腰痛

現在、腰痛を抱えている方は非常に多くなっています。

一口に腰痛と言いますが、椎間板ヘルニア、内臓疾患、ストレスや不安など心因性の腰痛など、その原因は多岐に渡ります。
中には、放置すると危険な細菌感染症や、がんなど深刻な病気に伴って起こる腰痛もあり注意が必要です。

こちらでは、腰痛の定義、原因別の症状や治療方法、予防の仕方について解説していきます。
また、放置すると危険な腰痛の特徴や病名もお話したいと思います。

腰痛ってなに?

腰痛とはその名の通り、腰に炎症などがあり痛みを感じている状態です。
つまり、腰痛は病名ではなく、腰が痛いという症状全般を指す言葉という事になります。

腰痛に悩む日本人はとても多く、その数は次第に増えています。
健康状態の調査で、何だかの自覚症状があると答えた人のうち、腰痛を訴えた方の割合は男性1位、女性が2位となっています。
(厚生労働省の平成25年国民生活基礎調査・健康状況より)

腰痛の原因・種類と症状

腰痛の原因・種類と症状

生涯に一度でも腰痛を経験する人の割合は、8割近いという説があります。
では、なぜそんなにも大勢の方が腰痛を発症するのでしょうか?

重い頭や上半身を支えるだけでなく、私達のあらゆる動作によって負担が掛かりやすい腰。
そうした負担が積み重なることや怪我、加齢に伴う腰椎の変形、ヘルニアや内臓疾患などの病気など、腰痛の原因は様々です。

当然、発症理由によって症状や治療法や対処法が異なります。
安静にしたり、市販薬で様子を見ても良いケースもあれば、急いで病院を受診すべき腰痛もあります。
また、胃腸や腎臓などの内臓疾患に伴う腰痛、がんなどの深刻な病気で腰に痛みが出る場合も考えられます。

腰痛の種類や病名別に、その症状・原因などについて解説していきます。

起き上がれないほどの腰痛はヘルニア?ぎっくり腰?

脊椎など腰周辺の骨や筋肉(腹筋・背筋)に異常をきたすと、腰を反らす事は出来ても、前に曲げると痛みが走ります。

中でも激しい痛みを伴うのがぎっくり腰(急性の腰痛症)です。
重い荷物を持ち上げようとした、あるいはくしゃみをした拍子などに、急にその場から動けなくなってしまうほどの激痛に襲われます。

欧米では魔女の一撃と呼ばれるぎっくり腰。
急な動作による負荷がきっかけとなり、腰部の肉離れや捻挫が起こることが原因と考えられています。

また、脊椎のクッション役である椎間板が、正常な位置から飛び出してしまうことに起因する腰痛に椎間板ヘルニアがあります。
逸脱した部分が、神経を刺激したり圧迫することで、腰や足などにしびれや痛みが生じます。
加齢による椎間板の変化や、腰への負担が原因とされています。

腰椎変性すべり症も、ヘルニアと同じく椎間板の老化や負担が原因の疾患です。
椎間板がすり減って不安定となり、脊椎が前にずれてしまうために痛みが起こります。

いずれの場合も、急性期は楽な姿勢をとり安静にしましょう。
患部を冷やし、コルセットなどで腰の負担を軽減する事で痛みが和らぎます。

原因不明の腰痛は胃腸・腎臓・婦人科の内臓疾患?

原因のはっきりしない腰痛が長引く時は、内臓疾患による痛みの可能性があります。
少し意外に思われるかもしれませんが、内臓の病気で腰痛を伴うケースはそれほど珍しいことではないのです。

腰痛の原因となる主な疾患には、次のようなものがあります。

  • 胃腸の疾患 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、大腸炎・下痢、便秘など
  • 腎臓疾患 腎不全、腎盂腎炎、尿路結石、胆石など
  • 婦人科の疾患 子宮筋腫、子宮内膜症など

安静時にも痛みがあったり、腰痛だけでなく腹痛・下腹部痛や血尿・不正出血などの症状が見られる場合は、上記のような内臓疾患が疑われます。

また、稀なケースではありますが、腰痛が骨に転移したガンや、骨の細菌感染など深刻な疾患による痛みのこともあります。
激しい痛みが続く、腰痛以外の症状があるなどした時は、念のため医療機関を受診して診察を受けるようにしましょう。

腰が痛い!ストレスが原因かも

さらに、様々な検査や治療を行っているにも関わらず、なかなか痛みが改善しない場合は、ストレスなどの心因性の腰痛の可能性があります。
強いストレスを受けたり、うつ病などの心身症に伴う腰痛がこれに当たります。

レントゲンやMRIで脊椎などに明確な異常がなく、鎮痛剤などでも思ったような効果が見られない、なおかつ痛みに強弱があったり、患部が移動するなどが特徴的な症状です。
痛みに対する恐怖感など精神的な不安によって、腰痛を感じたり、必要以上に強い痛みと認識してしまう事が原因とされています。

前向きな考え方や、受け止め方をする訓練などによって、ストレス・不安が解消することで痛みの改善に繋がります。

運動不足や悪い姿勢で腰痛になるの?

