関節痛の予防

動くたびに関節がきしみ、はしる痛み。
普段なんでもない動作でさえ、ひどく大変になってしまうのが関節痛の辛いところです。
悪化すれば日常生活にも支障がありますし、治療が長引くことも考えられます。

しかしながら、関節痛は予防することが出来るのです。
例え発症してしまったとしても、諦める事はありません。
適切な治療を受けた後、正しい対処法を実践することで再発を防ぐ事が出来ます。
今回は、関節痛の予防についてお話したいと思います。

関節痛の痛みを予防出来る

膝や足首、肩、腰など、身体を動かすためには、いくつもの関節がスムーズに連携することが大切です。
また、字を書く、物を掴むなど、細やかな動作については、手首や指がなめらかに動いてこそ上手くいきます。
痛みがない時は、そういったことを意識する事はあまりないかもしれませんが、関節は私達の身体を支える縁の下の力持ちのような存在です。

また、関節痛は痛みが辛いだけでなく、これまで楽しんできた趣味を続けられないなど、こころの面でもマイナス要因となります。
もちろん、日々の暮らしにも多くの不自由をもたらします。
そのような事にならないためにも、積極的な予防がとても大切なのです。
転ばぬ先の杖、関節痛にならないために出来る事、予防法をしっかり実践していきましょう。

なぜ関節痛になるの?対処法は?

関節が炎症し、痛みを引き起こすのが関節痛ですが、炎症の原因はいくつか考えられます。
炎症の起きた要因が違えば、当然、対処法も異なってきます。

代表的な関節痛である変形性膝関節症は、加齢によって軟骨がすり減り、変形するなどして膝に炎症が起こります。
内服薬や塗り薬等で炎症を静め、症状が落ち着いてきたら、物理療法やりリハビリなどを行います。

その他にも、免疫が過剰に作用する事によって引き起こされる、関節リウマチがあります。
様々な症状の一つが関節の痛みで、悪化すると指の関節が変形してしまうこともある病気です。
その場合、免疫の異常を投薬によって治療していきます。
リウマチ向けの運動療法がありますので、専門家の指示の下で行い症状の改善をはかりましょう。

激しいスポーツなどによる関節への負担や、捻挫などの怪我、良くない生活習慣がもとで関節痛を発症する場合もあります。
こうしたケースは、まず治療と安静により痛みをとりのぞき、再発防止に取り組みます。

このように関節痛にはいくつもの種類があり、初期治療や対処法も様々だ、ということがお分かり頂けたと思います。
しかし、関節痛の予防や、急性期を過ぎた症状の改善方法、再発防止のためのアプローチについては、多くの共通点があるのです。

関節痛の予防がもたらす効果

先ほども触れましたが、多くの方が変形性ひざ関節症に悩んでいます。
加齢が要因であることから、患者さんの中心は高齢者です。
「老化だから」と、辛抱してしまう方も多いようですが、適切な治療を受けることで症状は改善していきます。
諦めないで積極的に治療を受け、再発予防に取り組みましょう。

放置することで症状は次第に進んでいきますが、早い段階で正しい治療や対処法を行えば、以前のような充実した暮らしを送る事が出来るのです。
趣味の再開や旅行など、ためらっていた事がまた楽しめるようになれば、気持ちも前向きになるでしょう。
これらの取り組みは、生活の質の改善という点で、身体両面から大きな効果があると言えます。

しかしながら、もっと大切なことがあります。
それは関節痛の予防です。
違和感や痛みが出た後のことばかりに目が行きがちですが、そもそも発症させない。
関節痛によって生活の質を落とすことのないような暮らしを目指す、予防にこそ大きな意味があるのです。

今から始められる関節痛の予防法

今すぐ始められる関節痛の予防法

多くの場合、関節痛は加齢によって引き起こされることは、先ほどお話した通りです。
老化を止めることなんてできない!関節痛の予防など無理なのでは?
そのように思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、決してそうではありません。

もちろん専門医の指導の下で行うべきこともありますが、それ以外の予防法は特に難しい事もなく、普段の生活に無理なく取り入れることが可能です。
関節に優しい暮らしを心掛けたり、関節周囲の筋肉を鍛えることで、十分な効果が期待できるのです。
今すぐにでも始められる、関節痛の予防法を紹介していきたいと思います。

運動とストレッチで関節痛に負けない身体づくり

少々意外に思われるかもしれませんが、関節痛には適度な運動や、ストレッチが効果的です。
痛みを恐れるあまり、次第に身体を動かさなくなると、気持ちが落ち込むばかりか、筋力まで低下。
関節は周りの筋肉や腱に支えられていますから、行き過ぎた安静は症状をさらに悪化させてしまいます。

ですから、関節に痛みのある方は症状が緩和してきたら、なるべくこれまでと同じ生活をする。
様子をみながら、関節周りの筋肉に働きかけるような運動を行っていくことが、再発防止に有効と考えられます。
手足をゆっくりと上げたり下げたりする簡単な体操、軽いスクワット、ウォーキングなど、負荷の掛かりすぎない運動が良いでしょう。
ストレッチで関節周りの柔軟性を高めることも、非常に効果的です。

