関節痛と筋トレ

スポーツ上達のため、健康増進やダイエット目的など、筋トレを始めたきっかけは人それぞれの事と思います。
自宅でのトレーニングの他、会社帰りにジムで筋トレに励む方も多いのではないでしょうか?

筋肉がほど良く付き身体が引き締まった。
また、体調が良いと感じるなど、様々なメリットがある反面、関節を痛めるケースも多くなっています。
筋トレによる関節痛はなぜ起こるのでしょうか?対処の仕方や、予防法についてもお話します。

筋トレと関節痛の関係とは?

筋肉に普段とは違う形で負荷をかけ、筋力アップや引締め効果を狙う筋トレ。
腕立てやスクワット、ウエイトトレーニング等を繰り返す事で筋肉量が増え、より丈夫な筋肉となります。

運動のパフォーマンスの向上、基礎代謝が上り健康的になる。
また、筋力を鍛えることで、肩こり等が軽減するなどの効果が期待できます。

しかしながら、熱心に筋トレに取り組めば取り組むほど、関節痛に悩まれされる。
そんなジレンマに陥ってしまう方も少なくありません。

筋トレと肘・膝の関節痛

筋トレと肘・膝の関節痛

トレーニング中に、手首や指など、関節に痛みを感じた。
そのような経験をされたことのある方が、大勢いらっしゃるのではないでしょうか?
中でも筋トレをすることで、肘や膝を痛めてしまうケースが目立ちます。

特に注意が必要なのが、ダンベルや、バーベルでトレーニングを行う際でしょう。
負荷が大きすぎると、肘や肩、膝などの関節がそれに耐えられず、怪我をしてしまうことになります。

なぜ筋トレで関節痛になるの?

筋トレで関節痛を発症する原因として、次のようなことが考えられます。

負荷のかけ過ぎ

確かに、負荷をかける事は、筋肉を鍛える上で重要です。
しかし、関節にダメージを与えるほどの負荷は怪我のもとになります。
ご自身の限界を超えるようなトレーニングは、行わないようにしましょう。

正しくないフォームでの筋トレ

適切でないフォームで筋トレを行うことで、軟骨の摩耗など、関節に悪影響を及ぼす危険があります。
筋トレは関節の曲げ伸ばしや、ねじる・回すといった動きの連続になります。
間違ったフォームでの筋トレは、不自然な角度の動きを繰り返すこととなり、関節を痛める原因となります。

筋トレのやり過ぎ

オーバートレーニングもまた、関節痛の原因となります。
痛みや違和感があるのに筋トレを続ければ、軟骨はすり減り、クッション機能が損なわれます。
また、関節を支える腱などの組織は、回復に思いのほか時間が掛かるので、筋トレのやり過ぎは関節に大きな負担となるのです。

関節の痛みがある時の対処法

では、トレーニング中に、痛みを感じたらどうすれば良いのでしょうか?

まず第一に言えることは、トレーニングを中止することです。
決して無理をしてはいけません。

すぐに筋トレを止めて、患部をアイシング等で冷やします。
そして、痛みや違和感が無くなるまで、十分な休息を取りましょう。

筋トレを再開する場合は、重量を軽くしたり、回数を減らして負荷を軽減して行う。
また、ご自身のフォームが正しいかどうか、今一度、確認してみることも大切です。

⇒肩・腰・膝などの関節痛に効く医薬品を見てみる。リョウシンJV錠

筋トレで起きる関節痛の治療と予防法は?

筋トレで起きる関節痛の治療と予防

筋トレを休んでも、思ったように痛みが改善しない事も考えられます。
こうした場合、どのような治療が行われるのでしょうか?
また、筋トレが原因の関節痛を、効果的に予防する方法についてもお話していきます。

病院で行われる関節痛の治療

患部を冷やし、トレーニングを中止しても痛みや腫れなどがひどい場合は、医療機関で治療を受けましょう。
まずは整形外科でレントゲンを撮り、関節の状態をチェックします。

部位や症状によって違いはありますが、一般的には次のような治療が行われます。

・ギブスなどによる固定、安静
・アイシングや湿布薬で患部を冷やす
・鎮痛剤の処方
・レーザー治療
・深部マッサージ

症状が慢性化すれば、回復までに相当な時間が必要となります。
しかし、早い段階で治療を開始することで、早期回復が期待できます。

痛みが強い場合は、我慢しないで積極的に治療を受けることが望ましいでしょう。

筋トレ後の関節痛にサプリは効く?

