関節痛と運動

膝や肘などの関節痛は、痛みそのものが辛い事はもちろんですが、症状によっては日常生活に支障をきたす事もあるでしょう。
特に、ひどく膝が痛い場合は、動く事もままならないといった事態に陥る事も考えられます。

関節痛を引き起こす原因は様々ですが、多くの場合、痛みがあるからといって、過度に安静にすることは好ましくないとされています。
むしろ、適度に運動をする事で、関節痛の症状が和らぐことがあるのです。
また、運動不足は関節痛の原因となるとも言われています。

こちらでは、関節痛と運動の関係や、痛みを緩和する運動療法、関節痛の予防に適した運動などについてお話したいと思います。

関節痛は運動不足が原因?

関節痛は関節が炎症する事に伴い痛みが生じます。

関節の炎症が起きる原因には、運動や肥満による負担、捻挫などの怪我、リウマチなどの病気の他、加齢による関節の老化などがあります。
さらにもう一つ、運動不足による筋力の衰えが、関節痛の発症と深く関わっているのです。

では、関節痛と運動にはどのような関係があるのでしょうか?

関節痛の予防・改善に運動は効く?

関節痛の予防・改善に運動は効くのか

関節痛の症状がある方は、多くの場合、運動はもちろん、立つ歩くなどの日常の動作までも億劫になりがちです。
痛みが強い時は、安静を心掛けるべきですが、あまり動かないでいる事で、筋力が衰えてしまいます。

骨と骨を繋ぐジョイント部分である関節は、軟骨や筋肉などの周辺組織によって守られています。
つまり、軟骨が衝撃を受け止め、筋肉や腱が関節をしっかり支えるで、私達は膝や肘などの関節を滑らかに動かす事が出来るのです。

運動不足が関節痛に与える影響は、筋力低下による関節の負担増大だけではありません。
筋肉は硬くなり、靭帯の柔軟性が失われた結果、関節の可動域が狭くなってしまいます。

よって、運動不足は関節痛を悪化させる要因となると言えるでしょう。
痛みのせいで動かないでいる事で、関節の動きが悪くなり、ますます痛みが増すという悪循環を招いてしまいます。

しかしながら、これは裏を返せば適度な運動を行う事で、関節痛の緩和・予防効果に期待が持てるという事にも繋がります。

膝の関節痛に効果的な運動療法

加齢によって軟骨・筋肉などが老化する事で発症する形性関節症のうち、最も患者さんが多いのが変形性膝関節症です。

これは、数ある関節の中でも、負担が掛かりやすいのが膝であるためと考えられます。
立ち上る、歩くなどの動作の際に体重を支える他、走る、跳ぶなどした時の衝撃を受け止めるのも膝ですから、加齢に伴って関節痛を生じやすくなるのです。

こうした関節痛の治療には運動療法が効果的です。

運動療法は膝の周囲の筋肉や靭帯などを鍛える事で、関節のスムーズな動きを助け、膝をしっかりと支えられるようにする目的で行われます。
例え加齢による関節の老化が見られたとしても、筋力アップによって負荷が軽減、痛みに負けない強い膝になります。

こうした運動療法は、関節の老化や運動不足が原因の慢性的な関節痛に対しては非常に有効です。
また、運動療法は治療のためだけでなく、手術後のリハビリや関節痛の予防という観点でも、重要な意味を持つと言えるでしょう。

運動療法は、無理なく、そして正しく行う事が大切になります。
専門医の指導の下、症状に応じた適切なプログラムに取り組む事で、初めて十分な効果が得られます。

更年期の関節痛に運動が良い?

