関節痛のビタミン

関節の変形や、軟骨の摩耗によって起こる関節痛。
辛い痛みにお悩みの方も多い事と思います。

加齢により軟骨のクッション機能が衰えた。
激しいスポーツや仕事、または肥満など、負担をかけ続けた事で、関節がすり減ってしまった。
こうした様々な原因で関節痛が起こりますが、その症状を緩和するのに、ビタミンが効果的な働きをします。

ちょっと意外に思われるかもしれませんが、両者には深い関わりがあります。
関節痛とビタミンの関係についてお話していきたいと思います。

ビタミン不足が関節痛の原因?

ビタミンは、私達の身体の中で、その他の栄養素がスムーズに働くのを助ける、潤滑油のような役目をしています。
ビタミンが不足する事で、身体のあちこちに支障が起きるわけですが、関節痛も例外ではありません。

というのも、筋肉や神経の修復、血行促進、軟骨の新陳代謝など、関節の健康維持に関わるビタミンは非常に多いのです。
それらが不足することで、関節の健康が損なわれることは十分考えられます。

現代人はビタミン不足に陥りやすいと言われています。
また、体内で合成できるビタミンはごくわずかですから、基本的には、食事などから積極的に摂取する必要があります。

ビタミンb群と関節痛

関節痛と最も関わりが多いビタミンが、ビタミンb群でしょう。
ビタミンb1、b2、b16、b12などの8種類が、ビタミンb群の仲間です。
これらはお互いに協力し合って、身体の物質代謝に関わっています。

中でも、エネルギー代謝において、非常に重要な働きをするビタミンです。
こうした事から、ビタミンb群が不足すると、関節痛や神経痛、疲労などの症状が引き起こされます。

ビタミンb1とは

ビタミンb1は、神経や筋肉の機能を維持するために働く、大切な成分です。
鎮痛剤のような作用をすることから、関節痛の痛みを和らげる効果が期待できます。

また、ビタミンb1は、糖類からエネルギーを作り出す際に、必要とされる成分でもあります。
作られたエネルギーは、神経細胞の栄養となり、筋肉や神経を健全に保つために使われています。

ビタミンb1を多く含む食品には豚肉、うなぎ、玄米、豆類などがあります。
しかし、水溶性で熱にも弱いことから、調理の際に失われやすい成分です。
吸収率も良くないため、必要量を摂取することが難しく、不足しがちなビタミンと言えます。

ビタミンb6とは

ある神経と、その他の神経や臓器の間で、情報の受け渡しをするのが、神経伝達物質です。
ビタミンb6は、これらの生成に関わることで、抹消神経を正常に保つ働きをしています。

また、タンパク質のスムーズな代謝に欠かせない物質でもあり、新陳代謝を促進します。
これにより、末梢神経の機能が高まり、細胞の働きが活性化。
神経の修復が促されることによって、関節の痛みが緩和されます。

ビタミンb6は、まぐろやカツオ、牛レバー、バナナ、アボカドなどに多く含まれています。

ビタミンb12とは

ビタミンb12の主な働きは、傷ついた神経の修復です。
神経細胞の部分的なダメージを修復し、抹消神経の機能を改善させることで、痛みを和らげます。
こうした事から、関節痛に対する効果が認められ、治療薬にしばしば配合される成分の一つです。

ビタミンb12を多く含む食材は、しじみ、あさり、イクラなど、動物性の食品になります。

ビタミンcと関節痛

ビタミンcは、強い抗酸化作用を持つ物質として知られています。
それ以外にもコラーゲンを生成するという、重要な働きをします。
コラーゲンは軟骨をみずみずしく保ち、関節の健康を守る役割を担うため、ビタミンcの不足は関節痛の原因となりえます。

また、ビタミンcは軟骨を構成する物質であるコンドロイチン、グルコサミンと、非常に相性がよい成分のです。
これらの栄養素と一緒に摂取することで、関節痛の痛みの緩和や、関節をスムーズに動かす効果が期待できます。

ビタミンcは熱や水に弱く、大変壊れやすい性質をもちます。
ストレスを受けたり、飲酒時など、必要とされる場面も多いため、継続的に補う必要があるでしょう。

ビタミンdと関節痛

ビタミンdは、カルシウムとリンの代謝のバランスを整える働きをしています。
骨を構成するカルシウム、リンの吸収力を高める作用により、強い骨や歯を作ります。
よって、ビタミンdの不足は、関節の炎症や痛みを引き起こすのです。