背骨はまっすぐなものではなく、身体を横から見た時に緩やかなS字カーブを描いています。
これによって、動作による衝撃が吸収され、腰の負担が軽減されているのです。

腰痛を起こさないためには、この脊椎のS字カーブを維持する事が理想的と言えます。
しかし、猫背などの悪い姿勢や、同じ姿勢を続けることで身体のバランスは簡単に崩れ、歪みが生じてしまいます。
身体の歪みは、血行不良を招き神経の圧迫の原因にもなる事から、より腰痛を発症しやすくなると言えるでしょう。

加齢や運動不足による筋力の低下もまた、腰痛の発症リスクを高めます。
背骨と腰は腹筋・背筋に支えられ安定していますから、筋力の衰えは腰の負担を増大させます。

何科を受診?腰痛の治療法・治し方

何科を受診?腰痛の治療法・治し方

このように、腰痛の発症原因は実に様々です。
内科的な疾患などの可能性もありますが、腰痛で病院を受診する場合は、まず整形外科に行きましょう。

診察や、レントゲン(X線)やMRIなどの画像診断により、内臓疾患や命に関わる深刻な病気等でないのを確認する事が重要です。
そうした疾患の可能性がある時は、早急に専門医の診断を仰ぐ必要があるでしょう。

それ以外のいわゆる腰痛の治療については、以下に挙げたような保存療法が基本となります。
安静や投薬などにより4~6週間程度の経過観察をしても、改善が見られない場合には、さらに詳細な検査を行うことが多いようです。
症状が進行し、日常生活に支障があるようなケースでは手術が行われることもあります。

薬物療法で腰痛を改善

腰痛の治療で処方される主な薬には、NSAIDs(非ステロイド性消炎鎮痛剤)、アセトアミノフェン、神経障害性疼痛治療薬、ステロイドなどがあります。
こうした鎮痛剤や湿布・塗り薬などは、腰痛の緩和にとても有効で、ぎっくり腰などの急性の腰痛治療にしばしば用いられます。
ただし、NSAIDsの服用により、胃潰瘍を起こしやすくなるという副作用の報告がありますので注意が必要でしょう。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が原因で神経が圧迫され、下半身に痛みなどの症状がある場合は、抗けいれん薬の処方によって症状が改善することが分かってきました。
特に痛みが強い時には、ステロイド注射や局所麻酔薬などを神経に直接打ち、痛みをブロックする治療法もあります。

また、腰痛の原因が心因性の場合は、抗不安薬や抗うつ薬を服用によって痛みの改善効果が期待できます。

このように、原因や症状に応じて、様々な薬剤を使用して腰痛の治療が行われます。
整形外科の医師だけでなく、麻酔科医、精神科医や臨床心理士などが連携して治療に当たる事もあります。

なお、従来からある鎮痛剤に加えて、医療用麻薬であるオピオイドの錠剤やパッチが開発され、腰痛などの慢性痛にも使用出来るようになり、治療の選択肢が広がっています。

腰痛を和らげる運動療法・理学療法

多くの場合、薬物療法と並行して運動療法や理学療法が行われます。

ストレッチなどの運動は、緊張した筋肉をほぐして血行を促進、発痛物質を除去する効果があります。
また、関節が固まってしまうのを防ぎ、筋力アップに繋がります。

強い痛みがある時は無理をしてはいけませんが、安静にし過ぎることで筋力が低下することは好ましくありません。
痛みが落ち着いた後は、むしろ積極的に身体を動かす方が、腰痛の緩和効果が高いとされています。
理学療法士など専門家の指導の下、リハビリテーションに取り組むと良いでしょう。

この他にも、赤外線やホットパックによって患部を温める温熱療法や、低周波で過敏になった神経を鎮める電気刺激療法などの理学療法が行われています。

腰痛の予防・緩和するセルフケア

腰痛の予防・緩和するセルフケア

こうした治療以外にも、生活上の工夫やセルフケアによって、腰痛の予防・緩和する事が出来ます。

一般的に、慢性の痛みの場合は患部を温める事で痛みが改善しますが、冷やす方が楽と感じる場合は冷湿布などを使用しましょう。
また、マッサージや、ツボ押しなどで痛みが和らぐこともあります。
ご自分が気持ちが良い、症状が緩和するなと感じる方法でセルフケアを行ってみて下さい。

腰痛の予防に効果的な方法には、次のようなものがあります。

ストレッチ・体操・コルセットが腰痛に効く?