40代半ば以降の女性で、手の指や肘に痛みがある場合、更年期による関節痛かもしれません。
軟骨の健康や血流に関係する女性ホルモンの急激な減少、自律神経の乱れにより、更年期の女性は関節痛を発症しやすくなります。

女性ホルモンを補う治療などが行われる事もありますが、運動する事とによって辛い関節痛が和らぐケースも多くなっています。
適度な運動は、骨の健康にも良い上に、血流の改善は患部の緊張をほぐし、冷えによる痛みを軽減する効果があります。

また、女性ホルモンの減少は筋肉の衰えを招く事が分かっています。
よって、運動による筋力アップで関節周囲を強化する事は、更年期の関節痛の改善・予防効果に期待が出来ると言えるでしょう。

激しいスポーツなどでは、かえって関節の負担が大きくなりますので、ウォーキング、水泳、ストレッチなどの穏やかな運動がオススメです。

関節痛を医薬品・サプリで解消

先述の通り、関節痛の原因は様々であり、それに適した対処・治療を行う必要があると言えるでしょう。
怪我などのように安静を第一に考えるケースもあれば、免疫をコントロールする投薬治療が中心となるリウマチ、運動療法が有効な関節痛もあります。
こうした治療方法は、複数を組み合わせて行う事もあります。

また、次のような関節に、良い成分を配合した医薬品やサプリメントを摂取する事でも、関節痛のつらい痛みを和らげたり、予防効果に期待が出来ます。

成分 効果
ビタミンB群、E 抗炎症作用と血行促進効果で痛みを軽減
オメガ3脂肪酸 優れた抗炎症作用を持ち、関節痛に対する効能が認められています
コンドロイチン、グルコサミン 軟骨の摩耗を軽減、再生を促します
カルシウム 強い骨を作ります

オススメは、最大量配合されたビタミンBと、ビタミンEなどの有効成分が、身体の内側から関節痛に働きかける医薬品のリョウシンJV錠です。

関節痛と運動のまとめ

関節痛と運動のまとめ

運動による酷使や負担は関節痛の原因となります。
しかしながら、運動不足もまた、関節痛の要因となるのです。

こうした事から、適度な運動によって関節周囲の筋肉を鍛える事で、関節痛を緩和したり予防が可能と言えます。
筋力がアップすれば関節が安定し負担が軽減されます。
また、血行促進によって関節の動きが良くなることで、症状の悪化を防止出来ると考えられます。

運動と合わせて、リョウシンJV錠などを服用すれば相乗効果も期待できるでしょう。
ただし、関節痛の症状が長引く、あるいは次第に悪化するといった場合は、速やかに医師の診察を受ける事をオススメします。


【関節痛・神経痛のサプリ・医薬品オススメ3選】

当サイトでオススメしている関節痛・神経痛の医薬品・サプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. リョウシンJV錠

    リョウシンJV錠のランキングリョウシンJV錠

    第3類医薬品という事で、関節痛・神経痛に効く事が認められています。他の医薬品と異なるのは、6つの有効成分が配合されており、身体の内側から効く事です。1日1回の服用なので面倒な事もないのが特徴となっています。価格が初回1,900円というのも選ばれる理由です。

  2. グルコンEX錠プラス

    グルコンEX錠プラスのランキンググルコンEX錠プラス

    医薬品という事で、サプリメントとは異なり、関節痛・神経痛の効果がある事が実証されています。改善・治療だけではなく、痛みの緩和の効果もあります。また、薬剤師が常駐しており、専門家の立場からサポートをしてもらえるのも、安心して飲む事が出来る要因と言えます。

  3. 北国の恵み

    北国の恵みのランキング北国の恵み

    関節痛の原因と言われている軟骨ですが、軟骨のクッションの役割がある「プロテオグリカン」が配合されています。サプリメントなので、効果は実証されていませんが、しっかりと栄養補給をする事が出来ます。GMP工場で作られており、品質も問題ありません。480円からのお試し価格も魅力です。

  4. マイケア イタドリ

    イタドリのランキングイタドリ

    即効性のある天然の鎮痛成分で痛みの緩和をします。関節痛の良いとされている成分「グルコサミン」「コンドロイチン」「Ⅱ型コラーゲン」が含まれています。サプリという事で効果は実証されていませんが、栄養補給には抜群です。全額返金保証付きなので、安心して利用する事が出来ます。