関節痛と市販薬

関節痛で辛い!何とかならないの?この痛み。
すぐにでも痛みを和らげたい!
そんな時は、市販薬の服用も一つの方法でしょう。

当ページでは、関節痛の緩和に効果的な市販薬の種類や成分、服用上の注意点などについてご説明いたします。
また、医療機関を受診すべきケースと、市販薬・セルフケアで対処が可能な関節痛の見分け方もお話します。

膝などの関節痛の治療と市販薬

関節痛は、加齢による軟骨の摩耗、運動時の負担や怪我、肥満など様々な原因で起こります。
中には、リウマチなど病気に伴う痛みの場合もありますが、その他の一般的な関節痛の治療方法や対処法は次の通りです。

安静 患部を休ませる、サポーター等による負担の軽減
温熱(冷感)療法 慢性的な痛みは温め、急性期は患部を冷やすと良い
生活習慣の見直し 肥満の解消、リハビリなどによる筋力アップ
市販薬の服用 鎮痛消炎剤や外用薬で関節痛を緩和する

これらの方法で症状の改善が見られなかったり、激しい痛みがある時は、速やかに医療機関を受診しましょう。
なお、リウマチなど疾病に伴う関節痛の場合は、基礎疾患に応じた治療を受ける事で、関節の痛みも改善します。

関節痛に効果的な市販薬(内服薬)

関節痛に効果的な市販薬、内服薬

関節痛を緩和する市販薬には、内服薬と外用薬の二種類があります。
それぞれについて、有効成分とその効能、服用の仕方や注意点などを解説していきます。

軟骨成分を含む市販薬

多くの場合、関節痛は軟骨がすり減って、クッション機能を果たせなくなる事が原因で起こります。

軟骨の成分であるコンドロイチンは、軟骨の弾力や水分を保ち、クッション性を高める働きをしています。
よって、コンドロイチンを含む市販薬を服用することで、痛みの緩和効果が期待できると言えるでしょう。

コンドロイチンは、関節のスムーズな動きを助け、老化防止にも役立つ成分です。
コンドロイチンを主成分とする市販薬は、痛みを取り除くというより、関節痛の原因に直接アプローチして、症状を改善していくお薬になります。

また、コンドロイチンと同じく、軟骨の構成物質であるグルコサミンやヒアルロン酸も、関節に良い成分とされています。
医薬品として、関節痛に対する効能が認められているコンドロイチンに加え、これらも配合された市販薬の服用も良いでしょう。

血行を促進する市販薬(ビタミン剤)

血行を促進し、新陳代謝を高めたり、老化防止に効果的なビタミンB群やビタミンEの摂取は、関節痛の改善に効果があります。
こうした成分を含む市販薬は、関節痛の他、肩こりや疲労回復などに有効です。

ビタミンB1 神経や筋肉の機能の維持、鎮痛剤的な作用を持つ
ビタミンB6 神経伝達物資の生成に関わり、抹消神経を正常に保つ
ビタミンB12 傷んだ末梢神経を修復・強化することで痛みを緩和
ビタミンE 血行促進、細胞の活性化

オススメは、上記の成分を基準値の最大量まで配合した医薬品リョウシンJV錠です。
膝などの関節痛に、身体の内側から効く医薬品です。

関節痛を和らげる市販薬(漢方薬)

身体の冷えやむくみによる関節痛には、漢方薬の服用が有効な場合があります。

特に、膝に水が溜まって痛みがある時は、浮腫みを解消し、炎症を抑える防已黄耆湯がよく用いられます。
冷えで肩や腰が痛む場合には、葛根加朮附湯の服用で、症状が和らぐ事が多いようです。

なお、漢方薬には飲み合わせの悪い薬などがあり、注意が必要です。
ご自身の症状や体質、飲んでいる薬について、薬剤師とよく相談の上、服用するようにしましょう。

関節痛に有効な鎮痛剤と、市販薬服用の注意点

関節痛に対して使用される鎮痛剤は、非ステロイド系の消炎鎮痛剤が一般的です。
イブプロフェン、アスピリンなどが配合された市販薬が、痛みを速やかに緩和します。

しかし、こうした薬は、あくまで痛み止めであり、炎症など関節痛の原因そのものを改善するものではありません。
副作用の懸念もありますので、急性期の激しい症状を和らげるなど、一時的な服用に留めることをお勧めします。

