関節痛サプリメントの効果

膝などの関節痛は、悪化すると日常生活もままならない、といった事態を引き起こしかねません。
関節痛の緩和には、いくつかの方法が考えられますが、サプリメントの摂取もその一つとして人気です。

入手が簡単で利用しやすいため、気軽に摂取出来る事が要因と考えられます。
しかし、関節痛に効くとされるサプリメントには、本当に症状を緩和する効果があるのでしょうか?

こちらでは、関節痛の改善効果が期待できる、サプリメントの成分とその根拠。
摂取における長所・短所や、注意点、効率的なサプリメントの活用方法について、お話したいと思います。

関節痛とサプリメントの効果・関係

関節痛の大きな原因として挙げられるのが、軟骨の摩耗です。
加齢や怪我、病気など、様々な要因によって軟骨がすり減る事で、関節に炎症や痛みが生じます。

よって、軟骨の構成物質や軟骨・靭帯を強化する成分を摂取することは、関節痛の軽減効果に期待が持てると考えられます。
食事による摂取では、必要量を摂る事が難しいため、こうした成分を含むサプリメントの活用が効率的でしょう。

関節痛サプリメントの効果別で人気なのは?

関節痛サプリメントの効果

現在、関節痛に良いとされるサプリメントは、非常に多く発売されています。
人気の関節痛サプリメントを、効果別に解説しましたので、参考にしてください。

グルコサミン・サプリメントの効果

アミノ糖の一種で、軟骨や靭帯、関節液などに含まれているグルコサミン。
グルコサミンは、軟骨の主な構成物質であり、クッション機能の維持・改善に欠かせない物質です。
また、グルコサミンは抗炎症作用を持つとされ、摂取することで炎症を和らげ、関節痛を軽減すると考えられています。

学会や臨床試験によって、初期から中期の膝の変形性関節症に対する、グルコサミンの有効性が認められています。
それによると、摂取により軟骨の摩耗を軽減したり、炎症を鎮め、関節痛が緩和したということです。

なお、グルコサミンのサプリメントは、主にカニや海老の殻を原料にして作られているため、甲殻類アレルギーの方は注意が必要です。
さらに、グルコサミンは糖の一種であることから、血糖値などに影響を与る可能性があり、糖尿病の患者さんは服用が難しくなります。

コンドロイチン・サプリメントの効果

コンドロイチンは、軟骨の約4割を占め、組織の水分保持や柔軟性を高める役割を担っています。
軟骨がみずみずしく保たれ、関節をスムーズに動かすことが出来るのは、コンドロイチンの働きのおかげとも言えるでしょう。
また、コンドロイチンは軟骨の生成を促す働きもしており、関節の健康維持に欠かせない物質でもあります。

加えて、コンドロイチンは、軟骨の破壊を阻止する働きや発痛物質を吸着する作用を持っています。
こうした事から、コンドロイチンの摂取により、初期から中期の変形性膝関節症の症状を和らげると考えられています。

コンドロイチンは、すっぽんやフカヒレなどに豊富に含まれていますが、必要量を食事によって摂取することが難しく、サプリメントの利用が効率的です。
なお、よく似た働きをし、同じく不足しやすいグルコサミンと一緒に摂取する事で、相乗効果が期待できます。

コラーゲン・サプリメントの効果

コラーゲンは、軟骨や腱、皮膚などに含まれているタンパク質の一種です。
軟骨の約半分を占める成分で、優れた保湿効果を持っています。

また、細胞の新陳代謝を高め、軟骨の再生を促す働きをすることで、摩耗を食い止めたり、クッション機能の回復を助けます。
よって、コラーゲンを摂取する事は、関節痛の症状を緩和、あるいは予防に繋がると考えられています。

コラーゲンのサプリメントには、原料によって動物性(牛や豚由来)、海洋性(魚由来)、植物由来の製品があります。
食品アレルギーの方は、服用時、原料に注意する必要があるでしょう。

現在、コラーゲンの高い保湿力を利用した化粧品などについては、その効果が実証され、幅広く活用されています。
しかしながら、関節痛の改善という点においては、今のところ医学的な有効性は確認されていません。

ヒアルロン酸・サプリメントの効果

ヒアルロン酸は、軟骨や関節液に多く含まれている成分です。
コラーゲンと同じく高い保湿性を持ち、関節を円滑に動かしたり、弾力の維持に役立ちます。
軟骨の再生を促す作用もすることから、関節の健康を守る上で大切な物質と言えるでしょう。

元々、私達の身体にある成分ですが、ヒアルロン酸は加齢によって不足しやすく、補う必要があります。
吸収率が低い上に、熱にも弱い性質を持つため、摂取にはサプリメントの利用がオススメです。