筋力の維持や向上は、より丈夫な関節をつくります。
症状のない方が、こうした運動を行うことは、関節痛の予防に大いに役立つと言えるでしょう。
ぜひ早いうちから意識して、関節周りの筋力アップに取り組んで頂きたい所です。 

生活習慣で関節痛を防ぐ

その他にも、関節痛に良くない生活習慣を改めることで、症状を改善したり予防効果を高める事が出来ます。
まず第一に挙げられるのが肥満です。
関節に過剰な負担が掛かるのを防ぐためにも、適切な体重コントロールには大きな意義があります。

姿勢の悪さや、身体のゆがみもまた、関節に悪影響を与えます。
普段から正しい姿勢を心掛けることは、どなたでも簡単に取り組める、有効な方法と言えるでしょう。
先述のウォーキングも、正しい姿勢で行うことで、より高い予防効果が得られます。

関節痛によい食べもの・食品

関節によい食べものを摂取することで、身体の内側から関節痛を予防する事も出来ます。
代表的な関節に良いとされる栄養素は、コンドロイチン、グルコサミン、オメガ3脂肪酸でしょう。

フカヒレや、鰻、やまのいも、オクラ、納豆などに含有量の多いコンドロイチンは、20代半ば以降、次第に身体から減少していきます。
軟骨の生成を促す働きをするため、積極的に摂取したいところです。

グルコサミンは軟骨を構成する物質であることから、関節にとって重要な栄養素ですが、こちらも加齢に伴い欠乏しがちになり、それが関節の変形の原因となります。
カニ・エビの殻(キチン質)、イカや肉類の軟骨、きのこ、コンドロイチンと同じく、やまのいもなどのいわゆるネバネバ食品にも多く含まれています。
なお、この2つの栄養素はタンパク質と結びつく性質を持つため、肉や魚などと合わせて摂取するのが効果的です。

また、鮭、鰯やサバ、しそ油、亜麻仁油は、オメガ3脂肪酸を豊富に含んでおり、関節の痛みの緩和が期待できます。
この他、血行を促進する生姜や唐辛子も関節痛によい食品です。
これらの食材を上手に組み合わせた食事を摂る事は、関節痛の予防に繋がると言えるでしょう。

薬・サプリで関節痛を予防しよう

もう一つの方法として、薬やサプリメントによる、関節痛の予防があります。
グルコサミン1500mg、コンドロイチンは800mgから1200mgが、望ましい一日の摂取量とされていますが、実はこれを継続的にすべて食事から摂るのは、非常に難しい事です。
理なく関節痛の予防を続けるためには、薬やサプリの服用が有効な手段であると言えるでしょう。

関節によい成分が手軽に、効率よく摂取できるなど利点が多いのですが、注意すべきこともあります。
表示と実際の含有量が異なるなど、信頼できないサプリの報告例もあるため、確かな品質で安全性の高い製品選びが大切になります。
そういった意味で、関節痛の予防や改善に対して有効性が実証されている、グルコンEX錠プラスなど医薬品指定を受けた製品の服用が安心です。

関節痛予防のまとめ

関節痛予防のまとめ

このように関節痛の予防には色々な方法があります。
適度な運動とストレッチによる筋力・柔軟性強化、肥満の解消や姿勢の改善で関節の負担を軽減する。
また、食事や医薬品・サプリなどで身体の内側から、関節に良い成分を摂取する。
こうした関節に優しい暮らしや生活習慣をを心掛けることで、関節痛は予防する事が出来るのです。

関節に痛みがある場合も、正しい治療を受けたあとに、上記の予防法を実践することで関節痛の再発を防ぐ事が出来ます。
諦めずに、ぜひ積極的に取り組むようにしましょう。


【関節痛・神経痛のサプリ・医薬品オススメ3選】

当サイトでオススメしている関節痛・神経痛の医薬品・サプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. リョウシンJV錠

    リョウシンJV錠のランキングリョウシンJV錠

    第3類医薬品という事で、関節痛・神経痛に効く事が認められています。他の医薬品と異なるのは、6つの有効成分が配合されており、身体の内側から効く事です。1日1回の服用なので面倒な事もないのが特徴となっています。価格が初回1,900円というのも選ばれる理由です。

  2. グルコンEX錠プラス

    グルコンEX錠プラスのランキンググルコンEX錠プラス

    医薬品という事で、サプリメントとは異なり、関節痛・神経痛の効果がある事が実証されています。改善・治療だけではなく、痛みの緩和の効果もあります。また、薬剤師が常駐しており、専門家の立場からサポートをしてもらえるのも、安心して飲む事が出来る要因と言えます。

  3. 北国の恵み

    北国の恵みのランキング北国の恵み

    関節痛の原因と言われている軟骨ですが、軟骨のクッションの役割がある「プロテオグリカン」が配合されています。サプリメントなので、効果は実証されていませんが、しっかりと栄養補給をする事が出来ます。GMP工場で作られており、品質も問題ありません。480円からのお試し価格も魅力です。

  4. マイケア イタドリ

    イタドリのランキングイタドリ

    即効性のある天然の鎮痛成分で痛みの緩和をします。関節痛の良いとされている成分「グルコサミン」「コンドロイチン」「Ⅱ型コラーゲン」が含まれています。サプリという事で効果は実証されていませんが、栄養補給には抜群です。全額返金保証付きなので、安心して利用する事が出来ます。