関節痛と老化

年齢を重ねると、膝や腰、指などの関節痛を発症する方が増えてきます。
多くの場合、痛みの原因は関節や周辺組織の衰え、つまり老化現象であると言えます。

では、辛い関節痛は、加齢によるものと我慢するしかないのでしょうか?

決してそのような事はありません。
適切な治療・対処法を行うことで、症状の緩和に期待が持てるのです。

こちらでは、老化による関節痛の原因と対処方法。
また、痛みの改善・予防に有効な関節の老化の防止方法についてもお話していきます。

関節痛と老化の関係

関節がスムーズに動くのは、軟骨が弾力のあるクッションのような働きをしているおかげです。
そして、筋肉や靭帯が周囲からしっかり支える事で、関節の受ける衝撃や負担を和らげています。

ところが、骨や周辺組織は、加齢によって次第に老化していきます。
また、関節を支えている筋肉なども老化するため、高齢者は関節痛を発症しやすく、かつ治りにくいという状況に陥りがちです。

このように、加齢に伴い、骨・関節の老化、筋肉・周辺組織の老化が起こり、関節痛の原因となります。
とはいえ、全ての年配の方が、関節痛を発症するわけではありません。
加齢以外にも、生活習慣、栄養バランスの片寄りなどが関節の老化に影響を与えるため、個人差も大きいと言えます。

関節の老化で膝関節痛?

関節の老化で膝関節痛

老化による関節痛で最も患者さんが多いのが、変形性関節症でしょう。
加齢に伴って摩耗した軟骨がクッション機能を失う事で、骨同士がぶつかり合い痛みが生じます。

症状が出やすいのは膝で、男性と比べると女性の患者さんの割合が多いという特徴があります。
女性に発症者が多い理由は、元々筋力が弱いことに加え、女性ホルモンが骨代謝に深く関わっているためだとされています。

膝に痛みがあると、階段の上り下りはもちろん、立つ・座る・歩くといった日常の動作にも支障をきたしかねません。
しかし、変形性関節症は関節の老化が原因で起こるため、完治させる事は難しいと言えるのが現状です。

よって、痛みを緩和し、関節の機能低下を防止を目指す保存療法が基本となります。
症状に応じて、抗炎症剤・鎮痛剤の服用や湿布・塗り薬等の処方の他、関節内注射が行われるケースもあります。
また、サポーターや杖などで、関節の負担を軽減したり、医師の指導の下で行うリハビリも有効です。

これらの治療で症状が改善せず、普段の生活に支障が出るようなケースでは、手術が行われる事もあります。

高齢者のスポーツと関節痛

近年、健康づくりのために、スポーツに取り組む高齢者が増えています。
一方で、そうした運動が原因で、関節痛を発症する高齢者も増加傾向にあります。
お年寄りが元気なのは喜ばしい事ですし、生きがいにも繋がりますが、それが元で関節トラブルを起こしてしまっては、本末転倒と言えます。

中高年になってからスポーツを始めたという方は、特に注意が必要でしょう。
関節はいきなり老化するわけではありません。
中高年の方は自覚症状がなくても、実は軟骨の摩耗が始まっている、あるいは、すでに軽度の変形性関節症を発症しているケースが多いのです。

よって、スポーツをされる際は、痛みを感じたらすぐに中止して様子を見るなど、無理のないようにしましょう。
開始前に念入りに準備運動を行ったり、終了後のストレッチも怪我の防止に繋がります。
また、サポーターや運動に適した靴の利用して、関節の負担を軽減することも大切です。

その関節痛、本当に老化現象?

てっきり老化現象だと思っていた膝や足、手の指などの関節痛。
しかし、その痛みが関節の老化ではなく、実は別の病気が原因の場合も考えられます。

代表的な病気は、関節リウマチでしょう。
40代以上の女性患者が大半を占める、自己免疫疾患で、起床時の指のこわばりや関節痛などの症状が見られます。
リウマチは、放置すると関節の変形、深刻な合併症を起こす可能性のある進行性の病気です。

また、中高年の男性の場合、激しい関節の痛みが痛風発作であるケースも考えられます。
痛風は、尿酸値を適切にコントロールしない限り再発を繰り返します。

関節の痛みが、本当に老化現象によるものかどうか注意を払い、もし別の病気が疑われる時は、速やかに医療機関を受診するようにしましょう。

老化による関節痛の対処・予防法

老化による関節痛の対処・予防法

リウマチや痛風のように、疾患に起因する関節痛の場合は難しくなりますが、変形性関節症など老化が原因の関節の痛みについては、予防が可能とされています。
関節の負担を軽減する事で、症状を和らげたり、関節老化の進行を食い止めるられるのです。