その他のアプローチとして、関節に良い栄養素を摂るという方法もあります。

コンドロイチンやヒアルロン酸は、軟骨を構成する物質です。
また、コンドロイチンは、グルコサミンやビタミン等と協力して、関節の健康を守り、痛みを緩和する働きをします。
これらの成分を摂取することで、身体の内側から、筋トレ後の関節をケアする効果が期待できるでしょう。

そうした栄養素は食事だけで摂取することが難しいため、サプリや市販薬の利用が便利で効率的と言えます。
コンドロイチンとビタミンb、eなどの有効成分が配合された、第3類医薬品のリョウシンJV錠がオススメです。

⇒肩・腰・膝などの関節痛に効く医薬品を見てみる。リョウシンJV錠

筋トレによる関節痛の予防法

では、筋トレを行う際に、どのような点に注意をすれば関節を痛めないのでしょうか?

先ほどお話した、関節痛の原因と重なりますが、まずは無理をし過ぎないことです。
負荷のかけ過ぎや、オーバートレーニングに注意し、痛みや違和感を感じたらすぐに休みましょう。

また、怪我を防ぐために、いきなり筋トレを始めるのではなく、ウォーミングアップを行いましょう。
加えて、疲労を残さないためのクールダウンもとても重要です。

サポーターを着けて、関節の負担を軽減するすることは、関節を温めるという意味でも良い方法と言えます。
サプリ・薬や食品などから、関節に良い成分を摂ることも、もちろん効果的な予防法です。

関節痛と筋トレのまとめ

関節痛と筋トレのまとめ

トレーニングで適度な負荷を掛ける事は、丈夫な筋肉を作る上で、非常に有効です。
しかしながら、頑張りすぎるあまり、怪我や関節痛になってしまっては意味がありません。

無理をせず、正しい方法で筋トレを行いましょう。
また、関節痛に良い成分を摂取することは、関節痛の予防、さらには痛みがある場合の改善に繋がります。
医薬品のリョウシンJV錠などの積極的な利用をオススメします。


【関節痛・神経痛のサプリ・医薬品オススメ3選】

当サイトでオススメしている関節痛・神経痛の医薬品・サプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. リョウシンJV錠

    リョウシンJV錠のランキングリョウシンJV錠

    第3類医薬品という事で、関節痛・神経痛に効く事が認められています。他の医薬品と異なるのは、6つの有効成分が配合されており、身体の内側から効く事です。1日1回の服用なので面倒な事もないのが特徴となっています。価格が初回1,900円というのも選ばれる理由です。

  2. グルコンEX錠プラス

    グルコンEX錠プラスのランキンググルコンEX錠プラス

    医薬品という事で、サプリメントとは異なり、関節痛・神経痛の効果がある事が実証されています。改善・治療だけではなく、痛みの緩和の効果もあります。また、薬剤師が常駐しており、専門家の立場からサポートをしてもらえるのも、安心して飲む事が出来る要因と言えます。

  3. 北国の恵み

    北国の恵みのランキング北国の恵み

    関節痛の原因と言われている軟骨ですが、軟骨のクッションの役割がある「プロテオグリカン」が配合されています。サプリメントなので、効果は実証されていませんが、しっかりと栄養補給をする事が出来ます。GMP工場で作られており、品質も問題ありません。480円からのお試し価格も魅力です。

  4. マイケア イタドリ

    イタドリのランキングイタドリ

    即効性のある天然の鎮痛成分で痛みの緩和をします。関節痛の良いとされている成分「グルコサミン」「コンドロイチン」「Ⅱ型コラーゲン」が含まれています。サプリという事で効果は実証されていませんが、栄養補給には抜群です。全額返金保証付きなので、安心して利用する事が出来ます。