関節炎と関節痛

年齢・性別に関わらず、膝や腰、足首など、関節痛でお悩みの方は多いと思います。
その名の通り、関節に痛みがあるから関節痛。

痛みの原因は、関節に炎症が起きているからでしょう?
じゃあ、関節痛と関節炎は同じ意味ということね?

このようにお考えの方が多いかもしれません。
しかしながら、関節炎イコール関節痛であるとは言い切れないのです。

関節痛の起きる原因は、実に様々です。
そして、関節炎の起こる原因もまた、多岐に渡ります。

一口に関節痛・関節炎と言っても、原因が異なれば、当然、症状や治療法も違ってきます。
効果的な治療を受けるためには、関節の痛みや関節炎の原因・違いを正しく知り、適切な対処をすることが大切と言えるでしょう。

では、関節痛と関節炎はどう違うのでしょうか?

⇒管理人も利用したリョウシンJV錠を見てみる。リョウシンJV錠
※肩・腰・膝などの関節痛に効く医薬品です。

関節痛と関節炎の違いはどこ?

関節痛とは、関節や腱鞘の炎症などが原因で、痛みを感じている「状態」のことです。
代表的な例として、加齢によって、軟骨変形して起こる変形性関節症が挙げられます。

その他にも、スポーツや怪我など、関節への負担が元になり、炎症や痛みがある場合もあるでしょう。
つまり、何だかの理由で、関節周辺に炎症が起き、痛みを伴っている「症状」が関節痛。

一方、怪我以外の原因による、関節の炎症・疾患の総称が関節炎です。
関節炎は、関節に炎症を起こしている「病気」であると言えるでしょう。

関節に炎症が起きる要因は、上記のような軟骨のすり減り・変形の他にも、いろいろ考えられます。
免疫疾患などの内科的な原因で、関節炎を伴う疾患のリウマチや痛風が、その一例と言えます。

関節が痛めば、原因に関わらずその症状は「関節痛」と呼ばれます。
それに対して関節炎とは、リウマチですとか、あるいは炎症の原因・その部位にちなんだ、~病といった名前がつく「病気」なわけです。

関節痛と関節炎の関係

関節痛と関節炎の関係

さきほどお話したように、関節痛と関節炎は、全く同じではありません。
しかし、まるで関係がないかと言うとそうではなく、むしろ密接な関わりがあると言えるでしょう。

というのも、関節が痛む要因の大半は、関節が炎症を起こしている事によります。
繰り返しになりますが、炎症が起きる理由は様々です。

ですが、その理由に関わらず、関節炎は結果的に関節痛の発症原因となり得る、という関係性にあるのです。

関節炎の代表的な症例と治療法

関節炎は、大きく二つに分類する事が出来ます。

1.個々の関節が炎症

変形性膝関節症や四十(五十)肩。
また、捻挫など怪我の後遺症で、関節が炎症を起こしているケース。

これらの場合は、安静にしたり鎮痛剤や抗炎症薬の処方を受け、症状を落ち着かせる治療法が基本となります。
こうした治療やリハビリ療法などで、症状が改善しない時には、手術が行われる事もあります。

2.複数の関節が炎症、又は全身に症状が及ぶ場合

痛風や関節リウマチ、細菌性の炎症などがこれに当たり、病気によって治療方法が異なります。
この場合、免疫異常や細菌感染といった、炎症の原因を取り除かない限り、もちろん症状は改善しません。

関節が痛い・炎症しているから、湿布を貼って様子をみようなど、素人判断が病状の悪化を招く恐れもあり、注意が必要でしょう。
複数の関節に発症する、関節炎の代表例を以下に挙げます。

関節リウマチ

関節リウマチは、自己免疫疾患の一種です。
免疫が過剰に反応することにより、関節を攻撃し関節炎が起こります。

悪化すると、関節が変形したり関節が破壊される上、貧血などの全身症状も伴います。
患者は主に中年以上の女性で、朝の手指のこわばり、左右対称の関節炎が特徴的な症状です。

複数の関節に炎症が起きたり、安静時にも痛みがある場合もあります。
リウマチの基本的な治療法は投薬療法。

抗リウマチ薬、抗炎症薬など、炎症を鎮め、進行を抑える薬が処方されます。
これと合わせて、専門家の指導の下、リハビリや物理療法を行うことも有効な方法です。

詳細は下記を参照してください。
⇒「関節痛のリウマチの症状・原因は?主な治療法も解説

痛風

痛風は「風が吹いても痛い」と表現されるように、強烈な関節の痛みを伴う疾患です。
患者は中高年の男性に多く、アルコール摂取や食生活の影響を受けるとされています。

血中の尿酸値が上昇することによって、関節に結節が生じ、関節炎を引き起こします。
患部(大半は足の指)の腫れや、激痛を伴う急性の発作が特徴的な症状です。

発作を繰り返すうち、他の関節にも炎症が起きたり、悪化すると腎不全や糖尿病などの合併症の懸念もあります。
尿酸値のコントロールが有効な治療法で、尿酸値が適切な水準を保つことで、発作を防ぎ関節炎も治癒します。

詳細は下記を参照してください。
⇒「痛すぎる関節痛、痛風の症状と治療法

⇒管理人も利用したリョウシンJV錠を見てみる。リョウシンJV錠
※肩・腰・膝などの関節痛に効く医薬品です。

関節痛と関節炎のまとめ

関節痛と関節炎のまとめ

このように、関節炎は関節痛の原因となり得ます。
しかしながら、関節の炎症が起きる原因は幅広く、その原因に合わせた治療が必要となります。

安静や鎮痛剤によって、痛みを取り除くだけでは治癒しない、リウマチ等の関節炎の存在を知り、疑わしい場合は早めに適切な治療を受けることが大切です。

関節痛・神経痛のサプリ・医薬品ランキング

【関節痛・神経痛のサプリ・医薬品おすすめ4選】

当サイトでオススメしている関節痛・神経痛の医薬品・サプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. リョウシンJV錠

    リョウシンJV錠のランキングリョウシンJV錠

    第3類医薬品という事で、関節痛・神経痛に効く事が認められています。他の医薬品と異なるのは、6つの有効成分が配合されており、身体の内側から効く事です。1日1回の服用なので面倒な事もないのが特徴となっています。価格が初回1,900円というのも選ばれる理由です。

  2. グルコンEX錠プラス

    グルコンEX錠プラスのランキンググルコンEX錠プラス

    医薬品という事で、サプリメントとは異なり、関節痛・神経痛の効果がある事が実証されています。改善・治療だけではなく、痛みの緩和の効果もあります。また、薬剤師が常駐しており、専門家の立場からサポートをしてもらえるのも、安心して飲む事が出来る要因と言えます。

  3. 北国の恵み

    北国の恵みのランキング北国の恵み

    関節痛の原因と言われている軟骨ですが、軟骨のクッションの役割がある「プロテオグリカン」が配合されています。サプリメントなので、効果は実証されていませんが、しっかりと栄養補給をする事が出来ます。GMP工場で作られており、品質も問題ありません。480円からのお試し価格も魅力です。

  4. マイケア イタドリ

    イタドリのランキングイタドリ

    即効性のある天然の鎮痛成分で痛みの緩和をします。関節痛の良いとされている成分「グルコサミン」「コンドロイチン」「Ⅱ型コラーゲン」が含まれています。サプリという事で効果は実証されていませんが、栄養補給には抜群です。全額返金保証付きなので、安心して利用する事が出来ます。