変形性膝関節症や関節痛の治療において、ヒアルロン酸の関節内注射が行われ、症状の改善に効果を上げています。
ただし、その他のドリンクタイプや、コラーゲンのサプリメントについては、医学的な根拠は認めらておらず、現時点では、関節痛に対する有効性は未知数と言えるでしょう。

オメガ3脂肪酸・サプリメントの効果

オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)は、食事やサプリメントなどから摂取する必要のある必須脂肪酸です。
生活習慣病を予防するなど、健康増進効果が高い成分ですが、関節痛の改善にも有効です。

オメガ3系脂肪酸(DHA・EPA)の摂取は、関節リウマチの症状緩和に効果があることが認められ、A評価を獲得しています。(2012年消費者庁発表)
つまり、オメガ3の持つ強い抗酸化作用が、関節の炎症を抑え、痛みを軽減する事が、明確で十分な根拠があると実証されているのです。

オメガ3脂肪酸の摂取量の目安は、成人男性2600mg、女性2300mg、DHA・EPAは1000mg(1日当たり)の摂取が望ましいとされています。
しかし、魚を食べる機会が減少し不足しがちなため、サプリメントや食用オイルによる積極的な摂取が必要と言えるでしょう。

関節痛サプリメントの長所・短所、注意点

関節痛のサプリメントの、長所と短所を簡単にまとめます。

関節痛サプリメントの長所

  • 軽度の関節痛や、初期~中期までの変形性膝関節症の緩和、関節痛の予防に有効
  • ドラッグストア等で購入できて、入手が容易なことから、手軽に摂取ができる
  • コンドロイチンとグルコサミンなど、相乗効果の期待できる組み合わせで摂取が可能

関節痛サプリメントの短所

  • 重症化、あるいは慢性化した関節痛に対する効果が薄い
  • 効果が現れるまでにある程度の時間が必要
  • 原材料によっては、アレルギーが懸念される

なお、サプリメントは医薬品ではなく、栄養補助食品という位置づけです。
効能、副作用などについて、厳格なルールがある薬とは違い、摂取は自己責任となります。

用法容量を守る事はもちろん、服用している薬がある時は、医師や薬剤師に相談の上、摂取する事をお勧めします。

関節痛とサプリメントの効果まとめ

関節痛とサプリメントの効果まとめ

軽度の痛み、初期又は中期の関節痛には、サプリメントの摂取による症状の改善効果が期待出来ます。
ただし、初期段階、関節痛の予防という観点では有効であっても、進行した関節痛や慢性化した痛みについては、効果が薄いという点に注意が必要でしょう。

また、サプリメントは健康補助食品であり、治療薬の代替品にはなりません。
症状が改善しない、あるいは悪化した場合は、服用を中止して医師の診察を受けましょう。

個人差はありますが、痛みや違和感が軽い内から、関節痛サプリメントを飲み始める事で、得られる効果は大きいと考えられます。
関節痛の悪化を防ぎ、痛みを軽減するだけでなく、軟骨の老化を防止し、関節痛の予防に繋がるでしょう。


【関節痛・神経痛のサプリ・医薬品オススメ3選】

当サイトでオススメしている関節痛・神経痛の医薬品・サプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. リョウシンJV錠

    リョウシンJV錠のランキングリョウシンJV錠

    第3類医薬品という事で、関節痛・神経痛に効く事が認められています。他の医薬品と異なるのは、6つの有効成分が配合されており、身体の内側から効く事です。1日1回の服用なので面倒な事もないのが特徴となっています。価格が初回1,900円というのも選ばれる理由です。

  2. グルコンEX錠プラス

    グルコンEX錠プラスのランキンググルコンEX錠プラス

    医薬品という事で、サプリメントとは異なり、関節痛・神経痛の効果がある事が実証されています。改善・治療だけではなく、痛みの緩和の効果もあります。また、薬剤師が常駐しており、専門家の立場からサポートをしてもらえるのも、安心して飲む事が出来る要因と言えます。

  3. 北国の恵み

    北国の恵みのランキング北国の恵み

    関節痛の原因と言われている軟骨ですが、軟骨のクッションの役割がある「プロテオグリカン」が配合されています。サプリメントなので、効果は実証されていませんが、しっかりと栄養補給をする事が出来ます。GMP工場で作られており、品質も問題ありません。480円からのお試し価格も魅力です。

  4. マイケア イタドリ

    イタドリのランキングイタドリ

    即効性のある天然の鎮痛成分で痛みの緩和をします。関節痛の良いとされている成分「グルコサミン」「コンドロイチン」「Ⅱ型コラーゲン」が含まれています。サプリという事で効果は実証されていませんが、栄養補給には抜群です。全額返金保証付きなので、安心して利用する事が出来ます。