先述の通り、筋力の低下や血行不良は腰痛を起こす原因となります。
腰をしっかりと支え、負担を軽減するためにも、背筋や腹筋を鍛える事はとても大切です。

とはいえ、ハードな筋トレを行う必要はありません。
腰の周囲の筋肉をほぐしたり、筋力アップや維持が目的ですから、ストレッチや腰痛体操、ウォーキングなど、無理なく継続できる運動をオススメします。

腰を固定する事で負担を軽減し、身体を動かしやすくするという意味では、コルセットやベルトの着用も効果的です。
しかし、これらに頼りきりになると、筋力の低下を招きかねません。
あくまで補助的な役割と考えて、長時間の着用を避けるなど、注意しながら使用しましょう。

腰痛を予防する生活の工夫

腰痛の予防には、腰に負担を掛けないような暮らしをする事が有効です。

正しい姿勢を心掛ける

座り方や立ち方に気を付けて、脊椎のS字カーブを保つことで、腰の負担を最小限に留める事が出来ます。
また、中腰や前かがみなど同じ姿勢を続ける事は、筋肉の負担に繋がりますから、時々身体を動かしたりストレッチをすると良いでしょう。

適度な運動で血行促進し、筋力をキープする

ストレッチや体操などの運動を行うことで、腰周囲の筋力低下を防止し、負担が軽減されます。
と同時に、血行促進効果によって発痛物質の蓄積を防ぐことが出来ます。
ただし、筋肉の疲労も腰痛の原因となりますので、あくまでほどほどが肝心です。

肥満の解消

体重が過剰だと腰に物理的な負担を与える上、重心のずれから身体の歪みを生じやすくなります。
食事や運動で肥満に気を付ける事は、腰痛の予防に大きな意味を持つと言えるでしょう。

整骨院・お灸・鍼は腰痛を解消できる?

腰痛で思わず整骨院に駆け込んだという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
個人差はありますが、慢性の腰痛がマッサージや、鍼灸・鍼、カイロプラクティックなどで和らぐ事は確かにあります。

しかしながら、その腰痛が重大な病気の症状である可能性もある、という点には注意が必要です。
まずは整形外科でそうした可能性を否定した上で、整骨院などへ掛かることが望ましいと言えます。

腰痛のまとめ

腰痛のまとめ

このように、腰痛の発症原因は様々です。
その腰痛が脊椎や神経によるものなのか、内臓疾患、あるいは精神的な要因で起きている痛みなのかなどによって治療法が異なります。

またセルフケアや、湿布などを使用しつつ経過観察で問題ない場合もあれば、重篤な疾患で早期に専門医による治療が必要な腰痛もあります。
多くの場合、腰痛は数週間で症状が改善しますが、いつまでも治まらず悪化したり、出血や腹痛など腰の痛み以外の症状が見られた時は、速やかに医療機関を受診するようにして下さい。


【関節痛・神経痛のサプリ・医薬品オススメ3選】

当サイトでオススメしている関節痛・神経痛の医薬品・サプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. リョウシンJV錠

    リョウシンJV錠のランキングリョウシンJV錠

    第3類医薬品という事で、関節痛・神経痛に効く事が認められています。他の医薬品と異なるのは、6つの有効成分が配合されており、身体の内側から効く事です。1日1回の服用なので面倒な事もないのが特徴となっています。価格が初回1,900円というのも選ばれる理由です。

  2. グルコンEX錠プラス

    グルコンEX錠プラスのランキンググルコンEX錠プラス

    医薬品という事で、サプリメントとは異なり、関節痛・神経痛の効果がある事が実証されています。改善・治療だけではなく、痛みの緩和の効果もあります。また、薬剤師が常駐しており、専門家の立場からサポートをしてもらえるのも、安心して飲む事が出来る要因と言えます。

  3. 北国の恵み

    北国の恵みのランキング北国の恵み

    関節痛の原因と言われている軟骨ですが、軟骨のクッションの役割がある「プロテオグリカン」が配合されています。サプリメントなので、効果は実証されていませんが、しっかりと栄養補給をする事が出来ます。GMP工場で作られており、品質も問題ありません。480円からのお試し価格も魅力です。

  4. マイケア イタドリ

    イタドリのランキングイタドリ

    即効性のある天然の鎮痛成分で痛みの緩和をします。関節痛の良いとされている成分「グルコサミン」「コンドロイチン」「Ⅱ型コラーゲン」が含まれています。サプリという事で効果は実証されていませんが、栄養補給には抜群です。全額返金保証付きなので、安心して利用する事が出来ます。