだるい、微熱があるなど、風邪と区別しにくい症状のみの場合もあり、注意が必要です。

関節痛以外のリウマチの症状

リウマチの代表的な症状は関節痛ですが、それ以外にも多様な症状を伴います。
肘や腰、後頭部などに出来る、皮下結節と呼ばれるしこり。
その他にも、疲れやすい・脱力感、食欲低下や、体重の減少などの全身症状がみられます。
また、全身の血管炎を起こすことで、高熱、心筋梗塞や、腸閉塞、肺に水が溜まるなど、重い病状に陥ることもあるのです。

リウマチと似た関節痛もある。違いは?

関節の痛みに限れば、リウマチと良く似た症状の病気が、いくつもあります。
変形性膝関節症、五十肩、痛風・偽痛風、腱鞘炎、外反母趾…
ざっと挙げただけでも、これだけあります。

原因は、加齢によるもの、使い過ぎ、免疫疾患など、それぞれに異なります。
当然、治療方法も違ってきますので、きちんと区別をすることが大切です。

他の関節痛と違い、リウマチは安静時にも痛みがあるのが特徴です。
他にも、次のような症状がある場合は、リウマチの可能性がありますので、専門医で検査を受けると良いでしょう。

  • 手の指や足の指など小さな関節に痛みや腫れ、炎症が起こる
  • とくに手足の指の付け根の関節や第二関節(真中の関節)に症状が起こりやすい
  • 朝起きると手足の関節がこわばる感じがする
  • 全身の倦怠感や熱っぽいを感じることが多い
  • 関節部分を押すと痛みがある
  • 関節部分を押さなくてもジンジンとした鈍い痛みを感じる
  • 関節部分が熱を持っている
  • 関節周辺を触るとブヨブヨとした感触がある

リウマチの原因と対処法

リウマチの原因と対処法

リウマチの辛い症状はなぜ起きるのでしょうか?
痛みがある時の対処法は?などについて、お話していきます。 

リウマチはどうしてなるの?原因は?

リウマチは、免疫システムの異常によって、関節の滑膜に炎症が起こることが原因で、痛みなどが生じる病気です。
関節を覆っている滑膜が腫れ、関節をスムーズに動かせなくなったり、痛みが発生します。
症状が進行すると、靭帯や軟骨が破壊され、さらには骨まで破壊されることで、関節の障害が起こります。

免疫の異常が、どのような理由で発生するのかについては、はっきりした事が分かっていません。
しかしながら、女性ホルモン、ウイルス・細菌感染、喫煙等が関係しているのではないかと考えられています。

リウマチと女性の関係

中でも、女性ホルモンの分泌異常の関与が大きいとされており、リウマチ患者の大半を女性が占めるのはそのためです。
女性ホルモンは、免疫細胞の働きや、炎症作用を活発化させることから、ホルモンバランスの乱れが、リウマチの発症に影響を与えるとされています。
よって、女性ホルモンのバランスが変化しがちな、妊娠・出産期、閉経前後の更年期には、リウマチを発症する女性患者さんが多くなると考えられます。

リウマチの腫れや痛みの対処法は冷やす?温める?

関節に痛みがある時に、患部を温めるべきか、それとも冷やすべきか、迷うことも多いのではないでしょうか。
リウマチの場合は一般的に、温めると症状が和らぐと言われています。
しかし、激しい痛みのある時は、逆効果となりますので、そうした場合は冷やしましょう。

気候や体調によって、症状に波があるの事もリウマチの特徴です。
症状がより楽になると感じる方法を、その時々にご自身で選ばれると良いと思います。

リウマチ治療で関節痛を緩和する

リウマチ治療で関節痛を緩和

リウマチは、早い段階で治療を始める事で、関節の破壊を防ぐ事が可能です。
さらに、近年は抗リウマチ薬も開発され、治療効果も格段に高くなっており、決して治らない病気ではありません。
そのためにも、適切な診断と治療を受ける事が大切になってきます。

早期発見がリウマチ治療のカギ

リウマチは、発症後1年以内に急激に悪化することが多く、2年経つと、関節に深刻なダメージがある可能性が高いとされています。
こうなってしまうと、残念ながら変形した関節は元に戻る確率は低く、なんらかの障害を残すことも考えられます。

しかし、発症から半年以内の初期段階で、治療を開始することで、完治の可能性が高まるのです。
投薬の必要がなくなり、リウマチを克服されている患者さんも大勢いらっしゃいます。
こうした事から、リウマチの早期発見がいかに重要か、お分かりいただけるでしょう。

リウマチに効く薬や漢方薬はある?

リウマチと診断された場合、投薬治療が基本となります。
痛みや炎症などの症状を和らげるため、また、関節の破壊を食い止める目的で、症状に合わせた薬が処方されます。
リウマチ治療に使用される一般的な薬は次の通りです。

薬の名前 効果
非ステロイド製剤 炎症と痛みを和らげる作用
ステロイド剤 炎症と免疫異常を抑える
抗リウマチ剤 免疫異常を改善する、効果が出るまでに通常、数週間~数ヶ月ほど要する
免疫抑制剤 免疫異常を抑制する作用。抗リウマチ剤と併用されるケースもある

その他、関節痛に効果が認められている医薬品のグルコンEX錠プラスや、漢方薬も良いとされています。
また、関節の可動域を広げ、血行を促進させることで、痛みやこわばりを和らげる運動や、患部を温めてこわばりを緩和するなどのリハビリテーション。
破壊された関節を人工関節に置き換える、手術が行われる事もあります。

関節痛とリウマチのまとめ

放置することで、関節の障害や重大な全身症状を起こす場合もあるリウマチ。
しかし、初期のうちから積極的な治療を受ける事で完治が見込めます。

また、辛い痛みや腫れの改善には、市販薬やサプリメントも役立ちます。
その際には、確かな効果が実証されている、グルコンEX錠プラスなどの医薬品がオススメです。


【関節痛・神経痛のサプリ・医薬品オススメ3選】

当サイトでオススメしている関節痛・神経痛の医薬品・サプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. リョウシンJV錠

    リョウシンJV錠のランキングリョウシンJV錠

    第3類医薬品という事で、関節痛・神経痛に効く事が認められています。他の医薬品と異なるのは、6つの有効成分が配合されており、身体の内側から効く事です。1日1回の服用なので面倒な事もないのが特徴となっています。価格が初回1,900円というのも選ばれる理由です。

  2. グルコンEX錠プラス

    グルコンEX錠プラスのランキンググルコンEX錠プラス

    医薬品という事で、サプリメントとは異なり、関節痛・神経痛の効果がある事が実証されています。改善・治療だけではなく、痛みの緩和の効果もあります。また、薬剤師が常駐しており、専門家の立場からサポートをしてもらえるのも、安心して飲む事が出来る要因と言えます。

  3. 北国の恵み

    北国の恵みのランキング北国の恵み

    関節痛の原因と言われている軟骨ですが、軟骨のクッションの役割がある「プロテオグリカン」が配合されています。サプリメントなので、効果は実証されていませんが、しっかりと栄養補給をする事が出来ます。GMP工場で作られており、品質も問題ありません。480円からのお試し価格も魅力です。

  4. マイケア イタドリ

    イタドリのランキングイタドリ

    即効性のある天然の鎮痛成分で痛みの緩和をします。関節痛の良いとされている成分「グルコサミン」「コンドロイチン」「Ⅱ型コラーゲン」が含まれています。サプリという事で効果は実証されていませんが、栄養補給には抜群です。全額返金保証付きなので、安心して利用する事が出来ます。