関節痛と食べ物

膝や腰、肩などの辛い関節痛、その原因は様々です。
まずは、症状に合わせた、適切治療を受ける事が第一と言えます。

しかし、関節に良い食べ物を摂取する事でも、痛みの緩和や予防効果に期待が持てるのです。
関節痛の改善に有効とされる栄養素、それらを豊富に含む食品や効率的な摂取方法についてお話します。

関節痛の原因と食べ物

一般的に、関節痛の原因として挙げられるのが、老化、肥満やスポーツなどによる関節の負担、内科的な疾患です。
中でも、加齢によって軟骨が摩耗・変形するために起こる変形性関節症にお悩みの方は、非常に多くなっています。

関節がスムーズに動くのは、骨と骨を繋ぐ軟骨がクッションのような役割をしているからです。
その軟骨がすり減る事で関節の動きが悪くなり、炎症や変形を引き起こすのが変形性の関節症です。

よって、治療や運動などと合わせて軟骨・関節周辺組織に良い成分を摂取する事は、関節痛の軽減や予防に有効な方法であると言えます。

膝・関節痛を治す?関節に効く食べ物と栄養素は?

関節に効く食べ物と栄養素

変形性関節症のうち、最もお悩みの方が多いのがひざの関節痛でしょう。
とは言え、軟骨の摩耗による変形性の関節痛は、膝に限らず身体のどの関節にも起こり得る疾病です。
関節の痛みで、日常生活に支障が出るようなケースも見られます。

では、こうした辛い、関節痛の症状を改善するためには、どのような成分を摂れば良いのでしょうか?
関節を健やかに保ち、痛みに有効とされる、栄養素とその効能は次の通りです。

軟骨の構成物質 コンドロイチン、グルコサミン、ヒアルロン酸、コラーゲン
骨を強化する成分 カルシウム、ビタミンD
抗炎症効果 オメガ3脂肪酸
筋肉、周辺組織の強化 タンパク質

コンドロイチン

コンドロイチンは、タンパク質と結びつく事で、皮膚、軟骨や関節など全身に分布しています。

関節軟骨の約3割を占め、主な役割は組織の水分や柔軟性を保持する事です。
軟骨に弾力を与え、みずみずしく保つ他、摩耗を食い止め、衰えたクッション機能の改善を促す事から、関節痛の緩和に有効な成分と言えるでしょう。

しかし、コンドロイチンの生成能力は、20代半ばを境に衰えるため、年齢と共に不足しがちとなります。
よって、食事などにより、積極的に摂取したい栄養素です。

コンドロイチンは、ネバネバした食品に豊富に含まれています。
含有量の多い食べ物には、以下のようなものが挙げられます。

動物性 フカヒレ、鰻、すっぽん、鶏皮
植物性 山芋、サトイモ、納豆、オクラ

しかしながら、コンドロイチンは吸収率が低いため、薬やサプリの利用が効率的でしょう。
コンドロイチンの摂取には、医薬品のリョウシンJV錠がオススメです。

グルコサミン

グルコサミンも、コンドロイチンと同じく、関節軟骨の主成分です。
グルコサミンは、軟骨の原料とも言える物質で、丈夫な軟骨を作る働きをしています。
さらに、軟骨の修復や再生を促し、炎症を抑える作用をする事から、摂取により関節痛の改善効果が期待出来ると言えます。

グルコサミンは、加齢に伴い私達の身体から減少し、生成能力も低下、欠乏しやすい成分です。
コンドロイチンと同様、次のようなネバネバした食品などに多く含まれています。

グルコサミンが豊富な食品

動物性 鰻、肉や魚の軟骨、海老などの殻(揚げる・炒めるなど、殻ごと調理がオススメ)
植物性 山芋、オクラ、きのこ

なお、グルコサミンとコンドロイチンは、お互いに協力し合い、関節の健康を守っています。
そのため、同時に摂取する事で、より高い効果が得られます。

ヒアルロン酸とコラーゲン

ヒアルロン酸は、軟骨と関節液に多く含まれています。
その優れた保水力により、関節のクッション機能を維持する働きをしています。
また、ヒアルロン酸には、痛みを軽減する作用があるとされており、そうした点でも、関節痛に有効な成分と言えるでしょう。

ヒアルロン酸が豊富な食品

動物性 フカヒレ、鶏(手羽・軟骨・皮)、豚足、鮭、魚の目玉
植物性 納豆、オクラ、山芋

コラーゲンもまた、軟骨をみずみずしく保つ働きをしている物質です。
この他、新陳代謝を高め、傷んだ軟骨の再生・修復を促す事で、関節痛を軽減、予防するとされています。
コラーゲンを多く含む食べ物には、フカヒレ、スッポン、牛筋、豚足や豚耳、煮こごりなどがあります。