また、関節の老化を招きやすい要因を改めることは、関節痛の予防に有効と言えるでしょう。
老化による関節痛への対処法、症状の改善や予防に効果的な日常生活の工夫・セルフケアには、次のようなものがあります。

医薬品・サプリ・食品で関節痛を緩和

加齢による関節痛で強い痛みがある場合は、消炎鎮痛薬の処方を受けたり、関節痛に有効な市販薬を利用すると良いでしょう。
関節痛の緩和効果が認められている、第3類医薬品のリョウシンJV錠がオススメです。

先ほどもお話した通り、関節の老化の原因は軟骨の摩耗や劣化です。
よって、関節に良い成分を摂取することは、軟骨のクッション機能の改善に繋がり、症状の緩和に有効な方法と言えます。

軟骨の主成分であるコンドロイチンやグルコサミンは、年齢とともに生成能力が低下してしまうため、積極的に補いたい栄養素です。
特にコンドロイチンは、痛みを感じる物質を吸着し、身体の外へ排出する作用を持っています。
コンドロイチンは、ネバネバした食品やフカヒレ・すっぽんなどに多く含まれていますが、吸収率が高くないので、サプリメントの利用が効率的と言えます。

なお、患部に炎症が起きている場合は、強力な抗酸化作用を持ち、関節痛への効能が認められているオメガ3脂肪酸。
筋肉・神経伝達に関わるビタミンB群、コンドロイチンやグルコサミンと相性の良いビタミンCの摂取も、有効でしょう。

関節の老化を防ぐ運動・生活習慣の工夫

関節の老化は、次のような要因で起こると考えられます。

  • 関節への負担やダメージ 無理な運動、肥満、O脚など足の問題
  • 血管の老化 筋肉などの周辺組織の劣化、軟骨の栄養不良を招く
  • 運動不足 筋力の低下

これらを解消することで、関節の老化を防ぐことが出来ると言えるでしょう。

適度な運動は筋力アップに繋がり、関節周辺組織の劣化防止に役立つ上、肥満の解消にも有効です。
年齢とともに滞りがちな血流も改善し、関節に十分な栄養が行き渡るようになるでしょう。

また、関節痛を心配するあまり安静にし過ぎることは、関節にとって良くない習慣です。
動かしてやることで、筋肉の委縮、関節が固まって動かせなくなると言った事を防止できます。
ただし、運動をする前後に、丁寧なストレッチなどを行って、関節を労わりましょう。

関節痛と老化のまとめ

関節痛と老化のまとめ

残念ながら老化現象による関節痛は、避ける事が出来ません。
しかしながら、関節の若々しさを維持し、老化を遅らせることは可能です。

食生活や栄養バランスに注意し、適度な運動を行うなど、関節に優しい生活習慣を心掛けましょう。
不足しがちな成分の摂取や、痛みに対しては、医薬品・サプリを利用するのも一つの方法です。
痛みの緩和、関節の老化防止に効果的なリョウシンJV錠をオススメします。


【関節痛・神経痛のサプリ・医薬品オススメ3選】

当サイトでオススメしている関節痛・神経痛の医薬品・サプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. リョウシンJV錠

    リョウシンJV錠のランキングリョウシンJV錠

    第3類医薬品という事で、関節痛・神経痛に効く事が認められています。他の医薬品と異なるのは、6つの有効成分が配合されており、身体の内側から効く事です。1日1回の服用なので面倒な事もないのが特徴となっています。価格が初回1,900円というのも選ばれる理由です。

  2. グルコンEX錠プラス

    グルコンEX錠プラスのランキンググルコンEX錠プラス

    医薬品という事で、サプリメントとは異なり、関節痛・神経痛の効果がある事が実証されています。改善・治療だけではなく、痛みの緩和の効果もあります。また、薬剤師が常駐しており、専門家の立場からサポートをしてもらえるのも、安心して飲む事が出来る要因と言えます。

  3. 北国の恵み

    北国の恵みのランキング北国の恵み

    関節痛の原因と言われている軟骨ですが、軟骨のクッションの役割がある「プロテオグリカン」が配合されています。サプリメントなので、効果は実証されていませんが、しっかりと栄養補給をする事が出来ます。GMP工場で作られており、品質も問題ありません。480円からのお試し価格も魅力です。

  4. マイケア イタドリ

    イタドリのランキングイタドリ

    即効性のある天然の鎮痛成分で痛みの緩和をします。関節痛の良いとされている成分「グルコサミン」「コンドロイチン」「Ⅱ型コラーゲン」が含まれています。サプリという事で効果は実証されていませんが、栄養補給には抜群です。全額返金保証付きなので、安心して利用する事が出来ます。