乳製品や青魚(特にタラの脂)、赤身肉に多く含まれていますが、脂溶性のビタミンのため、摂り過ぎは副作用の心配があります。
また、紫外線に当たることで、体内でも合成されますので、日光浴はビタミンd不足に効果的と言えます。

ビタミンeと関節痛

ビタミンeは、その強力な抗酸化作用により、老化防止や血行促進が期待できる栄養素です。
毛細血管を拡げる事で、血流を促進、身体全体に栄養や酸素などを運ぶ役目をしています。

ビタミンeは、血液循環を良くする事で、ダイレクトに痛みの原因に作用し、関節痛の症状を緩和します。
また、筋肉や腱など、関節周囲の組織の新陳代謝を高める働きで、関節痛の改善を効果的にバックアップしてくれます。

ビタミンeを多く含む食品には、アボガドや緑黄色野菜、大豆などがあります。
ビタミンcと相性が良いので一緒に摂ると良いでしょう。

お酒と関節痛、ビタミンの関係

お酒と関節痛、ビタミンの関係

アルコールを飲むと関節が痛くなる、また、普段より症状が悪化する、そんな経験をされた事はありませんか?
これは飲酒によって、ビタミンb1が不足することで起こります。

アルコールを分解する際に、大量のビタミンb1が必要とされるため、体内で足りなくなってしまうのです。
先述の通り、ビタミンb1は神経に作用し、鎮痛剤のような働きをします。
よって、ビタミンb1が不足すると、普段より神経が過敏になり、痛みを強く感じてしまうというわけです。

お酒の席では、ビタミンb1を多く含む食品を一緒に食べる。
日頃から、サプリ等でビタミンb1を補っておくことなどして、飲酒時の関節痛を防ぎましょう。

ビタミン剤・サプリで関節痛を緩和する

このように、関節痛と関わりのあるビタミンは沢山あり、助け合いながら関節の健康を守っています。

ビタミンb群は単体で摂取するより、まとめて摂ることが望ましいとされています。
また、ビタミンeとビタミンcというように、一緒に摂る事で、より効果を高める組み合わせもあります。
壊れやすい性質のものも多いため、これら関節痛によいビタミンを効率よく摂取するには、ビタミン剤・サプリなどの利用が便利でしょう。

軟骨の成分でもあるコンドロイチン、ビタミンb、ビタミンeなどがバランスよく配合された、医薬品のグルコンEX錠プラスがオススメです。


【関節痛・神経痛のサプリ・医薬品オススメ3選】

当サイトでオススメしている関節痛・神経痛の医薬品・サプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. リョウシンJV錠

    リョウシンJV錠のランキングリョウシンJV錠

    第3類医薬品という事で、関節痛・神経痛に効く事が認められています。他の医薬品と異なるのは、6つの有効成分が配合されており、身体の内側から効く事です。1日1回の服用なので面倒な事もないのが特徴となっています。価格が初回1,900円というのも選ばれる理由です。

  2. グルコンEX錠プラス

    グルコンEX錠プラスのランキンググルコンEX錠プラス

    医薬品という事で、サプリメントとは異なり、関節痛・神経痛の効果がある事が実証されています。改善・治療だけではなく、痛みの緩和の効果もあります。また、薬剤師が常駐しており、専門家の立場からサポートをしてもらえるのも、安心して飲む事が出来る要因と言えます。

  3. 北国の恵み

    北国の恵みのランキング北国の恵み

    関節痛の原因と言われている軟骨ですが、軟骨のクッションの役割がある「プロテオグリカン」が配合されています。サプリメントなので、効果は実証されていませんが、しっかりと栄養補給をする事が出来ます。GMP工場で作られており、品質も問題ありません。480円からのお試し価格も魅力です。

  4. マイケア イタドリ

    イタドリのランキングイタドリ

    即効性のある天然の鎮痛成分で痛みの緩和をします。関節痛の良いとされている成分「グルコサミン」「コンドロイチン」「Ⅱ型コラーゲン」が含まれています。サプリという事で効果は実証されていませんが、栄養補給には抜群です。全額返金保証付きなので、安心して利用する事が出来ます。