関節痛に効果的な市販薬(外用薬)

関節痛の緩和には、内服薬の他、外用薬も効果的です。
湿布、塗り薬、スプレータイプ、お灸など、様々な外用鎮痛剤の市販薬があります。

インドメタシンなどの消炎鎮痛成分。
また、グリチルリチン酸などの抗炎症成分を、患部に直接つける事が出来るため、痛みの改善に高い効果が得られます。

関節の腫れや、熱っぽさがある場合は、冷感タイプ(メントール配合など)。
筋肉の張り・緊張があったり、慢性的な関節痛には、温感タイプ(唐辛子エキス配合など)を利用すると良いでしょう。

外用薬は様々な種類が販売されており、症状に応じて使い分けることが出来ます。
使用によって痛みが軽減し、日常生活が楽になるケースが大半ですが、もし痛みが改善せず、強くなるなどした時は、使用を中止して医師の診察を受けましょう。

発熱と関節痛、インフルエンザ?こんな時は病院へ

関節痛だけでなく、喉の痛みや頭痛、発熱を伴ったり、関節が赤く腫れあがるといった場合は、医療機関を受診するようにして下さい。
こうしたケースは、インフルエンザや関節リウマチ、感染性の関節炎など、別の疾患が原因の可能性があるためです。

その他、市販薬で様子を見ていたものの、症状が悪化して安静時も痛むなど、日常生活に不自由を感じる場合も病院へ行くべきでしょう。
いずれの場合も、早期に医師の診察を受け、適切な治療を行う事で、重症化を防ぐことが出来ます。

関節痛と市販薬のまとめ

関節痛と市販薬のまとめ

関節痛は、市販薬による緩和効果が期待できます。
内服薬、塗り薬、湿布など、症状や部位に応じて使い分けられ、利便性も高いと言えるでしょう。

中でも、膝や肩などの関節痛に飲んで効く医薬品、リョウシンJV錠がオススメです。
関節痛に対する有効性が認められており、辛い痛みに効果的なお薬です。

なお、市販薬や、セルフケアで対処が可能なのは、痛みが軽度、又は一時的な場合に限ります。
我慢出来ないような強い痛みや発熱を伴う時は、早急に医療機関を受診することをお勧めします。


【関節痛・神経痛のサプリ・医薬品オススメ3選】

当サイトでオススメしている関節痛・神経痛の医薬品・サプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. リョウシンJV錠

    リョウシンJV錠のランキングリョウシンJV錠

    第3類医薬品という事で、関節痛・神経痛に効く事が認められています。他の医薬品と異なるのは、6つの有効成分が配合されており、身体の内側から効く事です。1日1回の服用なので面倒な事もないのが特徴となっています。価格が初回1,900円というのも選ばれる理由です。

  2. グルコンEX錠プラス

    グルコンEX錠プラスのランキンググルコンEX錠プラス

    医薬品という事で、サプリメントとは異なり、関節痛・神経痛の効果がある事が実証されています。改善・治療だけではなく、痛みの緩和の効果もあります。また、薬剤師が常駐しており、専門家の立場からサポートをしてもらえるのも、安心して飲む事が出来る要因と言えます。

  3. 北国の恵み

    北国の恵みのランキング北国の恵み

    関節痛の原因と言われている軟骨ですが、軟骨のクッションの役割がある「プロテオグリカン」が配合されています。サプリメントなので、効果は実証されていませんが、しっかりと栄養補給をする事が出来ます。GMP工場で作られており、品質も問題ありません。480円からのお試し価格も魅力です。

  4. マイケア イタドリ

    イタドリのランキングイタドリ

    即効性のある天然の鎮痛成分で痛みの緩和をします。関節痛の良いとされている成分「グルコサミン」「コンドロイチン」「Ⅱ型コラーゲン」が含まれています。サプリという事で効果は実証されていませんが、栄養補給には抜群です。全額返金保証付きなので、安心して利用する事が出来ます。