カルシウムとビタミンD

強く、丈夫な骨を作るためには、カルシウムの摂取が不可欠です。
しかし、日本人の摂取不足が深刻とされるカルシウムには、吸収率が低いという難点があります。

そんなカルシウムは、相性の良いビタミンD、乳製品と一緒に摂取すると、吸収力を高めることが出来ます。
また、ビタミンDは食べ物で摂る以外にも、1日30分程度日光を浴びる事で、体内で合成が可能です。

カルシウムが豊富な食品 小魚、大豆製品、乳製品
ビタミンDが豊富な食品 鰻、イワシ、鮭、干しシイタケ、きくらげ

オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸は、強い抗炎症作用を持つことから、関節痛の症状緩和に役立つ成分と言えます。
欠点は、酸化しやすいことですが、ビタミンEを一緒に摂取することで、カバーすることが出来ます。

オメガ3脂肪酸が豊富な食品 鰻、鮭、ブリ、サバ、マグロ、シソ油、亜麻仁油
ビタミンEが豊富な食品 アボカド、緑黄色野菜、大豆

タンパク質・その他

タンパク質は、筋肉、内臓、皮膚や毛髪など、身体の大部分を構成する三大栄養素の一つです。
また、コンドロイチンやグルコサミンは、タンパク質と結びつく性質を持つため、タンパク質の摂取は関節の健康にも大きく関わっています。

しかし、タンパク質は、体内で十分な量を合成する事が出来ず、食べ物から摂取する必要があります。

  • タンパク質が多い食品:肉や魚、乳製品、豆類

この他、エネルギー代謝において、重要な働きをする、ビタミンB群の摂取も有効でしょう。
ビタミンBが不足すると、関節痛や神経痛、疲労などのを起こしやすくなります。
血行促進するビタミンEや、身体を温める生姜やターメリック等のスパイスもオススメです。

関節痛を悪化させる食べ物と生活習慣

関節に痛みがある場合、炎症の原因になるトランス脂肪酸は避けた方が良いとされています。
スナック菓子、ベニバナ油、コーン油など、オメガ6脂肪酸は、過剰に摂取すると炎症を促進するためです。

また、園芸学者のチルダー博士(米国)により、ナス科の野菜に含まれるソラニンが、関節痛を悪化させる可能性が指摘されています。
食事から除去する事で、症状の改善が見られたとの報告があります。
主なナス科の野菜は、トマト、ジャガイモ、ピーマンなどです。

これ以外にも、関節の負担を軽減するという意味で肥満の解消。
冷えも関節痛の原因となりますから、身体を温めるなど、生活習慣の改善によって、関節痛を緩和・予防することが出来ます。

関節痛と食べ物のまとめ

関節痛と食べ物のまとめ

このように、関節痛を改善、予防するのに有効な食べ物は沢山あります。
適切な治療を受けた上で、食生活の工夫をする事で、辛い症状を和らげる手助けになるでしょう。
食事のみで摂取の難しい成分については、医薬品リョウシンJV錠やサプリの利用が便利です。


【関節痛・神経痛のサプリ・医薬品オススメ3選】

当サイトでオススメしている関節痛・神経痛の医薬品・サプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. リョウシンJV錠

    リョウシンJV錠のランキングリョウシンJV錠

    第3類医薬品という事で、関節痛・神経痛に効く事が認められています。他の医薬品と異なるのは、6つの有効成分が配合されており、身体の内側から効く事です。1日1回の服用なので面倒な事もないのが特徴となっています。価格が初回1,900円というのも選ばれる理由です。

  2. グルコンEX錠プラス

    グルコンEX錠プラスのランキンググルコンEX錠プラス

    医薬品という事で、サプリメントとは異なり、関節痛・神経痛の効果がある事が実証されています。改善・治療だけではなく、痛みの緩和の効果もあります。また、薬剤師が常駐しており、専門家の立場からサポートをしてもらえるのも、安心して飲む事が出来る要因と言えます。

  3. 北国の恵み

    北国の恵みのランキング北国の恵み

    関節痛の原因と言われている軟骨ですが、軟骨のクッションの役割がある「プロテオグリカン」が配合されています。サプリメントなので、効果は実証されていませんが、しっかりと栄養補給をする事が出来ます。GMP工場で作られており、品質も問題ありません。480円からのお試し価格も魅力です。

  4. マイケア イタドリ

    イタドリのランキングイタドリ

    即効性のある天然の鎮痛成分で痛みの緩和をします。関節痛の良いとされている成分「グルコサミン」「コンドロイチン」「Ⅱ型コラーゲン」が含まれています。サプリという事で効果は実証されていませんが、栄養補給には抜群です。全額返金保証付きなので、安心して利用する事が出来ます。